« 「TEKKEN-鉄拳-」鑑賞 | トップページ | 「抱擁のかけら」私的映画考Vol.214 »

2010/03/29

リーガエスパニョーラ09-10シーズン第28節

2009年8月29日(日本時間30日)から、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ09-10シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは圧倒的な強さのバルセロナが3年ぶりの優勝を果たして幕を閉じました。今年はC・ロナウド、カカーと大型補強をしたレアル・マドリードとのデッドヒートが見物になるでしょう。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリード、エスパニョールの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョンで放送。リピートもあり。第28節は以下の2試合を鑑賞しました。

バルセロナ - オサスナ
ヘタフェ - R・マドリード

バルセロナは、ホームでオサスナ戦。どうにもぴりっとしないバルセロナ。決定的なチャンスはあるモノの、得点に結びつきません。珍しい平日開催もあり、連戦の疲れがたまってきているのか、どうにもしまりがありません。後半に入り、アンリに代えてペドロを投入。雰囲気が変わります。72分、左サイドからのクロスにイブラヒモヴィッチが合わせて先制ゴール!不調とはいえ、良いところで決めてくれます。88分、途中出場のボージャンがゴールを決め、バルセロナが2‐0で勝利しました。

レアル・マドリードは、アウェーでヘタフェ戦。レアルは、序盤から相手を圧倒し、ゲームを試合します。13分、フリーキックをクリスティアーノ・ロナウドがゴール右隅に直接入れ、先制ゴール。あそこに決められたらキーパーはとれません。20分、スペースに走り込んだイグアインがゴールをあっさりと決め2-0。その後も、イグアイン、C・ロナウドが決め、4-0となり、試合を決定づけます。

ホームのヘタフェも黙っていません。パレホ、ペドロ・レオンが得点をあげ4-2となります。レアルのGK・カシージャスに接触したシーンはかなり危険なプレイでしたが、ファールにもならず、ゴールが認められました。スローモーションで見ると、確かにボールに行っているし、ゴールエリア外なので、キーパーチャージもないのでしょう。カシージャスが、かなり憤慨していたのが、印象的。ホームのヘタフェが勢いづきます。が、時すでにおそし、タイムアップ。4-2でレアルの勝利となりました。

好調なC・ロナウドとイグアイン。ゴールを重ねます。後半戦に入って、より組織的に仕上がってきているようです。その上、個人技での突破や、フリーキックの精度の良さがありますから、止められない状態です。さらに、控え選手とはいえ、ラウールや、ファン・デル・ファールト等々の豪華メンバーがいますから、適度に休みを入れながらも、連戦をこなすことができます。これで、カカーが戻ってきたら、さらに強力になっていくことでしょう。

今季、2回目のクラシコが目前(第31節)に迫ってきました。好調な首位レアル・マドリードに対して、終始安定しているとは言えないバルセロナ。どんな、試合を見せてくれるのか、楽しみです。第29節は、2010年3月27,28日(現地時間)。

« 「TEKKEN-鉄拳-」鑑賞 | トップページ | 「抱擁のかけら」私的映画考Vol.214 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーガエスパニョーラ09-10シーズン第28節:

« 「TEKKEN-鉄拳-」鑑賞 | トップページ | 「抱擁のかけら」私的映画考Vol.214 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ