« 「恋するベーカリー」私的映画考Vol.210 | トップページ | 「マッハ!弐」鑑賞 »

2010/02/22

ルームリンクで家中ホームシアター Vol.7

iconicon SONY BDZ-RX100icon

我が家では、リビングがホームシアターの中心であることは、間違いないのですが、時にはリビングで観たい番組を観られないときがあります。そんなとき、どうするかと言えば、「後で観る」「別の部屋で別の番組を観る」「メディアにダビングして別の部屋で観る」となってしまいます。

そこで、登場するのが「ソニールームリンク」です。ソニールームリンクは、DLNAなどのホームネットワークを介して、様々な機器をつなぎ、動画、写真、音楽を共有し、楽しみ方を広げるソニー商品の機能です。

2009年12月に、9台目のHDDレコーダー、ソニー デジタルハイビジョンチューナー内蔵HDD搭載ブルーレイディスクレコーダーBDZ-RX100 を購入しまして、ルームリンクの第2ステージの始まりです。

それまでは、「BDZ-L70」をルームリンクのサーバーとしていましたが、リビングで使用するメインのHDDレコーダーを「BDZ-RX100」に交換しましたので、設定を変更しました。

ネットワーク設定から、サーバー設定を行います。前の機種BDZ-L70に接続していたLANケーブルを流用していますから、配線はそのまま使います。接続は終わっていますから、[ホーム]-[設定]-[ネットワーク設定]を実行。この辺りは慣れたモノで、カンタンに終了。

これで、ブルーレイレコーダーBDZ-RX100がサーバーとなり、ブラビアKDL-40X1、VAIO VGN-TT92JS、ブラビアKDL-22J5 のソニールームリンクの新生ホームネットワークの誕生です。

BDZ-RX100で録画した番組を、寝室にあるブラビアKDL-22J5で見る場合には、DRモードで録画されたタイトルのみ動画再生が可能です。なので、寝室で見る可能性のある番組は、予約時に録画モードをDRに設定。

最も高画質なモードですから、HDDをより占有しますので、あまりやりたくはありませんが、その点RX100は、HDDが1TBあるので、助かっています。HDDの残量がそれほど気になりませんから。おまけに、おまかせチャプター機能がDRモードでも、つくようになりましたので、リビングで鑑賞するときにも困りません。

さっそく寝室で鑑賞してみます。KDL-22J5で、DRモードで録画したタイトルを、[ホーム]-[ビデオ]-[BDZ-RX100]として、表示させ、実行。再生が始まります。が、何かがおかしい、映像は確かに出ていますし、音声も聞こえてはいるのですが、ぶつぶつと途切れ途切れになります。???おかしいなあ。

確かに、以前、再生できることは確認はしましたが、きっちりと見たことは無いような気がしました。そこで、原因の調査に乗り出しました。つづく。

« 「恋するベーカリー」私的映画考Vol.210 | トップページ | 「マッハ!弐」鑑賞 »

ホームシアター」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/47632754

この記事へのトラックバック一覧です: ルームリンクで家中ホームシアター Vol.7:

« 「恋するベーカリー」私的映画考Vol.210 | トップページ | 「マッハ!弐」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ