« 「ザ・ウォーカー」鑑賞 | トップページ | ワールドカップを観よう!2010 Vol.6 »

2010/06/25

「高速道路 無料化社会実験」スタート!

2010年6月28日(月)0時から「高速道路 無料化社会実験」が始まります。新潟県では、通称・日東道の日本海東北自動車道(新潟中央JCT~荒川胎内IC)が対象となります。

公約では、全高速道路の無料とか、この6月から全区間が2000円上限になるなんて、話しもありましたが、結局、両方ともどこかへ行ってしまい、残ったのが、今回の「無料化社会実験」でした。実験期間は2011年3月31日までと言うことですから、それまでは、高速料金が安くなると言うことはないのでしょう。6月以降は平日でも高速料金が安くなるなら、どこかへ行こうかと思って待っていましたが、無駄だったようです。

とはいえ、無料化になると通勤時に利用しても、良いと言うことになります。私が通勤で利用している新潟バイパスと平行して走っているのが、この日東道ですから、利用する可能性もあるわけです。

先日も通勤時に事故が発生し、バイパスは大渋滞。その際は早々にバイパスを降り、一般道を利用して、ぎりぎり始業時間には間に合いましたが、もっと切羽詰まった時には高速道路を利用することもあります。特に冬期間は事故渋滞やら雪での渋滞等でバイパスは大混雑。そんな時は、高速を利用するようにしています。なので、今回の無料化はありがたいことではあります。

今回の実験では、ETC車もETC車以外も無料になります。利用する場合は、従来と同じく、ETC車は、ETCカードを挿入し、ETCレーンを通行します。ETC車以外は料金所で一旦停車して通行することになります。

無料化社会実験に合わせて、新潟県の新発田市、村上市、胎内市、聖籠町、関川村の5市町村では、連携キャンペーンが始まります。6月28日~7月25日に利用できるクーポン券付きのチラシ1万枚を、25日から東日本高速道路(NEXCO東日本)新潟支社管内のサービスエリアとパーキングエリアで配布します。

チラシにはクーポン券が8枚付いていて、クーポン提示で5市町村の飲食店や鮮魚直売所、日帰り温泉など29施設で割引や特典サービスが受けられます。

目玉は村上市瀬波温泉の「千円キャッシュバック」。日東道を利用し、同温泉旅館組合加盟のホテル・旅館に宿泊する旅行者が対象で、無料化開始日より2千台限定で千円を返還するというもの。キャッシュバックの金額がややせこい気もしますが、まあ、必死なのでしょう。

今回の無料実験が、どういう結果になるのか、どういう結果なら成功なのか?良くわかりませんが、全区間無料化へ向けて、努力をして欲しいモノです。しかし、財源はいったいどこにあるのか?やっぱり消費税率アップ?むずかしい問題なのでしょうね。

« 「ザ・ウォーカー」鑑賞 | トップページ | ワールドカップを観よう!2010 Vol.6 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/48715903

この記事へのトラックバック一覧です: 「高速道路 無料化社会実験」スタート!:

« 「ザ・ウォーカー」鑑賞 | トップページ | ワールドカップを観よう!2010 Vol.6 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ