« 明日からGW | トップページ | 2010.04映画鑑賞総括 »

2010/04/29

リーガエスパニョーラ09-10シーズン第34節

2009年8月29日(日本時間30日)から、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ09-10シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは圧倒的な強さのバルセロナが3年ぶりの優勝を果たして幕を閉じました。今年はC・ロナウド、カカーと大型補強をしたレアル・マドリードとのデッドヒートが見物になるでしょう。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリード、エスパニョールの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョンで放送。リピートもあり。第34節は以下の2試合を鑑賞しました。

バルセロナ - ヘレス
サラゴサ - R・マドリード

バルセロナは、ホをームでヘレス戦。メッシ、ペドロはベンチスタート。FWはジェフレン、イブラヒモヴィッチ、アンリが先発。14分、シャビのスルーパスに合わせてジェフレンが先制ゴール!これで好調さをアピール。24分にはアンリが追加点をあげ、突き放しますが、その直後、27分にはへレスが1点をあげ、食い下がります。

後半に入ると、ジェフレンに変えメッシを投入。雰囲気が変わります。ボールがさらに動くようになり、攻撃にバラエティが増していきます。後半11分、トゥーレ・ヤヤのクロスから、イブラヒモヴィッチがゴールを決めて、再度2点差となります。ヘレスは何とか勝ち点を挙げるべく、食い下がりますが、結局、試合は3‐1のまま終了。得点こそありませんでしたが、エース・メッシが存在感を示した一戦でした。

R・マドリードは、アウェイでサラゴサ戦。試合開始直後、ファン・デル・ファールトが負傷交代。アウェイの雰囲気に飲まれたのか、思うように攻撃ができないレアル。ほぼ5分5分の雰囲気ですが、勢いがあるのはサラゴサ。攻めあぐんだ前半が終わり、後半5分、途中出場のラウールが、クリスティアーノ・ロナウドのパスから冷静にゴールを決め先制します。

後半16分、最終ラインの裏を突いたサラゴサ・コルンガが同点ゴール。暗雲漂います。その後も攻撃を繰り返すレアルですが、サラゴサの好守に阻まれ、時間だけが経過していく、このままドローか?と思っていた後半29分、負傷から復帰したカカーを投入。後半37分、カカーが勝ち越しゴールを決めレアル・ファンがわき上がります。そのまま試合は終了し、レアルが何とか逃げ切った試合でした。

カカーが復帰後、さっそくゴールを決め、レアルが優勝目指して良い状況になりつつあります。一方、首位のバルセロナですが、チャンピオンズリーグの準決勝「インテル戦」第2戦を控えて、主力を温存しての試合でしたが、危なげなく勝ち点をあげました。

本日、日本時間未明に行われたホームでの「インテル戦」は勝利したモノの、2戦合計で及ばず、バルセロナは準決勝で敗退となってしまいました。残念。これにより、リーグ戦に集中できるという皮肉な状況になってはしまいましたが、残り4試合、最後までもつれること間違いなし。チャンピオンズリーグも楽しみではありましたが、仕方がありません。見る方もリーグ戦に集中です。第35節は、2010年5月1,2日(現地時間)。

« 明日からGW | トップページ | 2010.04映画鑑賞総括 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーガエスパニョーラ09-10シーズン第34節:

« 明日からGW | トップページ | 2010.04映画鑑賞総括 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ