« 「ウルフマン」鑑賞 | トップページ | 朱川湊人 「花まんま」 »

2010/05/03

nav-u「NV-U35」でカーナビ・デビュー Vol.4

icon icon

以前から、カーナビが欲しいなあとは思っていましたが、なかなか購入には至りませんでした。レンタカーや知人の車についているカーナビを見て、プリウスくんで遠出したときにはあると便利だし、おもしろいなあとは思っていました。今のプリウスくん購入時にも純正のカーナビシステムがあったのですが、そのときには、それ程欲しいとは思わなかったのです。そもそも道路地図を見て走れば、何とかなると思っていましたから。

と言うことで、ソニーのカーナビ「ナブ・ユー/nav-u icon」、パーソナルナビゲーションシステム「NV-U35」をソニースタイルにて購入しました。一番コンパクトなタイプで、画面サイズ3.5v 型、外形寸法(mm)は、約 幅112×高さ79×奥行17.8、質量は、 約176g。吸盤取り付け式で、複数台で使用できますし、取り外して、自転車や徒歩でのナビにも活用できます。

本体の設定が終わりましたので、次は、クレードルをプリウスくんに装着します。取り付けには、取扱説明書とは別に「取付と接続」という一枚物の説明書を参照します。

吸盤式のクレードルなので、ダッシュボード上のある程度の曲面でも設置ができますが、Dsc05352原則としては凹凸のない平滑で、水平な場所を選択します。あとは安全に運転ができて見やすさ。検討した結果、ダッシュボード中央にあるモニターの右脇に決定。やや、傾斜はありますが、運転中にあまり視線の移動がなく、支障のない場所であれば、ここが一番かと。

吸盤には保護カバーが付いています。粘着力のある吸盤に、ゴミや傷等が付かないようになっているのでしょう。それに、かなり強力な吸着力があるのでうっかり何かをつけてしまわないようにもなっています。

吸盤保護カバーをはがして、ダッシュボードに取り付けます。位置がDsc05355決まったら、吸盤PUSHボタンを強く押し、吸着させます。吸盤LOCKレバーでロック。ちゃんと設置できているかどうかを確認して完了です。やや傾斜がある位置でも問題なく設置できました。ダッシュボードの素材によっては、装着しづらい場合がありますが、その場合は「取付シート」が付属されていますから、安心です。

それと、安全策として、「クレードルストラップ」も取り付けます。デフロスターの吹き出し口にクリップを取り付け、輪の部分をクレードルにかけます。クレードルは、かなりの吸着力なので、ちょっとやそっとでは外れないような気がしますが、万が一の場合の安全策なのでしょう。ストラップの長さも調整できますが、私の場合は、調整せずに最長の長さのままでした。

あとは本体をクレードルに取り付けて終了です。取り付け後、グリグリと本体を動かすと、微調整ができますから、クレードルが水平でなくても、ある程度、修正して見やすい位置をキープすることができます。

バッテリー駆動で使う場合は、これで終了ですが、電源コードを接続Dsc05359する場合は、クレード ルまたは、本体に電源コードを接続します。プリウスくんの場合、シガー電源は、運転席と助手席の間にある、ボックスの中にあるのでちょっと使いづらいです。私の場合、オプションでつけたAC電源が、ダッシュボードの下にありますから、ACアダプターを利用します。

クレードルは、取り外しも可能です。取付の順序を逆にすればいいのですが、今のところ外したことはありません。装飾したことにより車が、汚れて汚くなるのはあまり好きではありませんが、吸盤を外したところがどんな状態になっているか、今のところわかりません。

設置が終わりましたので、本体の電源をいれて、いざ出発です。(つづく)

« 「ウルフマン」鑑賞 | トップページ | 朱川湊人 「花まんま」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

プリウス」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/48249820

この記事へのトラックバック一覧です: nav-u「NV-U35」でカーナビ・デビュー Vol.4:

« 「ウルフマン」鑑賞 | トップページ | 朱川湊人 「花まんま」 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ