« nav-u「NV-U35」でカーナビ・デビュー | トップページ | nav-u「NV-U35」でカーナビ・デビュー Vol.2 »

2010/04/08

「バッド・ルーテナント」鑑賞

先日、「バッド・ルーテナント」を観てきました。ヴェルナー・ヘルツォーク監督作品。出演:ニコラス・ケイジ(「ノウイング」「バンコック・デンジャラス」「ゴースト・ライダー」)、エヴァ・メンデス(「ザ・クリーナー」「ザ・スピリット」)、ヴァル・キルマー、アルヴィン“イグジビット”ジョイナー、フェアルーザ・バーク他。

ハリケーン・カトリーナが襲来した、ニューオリンズ。刑事テレンス・マクドノー(ニコラス・ケイジ)は水没した警察署の中に置き去りにされた容疑者を救ったことにより、表彰され昇進した。一方、マクドノーには押収された麻薬を保管庫から持ち出したり、恋人の高級娼婦フランキー(エヴァ・メンデス)と一緒に使用しているという裏の顔を持っていた。ある日、不法移民の一家が惨殺されるという事件が起き、マクドノーが捜査を担当することになるが・・・。

麻薬に溺れる悪徳刑事・テレンス。腰を悪くしていて、いつも鎮痛剤を服用し、右肩が上がった独特の格好で歩いています。押収した証拠品である麻薬もくすねるのが常でした。しかし、内務捜査官が入り、それもできなくなってしまいます。そのため、麻薬を手に入れる方法をあれやこれやとやりたい放題。賭け事も大好きで、多額の借金を抱えていたりもします。物語はすべて悪い方へ悪い方へと転がっていきますが・・・。

悪いことが、好転した時、去来するのはどんな想いなのか。悪行三昧だったことを思えば、達成感などはなく、そこにあるのは虚しさなのか、開放感なのか・・・。何とも言えない、微妙な雰囲気のラストシーンが印象的。全体を通して感じられる雰囲気もおもしろいし、ラリッているときのニコラス・ケイジの演技は、「フェイス/オフ」の時のようで秀逸です。

« nav-u「NV-U35」でカーナビ・デビュー | トップページ | nav-u「NV-U35」でカーナビ・デビュー Vol.2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/48005260

この記事へのトラックバック一覧です: 「バッド・ルーテナント」鑑賞:

« nav-u「NV-U35」でカーナビ・デビュー | トップページ | nav-u「NV-U35」でカーナビ・デビュー Vol.2 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ