« リーガエスパニョーラ09-10シーズン第20節 | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.88 »

2010/02/09

「インビクタス/負けざる者たち」私的映画考Vol.208

先日、「インビクタス/負けざる者たち」を観てきました。クリント・イーストウッド監督作品(「グラン・トリノ」「チェンジリング」)。出演:モーガン・フリーマン(「最高の人生の見つけ方」「ダークナイト」)、マット・デイモン(「ボーン・アルティメイタム」「グッド・シェパード」)、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターン他。

1994年、南アフリカ共和国。初の黒人大統領に就任したネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)は、新生国家のには問題が山積だった。ある日、ラグビー南ア代表の試合を観戦したマンデラは、1年後に南アで開催されるラグビーのワールドカップで南アのチームが勝てば、それが人種間の和解につながるかもしれない。そして、国家の再建に繋がるかもしれないと。

ネルソン・マンデラ。名前だけは知っていましたが、何をしていた人なのかを知りませんでした。相変わらず時事問題にも疎いです。1964年に国家反逆罪で収監され、27年間刑務所で過ごしました。そして、その間、多くのことを学び、1994年に南ア初の黒人大統領に就任しました。そこから物語は始まります。

南アフリカではラグビーは白人が愛好するスポーツで、黒人にとってはアパルトヘイトの象徴。南アのラグビーチーム「スプリングボクス」はほとんどが白人選手で、多くの国民は、ラグビーに興味がないどころか、観戦するにしても、相手の外国チームを応援するばかり。そんな現実を見たマンデラは、翌年、南アで開催されるラグビーワールドカップで優勝し、祖国に誇れるものを得ようと考えます。

そして、ボクスの主将フランソワ・ピナール(マット・デイモン)をお茶に招き、黒人と白人の架け橋となるべく、奮闘を依頼するのでした。それでも、黒人にはラグビーは忌み嫌われていましたから、マンデラは、選手たちに、子どもたちにラグビーの指導をすることを依頼します。

最初は、唯一の黒人選手に駆け寄る子どもたちでしたが、次第に打ち解けていき、最後は全員が輪になっていました。このシーンが実に感動的でした。偏見があるのは大人たちで、その意識を子どもたちに伝染させているのでしょう。逆に、子どもたちがラグビーに興味を持つことによって、大人たちも感化されていくと、マンデラは読んだのかもしれません。

また、いがみ合うSPたちも描かれています。マンデラを警護するのは黒人SPと思いきや、マンデラは白人もそこに合流させます。国民の目に触れるSPたちにも、新しい国家の姿勢を示すのでした。いがみ合いながらも職務をこなしてゆくSPたち。しかし、理解しあいながら、警護を進めていく様も実に感動的。

そして始まるラグビーワールドカップ南アフリカ大会。快進撃が始まります。そして、決勝戦へと上り詰めた「スプリングボクス」は圧倒的な力の差を見せつける「オールブラックス」に挑みますが・・・。

マンデラは過去は過去とし、赦しこそがこの国の未来の礎となると信じ、自分の信念を貫き通すために、あらゆる方策を講じます。それは、すべて、国民のため。27年間収監され、それでもなお、赦せる心。それこそが、負けざる魂=インビクタス。黒人が白人に仕返しをするのではなく、共に新しい国家を造ろうと志を抱いたマンデラの意志が国民を一つにした瞬間。感動のラストシーンでした。

自分の信じる道を、運命を切り開くのは自分しかいないのです。自分の置かれた境遇に対して、甘んじていてはいけない。台詞一つ一つに力強さを感じ、それこそ、自分の生活や、人生においても、活かすことができるような良い言葉があふれています。そこには、やはり実話であることの力があるのでしょう。スポーツを通して、国家の再生に挑んだマンデラとその周辺の人たちを描く感動作。

« リーガエスパニョーラ09-10シーズン第20節 | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.88 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

私的映画考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/47474567

この記事へのトラックバック一覧です: 「インビクタス/負けざる者たち」私的映画考Vol.208:

« リーガエスパニョーラ09-10シーズン第20節 | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.88 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ