« 「抱擁のかけら」私的映画考Vol.214 | トップページ | 「台北に舞う雪 ~ Snowfall in Taipei」私的映画考Vol.215 »

2010/03/31

2010.03映画鑑賞総括

3月の劇場での映画鑑賞は11本。今年の累計24本。今月はまずまずの本数で推移しました。

0301   ソフィーの復讐
0303   キャピタリズム~マネーは踊る~
0305   リミッツ・オブ・コントロール
0312   しあわせの隠れ場所
0315   シャーロックホームズ
0316   NINE(試写会)
0319   ジュリー&ジュリア
0323   噂のモーガン夫妻
0326   TEKKEN鉄拳
0329   抱擁のかけら
0330   台北に舞う雪

今月は、アクション、サスペンス、ラブストーリー、ドラマ、ミュージカル、ドキュメンタリーとバラエティに富んだ作品がありました。

今月、良かったのは「しあわせの隠れ場所」。本作で、サンドラ・ブロックがアカデミー賞主演女優賞を受賞した作品。あいかわらず、どんな話しなのかわからないまま観に行きますが、これが良かった。実話であることも知りませんでしたから。

親切心というのはどこまでやって良いのか?加減が難しいところでしょう。お節介と紙一重になりますから。確かに富裕層と言える家族が主人公で、裕福であるからこそ、できたことでもあるのでしょうが、私がたとえあの立場であっても、きっとできないだろうなあと思ってしまいます。

劇中、使われていた「はなのすきなうし」と言う絵本を、鑑賞後に読みましたが、これも良かった。人と違っていても良いし、人と違うことは素敵なことと言う本編と共通のテーマが心にしみました。人生の転機というのはいつどこで訪れるのかわかりません。志さえ失わなければ、きっといつか夢は叶うのでしょう。

「シャーロック・ホームズ」もおもしろかったです。サスペンス色が濃く、さらにアクション度が高い、エンターテインメント作品にしあがっていて、良かったです。ダークな雰囲気のロンドンの町並みも見事でした。伏線もちりばめられていて、続編に期待がかかりますが、どうなりますか。久しぶりに原作小説を読みたくなりました。今度読んでみようと思います。今読んだら、さらにおもしろくなりそうです。

来月4月は、今月始まってまだ観ていない作品を観て、その後は、「シャッターアイランド」「第9地区」「アリス・イン・ワンダーランド」と大作の公開が控えています。アカデミー賞関連の作品も続々と公開が予定されていますから、楽しみが続きます。

« 「抱擁のかけら」私的映画考Vol.214 | トップページ | 「台北に舞う雪 ~ Snowfall in Taipei」私的映画考Vol.215 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/47914385

この記事へのトラックバック一覧です: 2010.03映画鑑賞総括:

« 「抱擁のかけら」私的映画考Vol.214 | トップページ | 「台北に舞う雪 ~ Snowfall in Taipei」私的映画考Vol.215 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ