« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010/06/30

2010.06映画鑑賞総括

6月の劇場での映画鑑賞は13本。今年の累計54本。先月少なかった分、多めの本数で推移しました。6月を終わって、年間劇場鑑賞100本の半分を超えましたので、まずまずです。

0601   レギオン
0603   (500)日のサマー
0607   テレシネマ7/天国の郵便配達人
0609   マイレージ マイライフ
0611   プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂
0614   プレシャス
0616   テレシネマ7/19
0618   テレシネマ7/トライアングル
0619   アイアンマン2
0621   セックス・アンド・ザ・シティ2
0623   ザ・ウォーカー
0628   エルム街の悪夢
0630   悲しみよりもっと悲しい物語

今月は、アクション、サスペンス、ホラー、ラブストーリー、ドラマ、コメディとバラエティに富んだ作品がありました。

今月中心となったのは、「テレシネマ7」。日本の人気脚本家がオリジナル作品を書き、韓国の人気俳優・監督で製作する日韓共同ドラマプロジェクトでした。5月29日に全7作品が一ヶ月間限定で公開されました。面白そうな作品がいくつかありましたが、まずは、スケジュール優先で見に行く作品を決定しました。

公開前、確実に観ようと思っていたのは「天国の郵便配達人」。これが良かった。ラブストーリーのようでもありましたが、全体のストーリーとしては、生命への尊厳を訴えかけているようで、感動的な作品になっていました。その後、2本観ましたが、そこで終了。結局7本中3本の鑑賞にとどまりました。

「マイレージ マイライフ」も良かったです。第82回アカデミー賞の主要部門にノミネートされた作品。人生にとって何が大切なのか?人それぞれ違うのでしょうが、様々な考え方があって良いのでしょう。あらためて見直すには良い作品でした。

「プレシャス」も良かったです。こちらもアカデミー賞関連の作品です。アメリカの実情を表現しながらも、努力すれば、自分の思い描く未来に向かうことが出来るのだと、希望はあるのだと感じることの出来る作品でした。モニークのアカデミー助演女優賞の演技は圧巻でした。

来月7月は、今月始まってまだ観ていない作品を観て、その後は、 リュック・ベッソン監督作品「アデル/ファラオと復活の秘薬」、M・ナイト・シャラマン監督作品「エアベンダー」、クリストファー・ノーラン「インセプション」と期待作が目白押し。後半には夏休み期間に突入しますので、やや本数が落ちるかもしれません。8月はさらに減りますので、やや落ち着くという感じでしょう。

2010/06/29

「エルム街の悪夢」鑑賞

先日、「エルム街の悪夢」を観てきました。サミュエル・ベイヤー監督作品。出演:ジャッキー・アール・ヘイリー(「ウォッチメン」)、ルーニー・マーラ、カイル・ガルナー、ケイティ・キャシディ(「96時間」)、トーマス・デッカー(「私の中のあなた」)、ケラン・ラッツ(「トワイライト」)、クランシー・ブラウン、コニー・ブリットン他。

エルム街に住む高校生たち。彼らは皆、夢に現れては彼らを執拗に追いかけまわす醜悪な殺人鬼フレディ・クルーガー(ジャッキー・アール・ヘイリー)の影に脅えていた。眠りさえしなければ、フレディは現れないが、70時間を過ぎれば、無意識に脳が寝てしまうこともあるという。次第に幻覚のように現れるフレディ。彼らは互いを守り合うように、眠気をこらえるが・・・。幼少期に、共通の過去があり、それをひた隠しにする親たち。過去の因縁とはいったい・・・。

1984年版(ウェス・クレイヴン監督作品)のリメイクではありますが、だいたいのストーリーはそのままで、設定が現代風にアレンジされ、よりサスペンス色の強い作品になっています。フレディのユーモラスなシーンはほとんどなく、醜悪な殺人鬼に徹しています。犠牲となっていく高校生たちも、性格付けが変わっていて、全く別の話のようになっています。

怖さと言えば、数倍になっています。同じ内容の作品でも、現代の技術で作れば、CGとの境目が分からないくらいですから、映像はまさに悪夢の中。現実のような悪夢は、精神をむしばんでいき、追い詰められていきます。“眠ってしまった”と言う感覚があっても、起きられない。眠気をこらえればこらえるほど、起きることが出来なくなっていく恐怖。迫り来るかぎ爪。キキキという耳をふさぎたくなるような、かぎ爪を引きずる音。飛び散る火花。浴槽からでる、かぎ爪もしっかり登場します。

主人公なの?と思っていると次々に殺されていき、誰が主人公なのか分からなくなっていきます。まあ、主人公はフレディと言うことになるのでしょうから、それで良いのでしょうが、物語の中心となる人物が死んでいくので、困惑します。

夢の中の殺人鬼フレディ・クルーガーの連続殺人が、現実のものとなっていく恐怖を描く、ホラーサスペンス作品。

2010/06/28

プリウスくんが行く!Vol.90

梅雨入りした新潟県地方は、毎日ジトジト雨が降り続いています。いやな季節になってきました。新潟県地方の梅雨は、前半はあまり雨が降らず曇り空が続き、終盤には、大雨というのが定番ですが、今年はすでに連日の雨続きです。

この季節は新緑へドライブに行くなんてのも良いのですが、なかなかこのお天気ではプリウスくんでのおでかけというのもなかなか難しいところです。

エコドライブ10のすすめ”と言うのをご存じでしょうか?エコドライブ普及連絡会が進める10箇条です。世の中エコブームですが、地球温暖化対策の中で一番大きな課題なのがCO2の排出量削減です。そのためにも、エコドライブをしようというモノです。

  1. ふんわりアクセル「eスタート」
  2. 加減速の少ない運転
  3. 早めのアクセルオフ
  4. エアコンの使用を控えめに
  5. アイドリングストップ
  6. 暖機運転は適切に
  7. 道路交通情報の活用
  8. タイヤの空気圧をこまめにチェック
  9. 不要な荷物は積まずに走行
  10. 駐車場所に注意

私がプリウスくんに乗るようになってから、心がけている運転方法に近いモノでした。発進時や走行中はふんわりアクセルを実施していますし、加減速はあまりないように、一定のスピードで走るようにしています。減速時もエンジンブレーキを使って、緩やかに減速していますし、エアコンは必要最低限の使用にしています。

アイドリングは自動的にストップしますから良いですが、暖機運転はしています。現在販売されている乗用車は暖気運転はほとんどいらないんだとか。暖機することにより走行時の燃費は改善しますが、5分間暖機すると160cc程度の燃料を浪費すると言うことなので、全体の燃料消費量は増加するんだとか。私の場合、朝、出勤時には2,3分ですが、暖機運転をしています。昔からの癖と言えば癖なのですが、エンジンが悪くなるような気がしてならないのです。

他にも、タイヤの空気圧のチェックは随時行っていますし、不要な荷物の積載はなるべくしないようにしています。

いずれも、私としては、燃費向上のためにやってることではありましたが、ガソリン車だけでもエコドライブを実施することによって、25%も燃費が良くなるんだとか。プリウスくんはハイブリッドカーですが、意識的にエコドライブを実行すれば、普段以上に燃費が良くなっているのは間違いのないところです。

やはり、制限速度を守って、等速走行を心がけることが、エコドライブへの第一歩かとも思います。が、実際の交通事情にそぐわないということもあり得ます。制限速度で走っている人はごく希ですから、やや遅いだけでも流れを阻害することにもなりかねません。反面、そのことによって、排出量を削減出来ることにも繋がります。とはいえ、“流れ”に乗ることも大切なことではあるのでしょうが。

とにもかくにも、安全運転が一番。運転する際、何を美徳とするか?もちろん速く走ることではないはずで、安全第一のはず。さらに、エコドライブで環境にも優しい走り方をすることも美徳にしてはいかがでしょうか?

2010/06/26

ワールドカップを観よう!2010 Vol.6

4年に1度の夢の祭典、2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会。連日熱戦が繰り広げられています。

鑑賞したのは、

34 6月22日   火    23:00      A       フランス VS 南アフリカ        NHK
37 6月23日   水    23:00      C     スロベニア VS イングランド      NHK
41 6月24日   木    23:00      F     スロバキア VS イタリア          TBS
43 6月25日   金     3:30      E           日本 VS デンマーク        日テレ
45 6月25日   金    23:00      G     ポルトガル VS ブラジル            フジ

でした。

いよいよ勝負の3戦目がスタートです。すでに、決勝トーナメント進出を決めた国、敗退が決まった国、崖っぷちの国と様々でした。

まずは、グループA。試合以前に、チーム内のゴタゴタで崩壊してしまったフランス。全く良いところがなかった前回準優勝国のフランスは、2敗1分け勝ち点1という結果で、グループリーグ敗退。また、開催国の南アフリカは良い試合をしていましたが、決勝トーナメント進出は出来ませんでした。開催国で初めて進出できませんでしたが、アフリカの底力は見せてもらったような気がします。

グループCは、スロベニア VS イングランドを鑑賞。ルーニーが仕事をさせてもらえません。今大会に入ってから、調子が悪いのか、それともマークがきつすぎるのか。良いところが観られませんでしたが、2位で通過。アメリカが1位通過。

グループEは、運命の一戦日本 VS デンマーク。守備的に行かずに積極的に攻撃に徹した日本が勝利。実に見応えのある良い試合でした。日本のお家芸とも言えるセットプレーからの2点と、流れからの1点。この成果は、今後に繋がることでしょう。結果、オランダが1位、日本が2位通過となりました。正直、組み合わせが決まった時点で、決勝トーナメント進出はないなあと思っていましたから、それこそ夢のような結果でした。

グループFは、スロバキア VS イタリア。世代交代に失敗したイタリア。どうにもならないような状況が続き、1敗2分け勝ち点2で、グループ最下位。前回優勝国のイタリアが、グループリーグで姿を消してしまいました。

グループGは、グループリーグ屈指の好カード、ポルトガル VS ブラジル。ブラジルは前の試合でカカーが退場処分となり出場停止。クリスティアーノ・ロナウドとカカーの対戦が見られるかと思っていましたので、何とも惜しい試合でした。すでに、決勝トーナメント進出を決めているブラジル。ポルトガルは無理をしなくても、進出が出来ると言う状況だったので、序盤こそ、積極的な攻撃も観られましたが、後半にはモチベーションがさらに低下したのか、やや見劣りがする試合でした。返す返すももったいない。

これで、決勝トーナメントの組み合わせが決まりました。

  49  6月26日    土     23:00    ウルグアイVS韓国            NHK
  50  6月27日    日      3:30      アメリカVSガーナ            フジ
  51  6月27日    日     23:00        ドイツVSイングランド    TBS
  52  6月28日    月      3:30  アルゼンチンVSメキシコ        テレ東

  53  6月28日    月     23:00      オランダVSスロバキア      NHK
  54  6月29日    火      3:30      ブラジルVSチリ            NHK
  55  6月29日    火     23:00    パラグアイVS日本            TBS
  56  6月30日    水      3:30      スペインVSポルトガル      NHK

決勝トーナメントの1回戦は、なかなか好カードがあります。中でもドイツVSイングランドと、スペインVSポルトガルは大注目。ここからは、最後まで勝負を付ける試合ですから、グループリーグのような守備的な試合にはならないでしょう。最初から全力の試合が観られることでしょう。いよいよ本番のスタートです。

日本代表は、当初の目標がベスト4でしたが、どうなりますか。1回戦を勝ち抜けば、スペインVSポルトガルの勝者との準々決勝となります。これはこれで面白い試合になることでしょう。まずは、試合の疲れをとってベストコンディションを作り上げることでしょう。そして、とにもかくにも試合を楽しむこと。期待しています。

2010/06/25

「高速道路 無料化社会実験」スタート!

2010年6月28日(月)0時から「高速道路 無料化社会実験」が始まります。新潟県では、通称・日東道の日本海東北自動車道(新潟中央JCT~荒川胎内IC)が対象となります。

公約では、全高速道路の無料とか、この6月から全区間が2000円上限になるなんて、話しもありましたが、結局、両方ともどこかへ行ってしまい、残ったのが、今回の「無料化社会実験」でした。実験期間は2011年3月31日までと言うことですから、それまでは、高速料金が安くなると言うことはないのでしょう。6月以降は平日でも高速料金が安くなるなら、どこかへ行こうかと思って待っていましたが、無駄だったようです。

とはいえ、無料化になると通勤時に利用しても、良いと言うことになります。私が通勤で利用している新潟バイパスと平行して走っているのが、この日東道ですから、利用する可能性もあるわけです。

先日も通勤時に事故が発生し、バイパスは大渋滞。その際は早々にバイパスを降り、一般道を利用して、ぎりぎり始業時間には間に合いましたが、もっと切羽詰まった時には高速道路を利用することもあります。特に冬期間は事故渋滞やら雪での渋滞等でバイパスは大混雑。そんな時は、高速を利用するようにしています。なので、今回の無料化はありがたいことではあります。

今回の実験では、ETC車もETC車以外も無料になります。利用する場合は、従来と同じく、ETC車は、ETCカードを挿入し、ETCレーンを通行します。ETC車以外は料金所で一旦停車して通行することになります。

無料化社会実験に合わせて、新潟県の新発田市、村上市、胎内市、聖籠町、関川村の5市町村では、連携キャンペーンが始まります。6月28日~7月25日に利用できるクーポン券付きのチラシ1万枚を、25日から東日本高速道路(NEXCO東日本)新潟支社管内のサービスエリアとパーキングエリアで配布します。

チラシにはクーポン券が8枚付いていて、クーポン提示で5市町村の飲食店や鮮魚直売所、日帰り温泉など29施設で割引や特典サービスが受けられます。

目玉は村上市瀬波温泉の「千円キャッシュバック」。日東道を利用し、同温泉旅館組合加盟のホテル・旅館に宿泊する旅行者が対象で、無料化開始日より2千台限定で千円を返還するというもの。キャッシュバックの金額がややせこい気もしますが、まあ、必死なのでしょう。

今回の無料実験が、どういう結果になるのか、どういう結果なら成功なのか?良くわかりませんが、全区間無料化へ向けて、努力をして欲しいモノです。しかし、財源はいったいどこにあるのか?やっぱり消費税率アップ?むずかしい問題なのでしょうね。

2010/06/24

「ザ・ウォーカー」鑑賞

先日、「ザ・ウォーカー」を観てきました。アルバート・ヒューズ、アレン・ヒューズ監督作品。製作:ジョエル・シルバー。出演:デンゼル・ワシントン(「サブウェイ123激突」「デジャヴ」)、ゲイリー・オールドマン(「ダークナイト」「レオン」)、ミラ・クニス、トム・ウェイツ他。

戦争により崩壊した世界。焼け果てた大地、崩れ落ちたビル、生き残ったわずかな人々は、その日を生き抜くだけの生活だった。ウォーカー(デンゼル・ワシントン)は、世界でたった1冊残るある本を運び、30年間旅をしている。その目的も目的地も知らないが、ただ、“西へ向かう”のだ。ある街に着いた時、その街を牛耳るカーネギー(ゲイリー・オールドマン)と出会う。独裁者・カーネギーもまた、その本を探し続けていたのだ。

戦争で焼き尽くされた世界。大地が、空が、街が、すべてがくすんでしまった世界。砂漠を歩き続ける男・ウォーカー。紫外線が強く、誰もがサングラスやゴーグルを付けて外出する。そんな荒廃した世界のビジュアル・センスは秀逸です。

モノが溢れた時代から一変。昔は捨てていたようなモノを今は奪い合っています。字を読める者は少なく、文化という名のモノはほんのわずかしかない。精神的に乏しい時代に生きる人々に希望はありません。

ウォーカー=イーライは、優れた運動能力を持つ男。短刀とショットガンを隠し持ち、動物的で俊敏な動きをします。デンゼル・ワシントンのこれほど激しいアクションを観たことがありません。そして、世界で唯一となったある本を、バックパックに入れています。

何者かによって守られているようなウォーカー。心の声の導きにより、ひたすら西へと進みます。街で出会った女性・ソラーラ(ミラ・クニス)とその母親・クローディア。クローディアは盲目ですが、カーネギーの庇護を受けなんとか生活が出来ていますが、ウォーカーと関わるようになって、事態は一変します。そして、その出会いがその後の大きな伏線となっていきます。

本を奪おうとする者はためらわずに、殺す。目的地を求め、今日も歩き続ける。たった一冊残るある本を運び、ひたすら西へ旅を続ける。彼はなぜ歩き続けるのか?何が書かれている本なのか?ウォーカーは“ただの男”なのか、それとも・・・。

アカデミー賞俳優デンゼル・ワシントンvs名優ゲイリー・オールドマンの共演も見応えがある、新世紀サスペンス・アクション大作。

2010/06/23

「セックス・アンド・ザ・シティ2」鑑賞

先日、「セックス・アンド・ザ・シティ2」を観てきました。マイケル・パトリック・キング監督作品。出演:サラ・ジェシカ・パーカー(「噂のモーガン夫妻」「恋するレシピ」)、キム・キャトラル、クリスティン・デイヴィス、シンシア・ニクソン、クリス・ノース、ジェイソン・ルイス他。

波乱の末にミスター・ビッグ(クリス・ノース)と結婚したキャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)。あれから2年がたち、幸せなはずの彼女だったが、二人の不協和音は日に日に募っていった。そんな中、サマンサ(キム・キャトラル)の紹介の元、4人は砂漠の国UAEへとゴージャスな旅行へ出掛けるが・・・。

前作から2年後。キャリーをはじめとする4人のヒロインたちも生活も少しずつ変化いていきます。ブランド品のオンパレードに、豪華な衣装と、相変わらずの生活は続いています。冒頭、キャリーが3人と初めて出会った時の回想シーンがありますが、なかなか面白い映像になっています。

恋愛と結婚は別物と言いますが、さすがのキャリーにも、やはり違ってきたようで、鬱憤がたまってきています。マンネリとか、慣れとか、様々な価値観の違いとか。そりゃあ、全く同じ価値観の人間がいるわけはありませんし、どちらかが合わせているのでしょうから、それが、次第にずれて行くのでしょう。価値観は違う方が、楽しめるという意識でないと難しいとも言えます。

そして、UAEへの旅立ちの日。問題を据え置いたままの旅立ちでしたが、さらなる波乱がキャリーを待ち受けていました。アブダビは、4人、とくにサマンサには合わない文化・風習ですから、波乱は必死。元恋人のエイダンまで現れ、ドタバタは続きます。

結婚には、いろいろな輝きがあって良いし、伝統を重んじつつ、自分なりの彩りをつけられればさらに良い。それが自分たちなりの、幸せ何だと気がつければ。

ニューヨークを舞台に恋に仕事に友情に生きる4人の女性の本音を大胆に描き、世界中の女性たちを熱狂させたテレビドラマシリーズ、劇場版『セックス・アンド・ザ・シティ』の続編。

2010/06/22

ワールドカップを観よう!2010 Vol.5

4年に1度の夢の祭典、2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会。連日熱戦が繰り広げられています。

鑑賞したのは、

21 6月18日   金    20:30      D       ドイツ VS セルビア      NHK
24 6月19日   土    20:30      E       日本 vs オランダ             テレ朝
26 6月20日   日     3:30      E カメルーン vs デンマーク           NHK
28 6月20日   日    23:00      F   イタリア vs ニュージーランド     NHK
29 6月21日   月     3:30      G   ブラジル vs コートジボワール     NHK
30 6月21日   月    20:30      G ポルトガル vs 北朝鮮                 フジ

でした。

今大会は、本当に番狂わせが多いです。グループDのドイツ VS セルビアもそのひとつ。攻めに攻めたのはドイツでしたが、ゴールできずに、1-0でセルビアの勝利でした。3戦目に勝負をかけます。まだまだわからない、グループDです。

グループEの、日本 vs オランダ。日本代表は良い試合をしましたし、引き分けに出来たとは思いますが、負けは負け。気持ちを切り替えて3戦目に挑みたいところです。その後に行われたカメルーン vs デンマーク。デンマークは高さを活かした攻撃が有効でした。そして、何よりFWベントナーの得点力が魅力的でした。日本代表はこの攻撃を防ぎきれるのか?セットプレイは要注意です。2-1でデンマークの勝利でした。カメルーンが負けたことにより、1次リーグ敗退が決定。また、オランダの決勝トーナメント進出が決定しました。

荒れているのが、グループF。イタリアがニュージーランドと引き分けると言う波乱がありました。前回大会優勝国のイタリア。世代交代を失敗したかのよう。こちらも3戦目が勝負です。

グループGは、ブラジルがコートジボワールに快勝し、一歩飛び抜けたカタチで早々に決勝トーナメント進出を決めました。ポルトガルもようやくエンジンが掛かってきたようで、北朝鮮に勝ち、ようやく決勝トーナメント進出が見えてきました。それにしても、ブラジル、ポルトガルを苦しめた北朝鮮は良くやりました。結果こそ大差が付きましたが、ポルトガルとの試合では、前半は良い試合をしていました。

全チーム2戦目が終わり、いよいよグループリーグも大詰めとなってきました。決勝トーナメント進出を決めた国、敗退が決まった国、崖っぷちの国と様々です。決勝トーナメント進出時の対戦国との兼ね合いもありますから、余裕のある国は戦い方も考えてくるでしょう。

大会前の優勝予想ではスペインでしたが、ここまでの状況を見るとブラジル優勢のような感じになってきました。ただ、調子が上がっているスペインですから、どうなるか分かりません。結局は決勝トーナメントが勝負ですから、そこまでに本調子になればいいことですからね。面白くなってきました。

今後の試合日程は以下の通り。

33 6月22日   火    23:00      A       メキシコ VS ウルグアイ        ―――
34 6月22日   火    23:00      A       フランス VS 南アフリカ        NHK
35 6月23日   水     3:30      B   ナイジェリア VS 韓国              ―――
36 6月23日   水     3:30      B       ギリシャ VS アルゼンチン      ―――
37 6月23日   水    23:00      C     スロベニア VS イングランド      NHK
38 6月23日   水    23:00      C       アメリカ VS アルジェリア      ―――
39 6月24日   木     3:30      D         ガ―ナ VS ドイツ             ―――
40 6月24日   木     3:30      D オーストラリア VS セルビア          ―――

41 6月24日   木    23:00      F     スロバキア VS イタリア          TBS
42 6月24日   木    23:00      F     パラグアイ VS ニュージーランド  ―――
43 6月25日   金     3:30      E           日本 VS デンマーク        日テレ
44 6月25日   金     3:30      E     カメルーン VS オランダ          ―――
45 6月25日   金    23:00      G     ポルトガル VS ブラジル            フジ
46 6月25日   金    23:00      G         北朝鮮 VS コートジボワール  ―――
47 6月26日   土     3:30      H           チリ VS スペイン           ―――
48 6月26日   土     3:30      H         スイス VS ホンジュラス      ―――

それにしても、大事な3戦目の放送が少なすぎます。何とかならないのでしょうか。

2010/06/21

「アイアンマン2」鑑賞

先日、「アイアンマン2」を観てきました。ジョン・ファヴロー監督作品。出演:ロバート・ダウニー・Jr.(「シャーロック・ホームズ」「路上のソリスト」)、スカーレット・ヨハンソン(「それでも恋するバルセロナ」「ブーリン家の姉妹」)、ドン・チードル(「再会の街で」「ホテル・ルワンダ」)、ミッキー・ローク(「レスラー」)、グウィネス・パルトロウ、サム・ロックウェル、サミュエル・L・ジャクソン他。

自ら開発したパワード・スーツを身にまとい、いくつもの戦いを経て、メディアの前で自らが“アイアンマン”であることを明かしたトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)。パワード・スーツの受け渡しを国家から命じられるが、トニーはこれを拒否したため、査問会へ出頭を命じられる。そんなトニーに対抗心を燃やすウィップラッシュ(ミッキー・ローク)は、アイアンマンと同様の破壊力を身に付け、モナコGPに出場したトニーの前に現れる。彼の目的とはいったい・・・。そして、謎の美人秘書・ナタリー(スカーレット・ヨハンソン)の正体とは・・・。

自ら“アイアンマン”であることを明かしたトニー・スターク。時の人となり、さらなる注目を浴びます。それを苦々しい思いで見つめるウィップラッシュ。恨みがあるかのよう。そして、開発した兵器・エレクトリック・デス・ウィップを手に、トニーに迫ります。

CEOであることうに嫌気がさしたトニーは秘書であったペッパーに、CEOの座をあっさりと譲ります。そして、美人秘書・ナタリーが現れますが、なにかを探るような行動が見受けられますが、敵か味方か?

天狗になったトニーに対して腹立たしい思いを持っている旧友のローズ(ドン・チードル)。ついには、アイアンマン・マーク2を奪い、トニーのマーク4と大げんか。そして、米軍に接収。新たな兵器を武装して、脅威に挑みますが・・・。

ライバル会社のハマー(サム・ロックウェル)は、トニーに対て敵意をむき出しにし、対抗。囚われのウィップラッシュを奪取。経済的に支援し、アイアンマンを倒すべく、新兵器の開発を急ぎます。

そして、クライマックス。大迫力の決戦が始まります。アイアンマンは、無人機“ドローン”の大群とどう戦うのか?リアクターの影響で、むしばまれていくトニーの身体。死の恐怖に打ち勝ち、活路を見いだすことは出来るのか?

普段は普通の人間と同じ能力しか持たない科学者兼経営者のトニー・スタークが、自らが開発したパワードスーツ“アイアンマン”を身にまとい、様々な脅威と戦うヒーロー・アクション。映像はさらにリアルに、さらに迫力を増して帰ってきた。エンドロールの後には前作同様、次作に繋がるであろう重要な伏線がありますので、すぐに席を立たないように。

2010/06/19

テレシネマ7「トライアングル」鑑賞

先日、テレシネマ7「トライアングル」を観てきました。チ・ヨンス監督作品。脚本:尾崎将也。出演:アン・ジェウク、カン・ヘジョン、イ・スギョン、カン・シニル、イ・デヨン他。

大企業グローバル社の元社長夫人であるジヨン(イ・スギョン)は、2年前に亡くした夫との思い出の場所であるスキー場を一人で訪れていた。ジヨンは、滑走中に危ない所を助けてくれた男性サンウ(アン・ジェウク)と出会い、食事をすることになる。美術展などを企画する小さな会社の経営者だというサンウ。そこへ、幼なじみだというソンヘ(カン・ヘジョン)という若い女性が訪ねてくる。だが、ジヨンはソンヘのことをどうしても思い出せない。ソウルに戻ってからも三人は会うようになるが、知的で優しいサンウになんとなく惹かれ始めていくジヨン。しかし、サンウには裏の顔があったのだが・・・。

日本の人気脚本家がオリジナル作品を書き、韓国の人気俳優・監督で製作する日韓共同ドラマプロジェクト「テレシネマ7」の一作。

物語は、ジヨンの亡くなった夫の美術品をめぐって、二転三転します。裏の顔を持つ二人とその真の目的。そして、サンウをめぐっての三角関係は微妙に変化していき・・・。

ユーモラスな会話で、どこに真意があるのか分からない二人。ふざけあっているだけにも見えますが、そこには愛があるように映りました。そして、亡き夫に縛られていたジヨンの心も、また、自由へと解き放たれていくのでした。

高価な美術品をめぐる男女の三角関係を描くロマンチック・サスペンス

2010/06/18

ワールドカップを観よう!2010 Vol.4

いよいよ開幕しました。待ちに待った夢の祭典、2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会。連日熱戦が繰り広げられています。

鑑賞したのは、

16 6月16日   水    23:00      H         スペイン VS スイス     フジ
18 6月17日   木    20:30      B アルゼンチン VS 韓国          NHK

でした。

16日のグループHの試合で、全32チームが出揃いました。優勝候補の一角であるスペインの登場です。スペイン VS スイスの試合。なんと、スペインが負けてしまいました。ヨーロッパ予選を負けなしで勝ち上がり、名だたるスター選手をずらりと並べたスペイン。無敵艦隊が、スペインのワールドカップ史上、最高の成績を収められる思われていましたが、初戦で躓いてしまいました。

イニエスタ、シャビの繰り出すボール、華麗なパス回し、そして豪快なビジャのシュート。バルセロナのサッカーを取り入れたかのようなスペインの攻撃を、ことごとく守りきったスイスの守備陣に敬意を表したいと思います。結果、1-0でスイスの勝利でした。

続いて、グループB、2戦目となるアルゼンチン VS 韓国。両チームとも初戦で勝利を収め、勝ち点3。ギリシャを破った韓国が、メッシようするアルゼンチンとどう戦うのか、注目の一戦でした。先制したのは、アルゼンチン。コーナーキックから、ヘディングで押し込もうという場面でしたが、ボールが逸れ、韓国ディフェンスの足に当たり、オウンゴールとなってしまいました。またしてもボールのマジックか?唖然とする表情は皆同じ。何が起こったのか分からないという感じです。ボールの微妙な変化の産物だったのかもしれません。

その後は、メッシ劇場の始まりです。メッシ、イグアインの連携で、あっという間に得点を量産。メッシは得点こそ挙げていませんが、イグアインへのパスの供給が絶妙でした。イグアインはハットトリック達成。結果、4-1でアルゼンチンが勝利しました。

本当に今大会は、何が起こるか分からない大会になりつつあります。FIFAランキング下位のチームが上位のチームを破る試合がいくつもありますし、苦戦してドローになる試合もあります。この先、どんな結果が待っているのか、面白くなってきました。

今後の試合日程は以下の通り。明日は、いよいよ日本代表の2戦目オランダ戦です。

21 6月18日   金    20:30      D       ドイツ VS セルビア      NHK
22 6月18日   金    23:00      C   スロベニア VS アメリカ      テレ東
23 6月19日   土     3:30      C イングランド VS アルジェリア  ―――

24 6月19日   土    20:30      E       日本 vs オランダ             テレ朝
25 6月19日   土    23:00      D     ガーナ vs オーストラリア       テレ朝
26 6月20日   日     3:30      E カメルーン vs デンマーク           NHK
27 6月20日   日    20:30      F スロバキア vs パラグアイ           日テレ
28 6月20日   日    23:00      F   イタリア vs ニュージーランド     NHK
29 6月21日   月     3:30      G   ブラジル vs コートジボワール     NHK
30 6月21日   月    20:30      G ポルトガル vs 北朝鮮                 フジ
31 6月21日   月    23:00      H       チリ vs スイス               テレ朝
32 6月22日   火     3:30      H   スペイン vs ホンジュラス         ―――

2010/06/17

テレシネマ7「19 -NINETEEN-」鑑賞

先日、テレシネマ7「19 -Nineteen-」」を観てきました。チャン・ヨンウ監督作品。脚本:井上由美子。出演:T.O.P(BIGBANG)、V.I(BIGBANG)、ホ・イジェ、キム・ヨンホ他。

三流大学に通う19歳の青年ジョンフン(T.O.P)は、銀行員の父親や一流大学に通う姉からバカにされるし、彼女も医学生に奪われるし、とことんサエない日々を送っていた。ある日、バイト先仲間の超美人ヨンエから突然デートに誘われる。一方、大財閥の会長の御曹司で大学浪人中のミンソ(V.I)は、図書館に行くふりをしながら毎日のようにネットカフェに通い、店員の女の子=ヨンエの姿を盗み見ては隠し撮りをしていた。そして、ウンヨン(ホ・イジェ)は、母親の入院費用を工面するため大学を辞め、懸命に働く19歳。だが、見舞いのために早退したことで、クビになってしまう。ある日、3人の共通の知人であるヨンエの遺体が発見され、疑いをかけられてしまう。そして、3人の奇妙の逃亡生活が始まる。

日本の人気脚本家がオリジナル作品を書き、韓国の人気俳優・監督で製作する日韓共同ドラマプロジェクト「テレシネマ7」の一作。

19歳という微妙な年齢の3人。大人になりきれず、子どもでもない。韓国では、犯罪を犯しても罪は軽いという。それぞれに問題を抱え、鬱屈した生活を送っていましたが、警察の執拗な事情聴取により怒りが爆発。逃げ出してしまいます。意気投合した3人は、逃亡生活を始めますが、ただ、普段出来なかったことをしているだけのよう。ジョンフンのバイト先であるネットカフェの社長に助けを請いながら、逃亡を続けますが、警察は彼らを追い詰めていきますが・・・。

未成年だからと言って、あれしか捜査員がいないとか、科学捜査がないだとか、他の関係者への捜査がないとか、問題はあるような気はしますが、そこはそれ、事件や捜査が中心の物語ではないので、映画としては割愛したと言うことにしておきましょう。

誰もが19歳だったことがあるように、若いときは、すぐに過ぎ去ってしまいます。だからこそ、輝ける未来に向かって懸命に生きることが大切で、希望を持って、自らの意志で動き出すことが肝要なのだと感じました。

青春時代の何とも言えない閉塞感の中、もがき苦しみながらも、自分を持った大人へと成長していく若者たちを描く作品。

2010/06/16

ワールドカップを観よう!2010 Vol.3

いよいよ開幕しました。待ちに待った夢の祭典、2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会。連日熱戦が繰り広げられています。

鑑賞したのは、

  9 6月14日   月    20:30      E         オランダ VS  デンマーク    NHK
10 6月14日   月    23:00      E             日本 VS  カメルーン    NHK
13 6月15日   火    23:00      G コートジボワール VS  ポルトガル    NHK

でした。

まずは、日本も所属するグループE。オランダVSデンマークの1戦。オランダは、ロッベンを欠いての試合ですが、それでも豪華メンバーには変わりません。しかし、両チームとも堅いディフェンスで、守備的です。デンマークは高さを活かし切れずに苦戦。オランダは突破力と爆発的な攻撃力で攻めていますが、なかなか得点できませんでした。が、終わってみれば2-0でした。不運なオウンゴールもありましたが、やはりボールが問題なんでしょうか。

続いて、日本vsカメルーン。いよいよ日本代表の登場です。直前の3試合で、敗戦続きの日本代表。本田をワントップにする新しい布陣で挑みます。カメルーンはエースのエトーが先発。日本はエトーを徹底マーク。エトーにボールが廻ったら、2,3人で囲み、仕事をさせませんでした。これが良かったのでしょう。後半に良いカタチでゴール前に持ち込まれることも度々ありましたが、日本は、好セーブもあり、前半に上げた虎の子の1点を守りきって、勝利、貴重な勝ち点3を上げました。

グループFは中継がありませんでした。イタリアの試合はぜひみたいところでしたが、残念でした。

グループGは、コートジボワール VS  ポルトガル戦を鑑賞。クリスティアーノ・ロナウドの登場です。守備的なコートジボワールに対して、ポルトガルは積極的に攻めます。コートジボワールのドログバはベンチスタート。エースを欠いての試合です。C・ロナウドは華麗にドリブル突破、豪快なミドルシュートがポストに当たり、惜しくも得点ならず。あれが入っていれば、という結果に終わってしまいました。結果0-0でドローでした。

グループEは、オランダと日本がリードしましたが、この先、二転三転し、2位争いは最終戦までもつれることでしょう。グループFは、勝ち点1でならび混戦必死。グループGはブラジルが抜け出しましたが、コードジボワールと引き分けたポルトガルは、どうなりますか。

そして、今夜は、優勝候補の最有力スペインの登場です。今後の試合日程は以下の通り。マッチ17からは、2戦目になります。

15 6月16日   水    20:30      H     ホンジュラス VS        チリ    TBS
16 6月16日   水    23:00      H         スペイン VS      スイス    フジ

17 6月17日   木     3:30      A   南アフリカ VS ウルグアイ    ―――
18 6月17日   木    20:30      B アルゼンチン VS 韓国          NHK
19 6月17日   木    23:00      B     ギリシャ VS ナイジェリア  日テレ
20 6月18日   金     3:30      A     フランス VS メキシコ      ―――
21 6月18日   金    20:30      D       ドイツ VS セルビア      NHK
22 6月18日   金    23:00      C   スロベニア VS アメリカ      テレ東
23 6月19日   土     3:30      C イングランド VS アルジェリア  ―――

2010/06/15

「プレシャス」私的映画考Vol.222

先日、「プレシャス」を観てきました。リー・ダニエルズ監督作品。出演:ガボレイ・シディベ、モニーク、ポーラ・パットン、マライア・キャリー、シェリー・シェパード、レニー・クラヴィッツ他。第82回アカデミー賞、助演女優賞、脚色賞受賞。作品賞監督賞他ノミネート作品。

ニューヨーク・ハーレムに暮らす16歳の黒人少女プレシャス(ガボレイ・シディベ)。中学校に通っていたが、二人目の子どもを妊娠していた。二人とも、実の父親に性的虐待を受け手、できた子どもだった。そして、実の母・メアリー(モニーク)からも虐待を受けている。妊娠の事実が学校に知れ、プレシャスは学校を退学になるが、校長先生のすすめにより、代替学校に通い始める。そこで、プレシャスは、レイン先生(ポーラ・パットン)と出会い、次第に文字が読めるようになっていく。そして、劣悪な環境から抜け出そうと戦い始めるが・・・。

家族からの虐待に苦しむ黒人少女・プレシャス。学校の授業にはついて行けません。家に帰れば、家事に追われ、生活保護を受けている母親は何もせず、虐待も受けていました。父親は家にいません。プレシャスが受けている虐待は凄まじいモノで、目を覆わんばかりです。

代替学校“EOTO”に通うようになってから、プレシャスの生活が変わっていきます。読み書きの練習に始まり、毎日、ノートに何かを書くことが日課となり、それが楽しくなっていきます。レイン先生との交換日記。レイン先生はどんな境遇のどんな生徒に対しても、真摯に前向きに当たってくれます。そして、何よりも信じてくれていました。学友たちも、また、信じ合える仲間となっていきました。それらのことにより、今の自分の生活でさえも、希望を持っても良いように思えてきたのでしょう。

面白いのは、夢想好きなプレシャスの思い描く夢のような生活。白馬に乗った王子様ばりの、バイクに乗ったイケメン男性が登場したり、ゴージャスな生活をしたり、アルバムの写真がしゃべり始めたり・・・。厳しい現実の生活の中で、ユーモラスな映像表現が一瞬、心を和ませてくれます。妄想と言ってしまえばそれまでですが、いつかはきっと、何かを掴むことが出来るに違いない。そうなりたい。と言う願望の現れだったのでしょう。

終盤、プレシャスを虐待する母親・メアリーを演じたモニークの圧巻の演技は注目です。涙を流し、訴えかける姿。それは、迫力があるとも言えるのでしょうが、実は底の浅いモノだった。それを感じさせる演技力は秀逸です。

彼女を襲う、目を覆いたくなるようなむごい現実の数々。物語自体はフィクションなのでしょうが、これに近い現実があるのかもしれません。それでも、プレシャスには、現実に立ち向かい、諦めることなく、自分の出来ることを一つ一つやっていった。文字を学ぶことにより自我を確立し、自分の感情を文字で人に伝えることも知る。そして、自身の可能性を大きく広げて行く視野を持つことが出来た。

誰にでも未来は無限に広がっているはず。それをどう決め、どう生きていくのかは自分次第。そこに、何物にも代え難い貴い宝物があるとしたならば、こんなに幸せなことはないでしょう。プレシャスの行く道には、きっといくつもの光が満ちあふれていることでしょう。

アメリカの今を伝え、観る者に勇気と希望を与えてくれる感動作。

2010/06/14

ワールドカップを観よう!2010 Vol.2

いよいよ開幕しました。待ちに待った夢の祭典、2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会。連日熱戦が繰り広げられています。

鑑賞したのは、

1  6月11日  金   23:00     A    南アフリカ VS メキシコ          NHK
2  6月12日  土    3:30     A    ウルグアイ VS フランス          テレ東
4  6月12日  土   23:00     B  アルゼンチン VS ナイジェリア   フジ
5  6月13日  日    3:30     C  イングランド VS アメリカ           NHK

でした。

オープニングゲームは、開催国である南アフリカvsメキシコの試合。面白い試合でした。メキシコ優勢の一方的な試合になるのかと思っていましたが、スタジアムの応援の後押しもあってか、南アフリカも良いゲームをしていました。メキシコに押され気味の南アフリカ。それでも先制したのは南アフリカでした。その後追いつかれて結果ドローとなりましたが、良い試合でした。

グループBは、アルゼンチン VS ナイジェリア。こちらも見応えのある試合になりました。豪華メンバーのアルゼンチン。しかし、監督マラドーナが画面に映ることの多かったこと。イングランドのベッカムもそうでしたが、良く映ります。選手以上に注目を集めるのは良いことか、悪いことか。試合の方は、アルゼンチンが始終押す展開でしたが、メッシは得点こそ出来ませんでしたが、完全に押さえられていたという感じではなかったです。フリーにしたら何をしてくるか分かりませんから、要注意です。次は韓国戦。かなり研究してくるはずですから、楽しみな試合になります。

グループCのイングランド VS アメリカも面白かったです。いきなり先制したのはイングランド。ジェラードが炸裂しました。その後は、アメリカが積極的に攻めます。イングランドのエース・ルーニーを完全に押さえたアメリカは、上手かった。イングランドGKの手痛いミスで、1-1となり、攻めあぐねていたという感じのイングランドはその後、得点できませんでした。勝った試合を落としてしまいました。

勝って勝ち点3を取れば言うことはないですが、強豪国との対戦では、引き分けでも勝ちに等しい勝ち点1が入りますから、アメリカとしては成果を上げたと言えるでしょう。

勝ち点1で全チームが並んだグループA、韓国、アルゼンチンが抜け出したグループB、グループCは、混迷を深めそうですし、グループDは、ドイツの圧倒的な強さが光っていました。

今夜は、いよいよ、日本代表の登場です。強豪国ひしめくグループEで勝ち上がることが出来るのか期待しましょう。今後の試合日程は以下の通り。

  9 6月14日   月    20:30      E         オランダ VS  デンマーク    NHK
10 6月14日   月    23:00      E             日本 VS  カメルーン    NHK
11 6月15日   火     3:30      F         イタリア VS  パラグアイ    ---
12 6月15日   火    20:30      F ニュージーランド VS  スロバキア    ---
13 6月15日   火    23:00      G コートジボワール VS  ポルトガル    NHK
14 6月16日   水     3:30      G         ブラジル VS      北朝鮮    ---
15 6月16日   水    20:30      H     ホンジュラス VS        チリ    TBS
16 6月16日   水    23:00      H         スペイン VS      スイス    フジ

2010/06/12

「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」鑑賞

先日、「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」を観てきました。マイク・ニューウェル監督作品(「フェイク」「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」)。製作:ジェリー・ブラッカイマー(「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ)。出演:ジェイク・ギレンホール(「ブロークバック・マウンテン」)、ジェマ・アータートン(「007/慰めの報酬」)、ベン・キングズレー(「シャッターアイランド」)、アルフレッド・モリナ他。

強大なペルシャ帝国の第3王子であるダスタン(ジェイク・ギレンホール)。勇猛果敢ではあるが、自由奔放すぎるのが欠点。王と血は繋がらないモノの、ダスタンの勇気、英知、そして類いまれな身体能力には、父王も一目を置いていた。ある日、聖なる都・アラムートが“敵国へ武器を提供している”という情報を元に、シャラマン王の腹心の弟ニザム(ベン・キングズレー)と3人の王子はアラムートを制圧。だが、その夜、シャラマン王は酒宴の席で毒殺され、その疑いはダスタンにかけられてしまう。ダスタンはアラムートの王女タミーナ(ジェマ・アータートン)の助けにより追っ手を逃れ、王暗殺の汚名をそそぐため、真犯人を追求しようとする。しかし、タミナの真の目的は、ダスタンが戦利品としてアラムートで手に入れた、不思議な短剣にあったのだが・・・。

壮大なスケール感が圧倒的な本作。砂漠に浮かぶ聖なる都・アラムートは、美しい。見上げるような王宮の大きさは、凄い。全景はほぼCGなのでしょうが、実に良くできています。細い路地も美しい町並みは、人でごった返していて、むせ返る得ような暑さも伝わってくるようです。

その町並みをダスタンが飛び回ります。路地を屋根を走り、飛び、壁を駆け上がり、梁や突き出ている棒を利用してクルクルと回転したり、駆け抜けたりと、まさに空中戦。凄い凄い。そりゃあスタントなのでしょうが、それにしても凄い。

アラムートの短剣は、束の部分に“時間の砂”を入れることによって、時間を遡ることが出来ると言うモノ。1分しか戻れないが、使い方によっては、さらに時間を越えることが出来ると言う。

真犯人を追うダスタンとタミーナ。二人は、反発し合いながらも、旅を続けます。短剣の守護者であるタミーナは、なんとか短剣を手に入れようとします。放浪する内に、協力者を得ながら真犯人へと迫りますが、暗殺者の陰が迫っていました。シャラマン王暗殺の真犯人は、いったい誰なのか?その目的は?

運命は自分で切り開くもの。そして、何より、おのれを信じる心が大切で、血を越えた信頼関係が、国を民を守ることに繋がっていくのでしょう。運命に繋がれたふたりの行く末は・・・。

神秘に満ちた古代ペルシャを舞台に、時間をさかのぼり、過去を変えることのできる伝説の“時間の砂”を巡る、壮大な冒険に満ちたファンタジー・アドベンチャー。

2010/06/11

ワールドカップを観よう!2010 Vol.1

いよいよ本日開幕です。待ちに待った夢の祭典、2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会。

1  6月11日  金   23:00     A    南アフリカ VS メキシコ          NHK
2  6月12日  土    3:30     A    ウルグアイ VS フランス          テレ東
3  6月12日  土   20:30     B          韓国 VS ギリシャ           NHK
4  6月12日  土   23:00     B  アルゼンチン VS ナイジェリア   フジ
5  6月13日  日    3:30     C  イングランド VS アメリカ           NHK
6  6月13日  日   20:30     C  アルジェリア VS スロベニア      テレ朝
7  6月13日  日   23:00     D      セルビア VS ガ―ナ            NHK
8  6月14日  月    3:30     D        ドイツ VS オ―ストラリア     ―――

オープニングゲームは、開催国である南アフリカvsメキシコの試合。開催国とは言え、今大会出場国のうち、FIFAランキングでは、下から数えた方が早いですから、勝ち抜くことは難しいかもしれません。開催国が決勝トーナメントに進まないと盛り上がりに欠けるかもしれませんから、サポーターの力も借り、ぜひとも勝ち抜いて欲しいモノです。まずは大会第一試合。楽しみです。

グループAのウルグアイ VS フランスは注目です。優勝候補の一角のフランス。予選では、アンリのハンド問題もあり、物議を醸していましたが、終わったことになっているようですから、盤石な体制で挑んでくれることでしょう。審判が判定を下すとは言え、分からないように上手にするのがサッカーとも言えるのですが。どうなんでしょうねえ。録画放送ですが、BS1で12日8時からも放送があります。

グループBは、メッシを要するアルゼンチンが注目です。勝ち抜けは間違いないところでしょうが、何が起こるか分からないのがワールドカップですから、気を抜かずに試合に挑んで欲しいモノです。

グループCのイングランド VS アメリカは面白そうな試合です。初戦がいきなり、グループの1位2位を決めるかのような好カードです。

グループDの注目カードはドイツ VS オ―ストラリアですが、なんと放送予定がありません。アジア代表のオーストラリアがどこまで戦えるのか観たかったのですが、致し方ありません。

まずは大番狂わせがないとは思いますが、どの試合も見逃せません。グループリーグでは負けないことが大切。勝って勝ち点3を取れれば言うことはないですが、強豪国との対戦では、引き分けでも勝ちに等しい勝ち点1が入りますから、それでも十分でしょう。その辺のかけひきも見どころの一つでしょう。いよいよ、待ちに待った4年に1度のサッカーの祭典・ワールドカップの始まりです。

2010/06/10

「マイレージ、マイライフ」私的映画考Vol.221

先日、「マイレージ、マイライフ」を観ていました。ジェイソン・ライトマン監督作品(「ジュノ/JUNO」)。出演:ジョージ・クルーニー(「バーン・アフター・リーディング」「フィクサー」)、ヴェラ・ファーミガ(「エスター」)、アナ・ケンドリック(「トワイライト」シリーズ)、ジェイソン・ベイトマン、ダニー・マクブライド他。第82回アカデミー賞、作品賞、監督賞、主演男優賞他ノミネート作品。

年間322日も出張し、リストラ宣告を行っているライアン(ジョージ・クルーニー)。「バックパックに入らない物は背負わない」のが哲学だ。面倒な人間関係を嫌い、出張先で出会った女性とその場限りの情事を楽しむのが常だった。出張のたびに乗る飛行機で貯まるマイレージは1000万マイル目前。そんなある日、その目標を阻む者が現れた。新人ナタリー(アナ・ケンドリック)が、ネット上で解雇通告を行うという合理化案を提出したのだが・・・。

ほとんど毎日、出張しているライアン。空港が、機内が、ホテルが家のようです。あらゆるホテルやレンタカーの会員となり、優遇され、軽く優越感に浸っています。ある日、出張先で出会った女性・アレックス(ヴェラ・ファーミガ)と意気投合。似たような生活をしているふたりは刺激し合い、共感を得ます。そして、忙しいスケジュールの間を縫って情事を重ねるようになります。

家族を持たず、人間関係を深めようとはせず、端から見れば、殻に閉じこもっているかのようにも見えるライアン。アレックスとの関係も、後腐れがないし、似たような感性を持っているから面倒もないと思っているだけでした。

そんなある日、改革のメスが入ります。全米を駆け巡る社員の出張費を削減するべく、ネットを利用し、解雇通告を行うプランが浮上。しかし、ライアンは目標を妨げられるのも、日常が変わってしまうことも嫌悪し、猛反対。かくして、提案者である新人ナタリーはライアンに同行し研修をすることに。解雇通告をするということが、どんなに厳しいことか、現実を知り始めるナタリー。しかし、研修期間も終わり、いよいよ本番となりますが・・・。

実際に、解雇通告を受けた人々のドキュメンタリーのようなやりとりが続きます。通告を受けた人々のこれからの人生を変えてしまう仕事。それを、ネットでやってしまおうという心ないプラン。ネット社会ですし、大不況の最中ですから、仕方がないという面もあるでしょうが、世知辛い世の中を、いっそう加速してしまいそうな気がします。辛いことですから暖かみも必要なのでしょう。

忙しい毎日を過ごすライアンには、妹の結婚式が迫っていました。口うるさい姉もいましたが、名ばかりの兄妹のようでした。家族ではなかったとも。アレックスと出会い、ナタリーと行動を共にし、徐々に自分の在る場所、自分の人生を見つめ直していくライアン。孤独なのか、自由なのか。それは、その人の価値観で見方は変わるかもしれません。

そんなライアンが、義理の弟となる妹の結婚相手を説得するシーンが泣き所でした。自分にはそんなことを言う権利もないし、説得力もないのだろう。それはわかっている。それでも、今の自分の気持ちを巧みな言葉に乗せて、説得していきます。ここが実に感動的でした。

人間関係のしがらみを避け、効率だけを優先してきた「リストラ宣告人」ライアン。根無し草のライアン。なにものも持たない生き方。しがらみを持たない生き方。そこには空っぽな自分がいました。これまでの自分を振り返り、本当に大切なことは何だったのか。そして、大切なことに気付いた時、ライアンの取った行動とは・・・。

ネット社会は人の繋がりを稀薄にしていくのかもしれません。合理的、効率優先。そこに人間の本質は在るのでしょうか?リストラ、転職、ネット社会、人間関係、シングルライフ、ポイント生活、、、。様々な問題の感じ方は、観る者によって、変わっていくでしょう。そこが本作の深みになっているのかもしれません。ネット全盛と言われる現代に、人との心の繋がりについて問題提起する人間ドラマ。

2010/06/09

イオン「DVD・VHSソフト引取りキャンペーン」始まる!

明日2010年6月10日より、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)とイオンでは、「DVD・VHSソフト引取りキャンペーン」を6月10日~7月下旬(予定)まで実施することになりました。このキャンペーンは、イオンの直営店323店舗に、家庭にあるDVD/VHSソフトを持参すると、Blu-rayソフトを1本1,480円、DVDを1本680円の特別価格で購入できるというモノです。

ソフトはSPEのタイトルに限らず、全メーカーが対象となり、市販のVHS/DVDであればOK。1本持参すると、指定のBD/DVDのいずれか1本をその場で価格で販売します。指定のBD/DVDはSPEのタイトルで、タイトル数は店舗によって異なりますが、BD 100タイトル、DVD 70タイトル。

現在、SPEでは、BDの一部タイトルが2,500円で発売されていますが、その中には、「ターミネーター4」や「天使と悪魔」などの人気タイトルもラインナップされています。その辺りが、販売商品になるのでしょうが、価格的には微妙な感じになり、ちょっと悩むところです。

現在、DVDの旧タイトルの下取り価格はかなり落ちていますから、1枚あたり300~500円と言うところでしょう。なので、ネットオークション等で1枚300円でDVDを売却し、BDを2500円で購入するとすれば、1枚あたり2,200円のBDとなります。そうすると、このキャンペーンで2,500円のBDを買う場合、支払代金1,480円で、1枚のDVDを処分すると言うことになります。差額は、720円となります。

現在、Amazonでは、「天使と悪魔 」のBDが1,933円で販売中ですから、差額はさらに縮まります。オークションを使って300円で売却すれば、1,633円になりますから、その差153円。ちょっとお得。

まあ、オークションで売却する手間を考えれば、今回のキャンペーンを利用するのも良いかもしれません。さらに、良い点は、持ち込まれたDVD・VHSソフトは、プラスチックの原料としてリサイクルされますから、エコにもなります。古くなったDVDやVHSソフトの処分は売却できなければ、ゴミとして捨てることになるだけですからね。

今後も、各メーカーでは、ブルーレイディスクの更なる普及を目指して、新サービスを提供してくることでしょう。エコ運動にもなるし、家庭で不要になったDVDも処分できるし、三者にとってメリットのあるキャンペーンは喜ばしいことです。

2010/06/08

テレシネマ7「天国への郵便配達人」私的映画考Vol.220

先日、テレシネマ7「天国への郵便配達人」を観てきました。イ・ヒョンミン監督作品。脚本:北川悦吏子。出演:シン・ジェジュン(東方神起)、ハン・ヒョジュ、シン・グ、キム・チャンワン他。

野原の真ん中に、ぽつんと立つ赤いポスト。そのポストに手紙を投函しに来たハナ(ハン・ヒョジュ)は、不思議な若い男性ジェジュン(シン・ジェジュン)に出会う。彼はポストの中にたまっていた手紙をバッグに詰め込むと、自分は“天国への郵便配達人”だと話した。ハナは天国への郵便配達の仕事を手伝うことになり、仕事を通じて、嘘でも人の心を癒すことができたハナは、なんとも言えない満足感を感じていく。次第に惹かれあっていくふたり。だが、別れの時は迫っていた・・・。

日本の人気脚本家がオリジナル作品を書き、韓国の人気俳優・監督で製作する日韓共同ドラマプロジェクト「テレシネマ7」の一作。

両親、夫、恋人、友人、子供、、、、。亡くなった人たちを忘れることができない人々が天国の彼らに送る手紙をしたため、野原の真ん中にある赤いポストに入れる。すると、それは天国へと届くというのです。その天国への郵便配達人ジェジュン。

ある日、死んだ恋人へ恨み辛みを書き連ねた手紙があり、その手紙を書いて女性・ハナと偶然出会います。「お前なんか死んじゃえ」そう書かれてもいました。もう死んでるって。でも、それだってその人の想いの表現方法だとは思いますが。ジェジュンは、説教しているうちに、ハナに仕事を手伝わないかと誘います。

仕事の内容とは、天国への手紙を読み、愛する人に先立たれて、立ち直れない人たちの手助けをするということでした。ハナの最初の仕事は、妻の死を嘆く老人の心を癒やすことでした。死者と残された人々をつなぐ姿を見ながら、仕事を続けるハナは、恋人を失った心が、次第に癒されていくのでした。しかし、・・・。

伏線がしっかりしていて、アリバイ工作屋や、妻に先立たれた老人等が、見事に物語の味になっています。そして、何より、ふたりの関係が台詞により繋がれていき、ラストシーンへと紡がれていく様子が感動的に描かれています。

ズバリ泣き所は、別れのシーン。ふたりで過ごした思い出の場所、写真、すべてが幻だったかのように消えていく。後悔だけが雨となって降り続くのでした。

ハナを癒した自称天使のジェジュン。実は癒されていたのは、彼自身だったのかもしれません。そして、生きることにさえ慈しみを感じられるようになっていったジェジュン。人生は後悔の連続かもしれません。伝えたいことがあっても、言葉にならない。でも、ある日突然、終わってしまうこともあるのです。永遠なんてモノは無いのですから。そんな現実を認めることも大切。後悔の無い人生を歩むためにも、一日一日を大切に生き、伝えたいことがあるのなら、今のうちに伝えるべきなのでしょう。メール全盛の現代ですが、直接言葉にできないことでも、手紙なら気持ちさえも行間に込めることができるのかもしれません。

天国への郵便配達人と言う仕事を通して、心を通わせていく二人を感動的に描きながら、切なく優しい気持ちにさせられるファンタジックラブストーリー。

2010/06/07

nav-u「NV-U35」でカーナビ・デビュー Vol.7

icon icon

以前から、カーナビが欲しいなあとは思っていましたが、なかなか購入には至りませんでした。レンタカーや知人の車についているカーナビを見て、プリウスくんで遠出したときにはあると便利だし、おもしろいなあとは思っていました。今のプリウスくん購入時にも純正のカーナビシステムがあったのですが、そのときには、それ程欲しいとは思わなかったのです。そもそも道路地図を見て走れば、何とかなると思っていましたから。

と言うことで、ソニーのカーナビ「ナブ・ユー/nav-u icon」、パーソナルナビゲーションシステム「NV-U35」をソニースタイルにて購入しました。一番コンパクトなタイプで、画面サイズ3.5v 型、外形寸法(mm)は、約 幅112×高さ79×奥行17.8、質量は、 約176g。吸盤取り付け式で、複数台で使用できますし、取り外して、自転車や徒歩でのナビにも活用できます。

先日、ソニーから「パーソナルナビゲーションシステム「NV-U35」 ソフトウェアアップデートのお知らせ」のメールが来ました。「このたび、パーソナルナビゲーションシステム「NV-U35」について、動作改善をおこなうための本体ソフトウェアアップデートをご案内いたします。」と言うことでした。

『本体ファームウェアのバージョンが「1.00□□」』で該当と言うことだったので、念のため、バージョン情報を確認します。「メニュー」→「設定」タブ→「設定」→「システム設定」→「バージョン情報」で確認しますと、ばっちり該当していました。

今回のアップデートで改善される内容は、

・充電が正常に完了した場合であっても、充電ランプが緑色に変わらない。
・電池残量がある場合でも「バッテリー残量が低下しています。電源を接続して下さい。」のメッセージが表示される。

と言うことでした。確かに、このようなことがまれに起きます。以前発生した、充電できなくなると言う状況も改善されると良いのですが。淡い期待を込めてアップデート開始です。

アップデート方法は、「NV-U35」本体とパソコンと接続し、PCアプリケーション「nav-uツール」を起動することによって、自動的に実行されます。「nav-uツール」とは、”nav-u”本体のファームウェアの更新などをおこなうための”nav-u”シリーズ専用のソフトウェアになります。

必要なものは、

1. 付属のACアダプターとUSBケーブル
2. インターネットに接続されたWindowsパソコン

になります。

まずは、NV-U35用のPCアプリケーション「nav-uツール」をダウンロードし、解凍し、インストールを実行します。インストールが完了したら、さっそく更新作業スタートです。

本体とパソコンをUSBケーブルで接続します。 その際、本体にはACアダプター接続しておきます。本体の電源を入れます。 「nav-uツール」を起動し、起動画面から、「アップデート」を選択します。画面の指示に従い、「今すぐアップデート」をクリックすれば、アップデートが開始。

この画面が表示されなければ、”nav-u”本体とPCがUSBケーブルで接続されている事を確認のうえ、PCアプリケーション「nav-uツール」の「ヘルプ」→「アップデートを確認する」を選択し、左の画面を表示させてください。   ソフトウェアのダウンロードが開始されます。   ダウンロードが完了すると、ファイルが自動的に”nav-u”本体へ転送され、アップデートを開始します。

ソフトウェアアップデートデータがダウンロードされ、自動的に本体に転送が開始されます。その後、本体のアップデートが開始され、終了。10分ほどでしたでしょうか。無事完了です。タスクトレイの[ハードウェアの安全な取り外し]で、本体とパソコンの接続を終了します。これで「ソフトウェアアップデート」は完了となります。

本体のバージョンを確認すると「1.01fw」となっていました。本体が小さく、持ち運びができ、パソコンとの接続も容易ですから、ソフトウェアのバージョンアップもカンタンにできるというのは、良いモノです。これで、電源関係のトラブルが減ると良いのですが、どうなりますか。期待度50%くらいで、使ってみようと思います。(つづく)

2010/06/05

2010ワールドカップグループリーグ試合日程

2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会が1週間後に迫って参りました。2002年の韓国日本での開催時は、時差もなく良い時間で観戦できましたが、南アフリカ大会は、ドイツ大会同様、時差がありますから、なかなか良い時間とは言いづらい時間帯での試合になりそうです。

ということで、マイツールを使って、グループリーグの試合日程を作ってみました。データは48試合分ありますから、まだまだありますが、鑑賞予定のデータを、SH命令で検索した結果となります。

Wcup2010

今回は、日本時間を見ると20:30、23:00、3:30キックオフとなります。日中、どうしても情報が入ってきてしまうので、なるべく、リアルタイムに近い時間で見たいのですが、早寝早起きの私としては、23:00以降の試合は、朝起きて観るようになりますので、すべて録画することになります。

NHK総合での生放送が基本で、BS-1では再放送があります。その他、民放地上波、民放BSデジタル、WOWOWでも放送がある試合もあります。特に日本代表戦は複数のチャンネルでの放送が予定されています。

今回、一番の問題は、前回のドイツ大会ではNHKで全試合放送があったのに対し、今回はNHKで放送予定のない試合が結構あることです。グループリーグ全48試合中、見たいと思った試合は28試合ありましたが、放送がある試合は18試合しかありませんでした。

スペイン、ブラジル、アルゼンチン、イタリアの試合はぜひみたいところですが、それぞれ3試合中、スペインの2試合を始め、1試合ずつ放送がありません。非常に残念です。もちろん、スカパー!では決勝トーナメントを含めて全64試合の放送がありますが、スカパー!用のアンテナの無い我が家では、全く鑑賞ができません。これだけで、アンテナを設置して、スカパー!に加入するというのも難しいですから、諦めるとします。

一部見られない試合もあり、残念ではありますが、このご時世仕方がないのかもしれません。グループリーグは仕方がないとも言えますが、3位決定戦も放送予定が無いのはいかがなモノか。決勝戦に勝るとも劣らないカードになると想像されますから、今からでも、何とかならないのでしょうか?無理ですかねえ。

昨日、初戦の相手カメルーンを想定したコートジボワール戦で、大敗した日本代表。結局、直前の強化試合3試合で3連敗という結果でしたが、本番はどうなりますか。日本代表グループEの初戦カメルーン戦は、6月14日、23:00キックオフ。先日のポルトガルVSカメルーンの強化試合では、エトーが早々にレッドカードで退場で、消化不良でしたが、日本代表はエトーをどこまで押さえられるかが課題になってくるでしょう。

まもなく2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会が開幕です。今回も、HDDレコーダー頼みの鑑賞となりますが、体制は万全ですから、大活躍してもらうとします。いよいよ、4年に一度のビッグイベント、夢の饗宴、ワールドカップの開幕です。わくわくどきどきの1ヶ月間が始まります。楽しみです。

2010/06/04

「(500)日のサマー」鑑賞

先日、「(500)日のサマー 」を観てきました。マーク・ウェブ監督作品。出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット(「セントアンナの奇跡」)、ゾーイ・デシャネル(「ハプニング」)、ジェフリー・エアンド、マシュー・グレイ・ガブラー、クロエ・グレース・モレッツ、クラーク・グレッグ他。

グリーティングカード会社で働くトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、新入りのサマー(ゾーイ・デシャネル)に一目惚れ。ある日、好きな音楽をきっかけに意気投合し、いいムードになった二人。そんな中、トムはサマーに「彼氏はいるの?」と聞くと、「誰かのモノになるの嫌」だという。それでも、親友であれば良いと言うサマーとトムは、恋人同士のようにつきあっていくのだが・・・。

ちょっと変わった女の子・サマーと、そんな彼女に惹かれていくトムの500日間の物語。500日を行ったり来たりしながら物語は展開します。(○日目)と表示されるのですが、その下には、スケッチ風の町並みが描かれています。ふたりの少し奇妙な関係でも、良いときもあれば、悪いときもある。悪いときなどは、町並みも薄暗く、陰気な雰囲気になります。

反面、良いときは、花は咲き乱れ、明るい色合いになります。街を歩けば、誰もが笑いかけ、誰もが祝福してくれます。そして、歌い踊り出したくなる。そんな舞い上がったような気分の時、きっとふたりが出会ったのは運命だったんだと思い込んでしまうのです。

ちょっと奇妙な友達関係ではありましたが、一緒にいられるだけで幸せだったトム。いつしか、それ以上の関係を要求するようになります。そのことが、ふたりの関係を壊してしまった訳では無いのですが、次第にギクシャクした関係になっていきます。ふたりは、このまま、別れてしまうのか?運命とは?愛とは?いったい何なのでしょうか。トムは悩みます。そして、一念発起。忘れかけていた自分の夢を、思い起こします。

人生には運命などなく、すべてが偶然でできあがっている。それでも、その偶然を、自分の意志でたぐり寄せることが、人世にとっては必要なことなんだと思えてきます。

運命の恋を信じる男性と、キュートだけれど、運命を信じず、独自の恋愛観を持つ女性が繰り広げる、ちょっぴりほろ苦くてユニークな恋愛コメディー。

2010/06/03

ユナイテッドシネマ「CLUB-SPICE」のお得な?サービス開始

2010年6月1日よりユナイテッドシネマ「CLUB-SPICE」で新サービスが始まりました。

新潟市内にある4つのシネコン(シネマコンプレックス・複合映画館)のうち、私がホームグラウンドと称しているのが、「ユナイテッド・シネマ新潟」です。最近では、他シネコンの鑑賞本数が増え、やや減りつつはありますが、設備等の充実度、会員制度を鑑みてもいまだに、新潟市内では一番ではないかと思っています。

その、ユナイテッドシネマの会員制度「CLUB-SPICE」のサービスが変更になりました。加入すれば鑑賞料金の会員割引(300円)があり、有料鑑賞1本につき1ポイントが付与され、6ポイント貯まると、1本無料鑑賞が出来る(有効期間有り)という、従来通りのサービスはそのままに、さらに新サービスが加わりました。

メールアドレス登録者限定で、「2ポイント交換で1,000円鑑賞」できるというモノです。2Pと引き替えに1000円で1本鑑賞できるようになりました。これがお得だというのです。

会員になりますと大人は正規料金より300円引きですから、1本あたり1500円となり、鑑賞するごとに1P付与されます。と言うことは2本観れば、「2ポイントで1,000円鑑賞」チケットが使えますから、1500円×2本+1000円(2P)=4000円で3本鑑賞することができると言うことになります。すると1本あたり、約1333円。

従来からのサービス「6ポイントで1本無料鑑賞」の場合は、1500円×6本+0円(6P)=9000円で、7本鑑賞になります。そうすると1本あたり、約1285円。こちらの方がお得です。

確かに、クラブスパイスの有効期限は1年間ですから、あまり本数を観ないで、期限後の更新を考えていない方の場合は、2ポイントで1000円鑑賞も良いと言うことになるのでしょう。が、ある程度、本数を多く観る場合は、無料鑑賞の方がお得と言うことになるのです。私の思い違いかもしれませんが、「新サービスの方がお得ですよ!」という感じがして、混同しやすい表現のように思いました。まあ、どちらを利用するかは会員次第ですけどね。

各種割引サービスも従来通りの、レイトショー(20:00以降の回1200円)、レディースデー毎週金曜日女性1000円、メンズデー毎週月曜日男性1000円、シネマ感謝デー毎月14日、映画の日毎月1日1000円等があります。従来のサービスに加えて、サービス変更により、毎週月曜日は会員デーとなり会員のみ1000円になりました。これは、メンズデーと重複しますので、あまりありがたいモノではありません。

パソコンや携帯電話から映画館の鑑賞チケットが取れるサービス「U-ONLINE(ユナイテッドシネマオンラインチケッティング)」も健在で、利用手数料が無料になり、クレジットカードが自由に選べるようになりました(2010年3月より)。

とにもかくにも、指定席がカンタンに取れたり、メンズデーがあったり、映画館全体のサービス全般が気に入っていますので、私のホームグラウンドであることは間違いありませんから、今後も利用させてもらうことにします。「2ポイント交換で1,000円鑑賞」は利用しないと思いますが。

ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト

2010/06/02

「レギオン」鑑賞

先日、「レギオン」を観てきました。スコット・スチュアート監督作品。出演:ポール・ベタニー(「ヴィクトリア女王世紀の愛」「ダ・ヴィンチ・コード」)、デニス・クエイド(「G.I.ジョー」「バンテージ・ポイント」)、ルーカス・ブラック(「ワイルド・スピードX3」)、ケイト・ウォルシュ他。

砂漠の中のダイナーで働くチャーリー(エイドリアンヌ・パキンヌ)は、父親不明の子どもを妊娠していた。ある日、ダイナーに一人の老婆が現れ、突如チャーリーに襲いかかるが、なんとか難を逃れることができた。次第に、不可思議なことが起こり始める。その後、ダイナーにミカエル(ポール・ベタニー)と名乗る男が現れ、信じられないようなことを告げる。人類を滅ぼそうという神の命令に背き、“人類最期の希望”であるチャーリーの子どもを守るためにやって来た天使だというのだ。そして、怪物と化した人間が次々と襲いかかるが・・・。

予告編も見たことが無く、前情報が全くない状態で鑑賞しましたので、登場人物と同じように驚き、戸惑うばかりでした。地上に降りた大天使ミカエル。しかし、自らの手で翼を切り落とし、重火器を奪い、天界へと宣戦布告?いったい何が、始まろうとしているのか?

そして、砂漠のダイナー。店主のボブ(デニス・クエイド)、その息子ジープ(ルーカス・ブラック)、その恋人?チャーリー。自動車が壊れ、修理を待つ家族、道に迷った男。物語は、ほぼ全編、ダイナーを舞台に描かれます。そこに現れるミカエル。敵が襲ってくると言う。それも神の命令で、人類を滅ぼすために。

人間は怪物と化し操られるままに、チャーリーを狙います。歯をむき出して襲いかかる老婆や、手足が伸びるアイスクリーム売り、ゾンビのような人々。ダイナーに居合わせた人々はミカエルを信じるしか無く、応戦しますが・・・。人類VS神の戦争が始まった。人類の見方は地上に降りた元天使一人。人類の未来の救世主となるチャーリーのお腹の子を守りきることはできるのか?

人類の行いに、ほとほとあきれ果てた神。2度目の人類抹殺を命じます。リセットです。しかし、ミカエルは人間を信じたい。しかし、ミカエルはなぜ、あんなに重火器の扱いに詳しく、使えるのか?ずっと人類を見守っていたから、知識があるのか?肉弾戦に関しては、もう一人の天使・ガブリエルの動きを見れば、ミカエルもできて良いようには思いますが、全体にちょっと説明不足のような気がします。納得できないのでリアル感が損なわれているような気がしました。

音楽は、合唱を多用した荘厳な雰囲気ではありますが、短い音符は緊迫感を煽っています。突然聞こえる、遠吠えのような響きのパイプオルガンか弦楽器かチューバらしき重低音は、ヒリヒリという恐怖感を醸し出します。これは、BGMではなく、実際に劇中の音のようですが。

登場人物は、それぞれに過去を持ち、偶然ダイナーに居合わせただけなのですが、困難に立ち向かっていきながらも、その過去を吐露しあいます。その中で、ミカエルはジープの過去を言い当て、だからこそ人間を信じたいのだと告げます。しかし、自分に自信のない、弱気なジープ。英雄になるのは難しいが、できることを確実にやることが大切なのだと気づきます。そして、信じることも。

宗教的イメージの強い本作ですが、知識が無くても十分に楽しめる作品になっています。人類に祝福を与えるはずの神と天使が、人類を滅ぼすために襲いかかってくるという、常識を覆した状況を描くアクション・スリラー。

2010/06/01

今日から6月 クールビズスタート

今日から6月。今年の春先からの気候は、ちょっとおかしくて、暦の上では春なのに、肌寒い日が幾日もありました。自宅や職場でも、つい先日まで、朝夕の寒い時間帯には暖房を使う日もありました。これでは、夏はまだ先だなあと思っているうちに、今日から6月。当社でもクールビズがスタートです。

「COOL BIZ(クール・ビズ)」とは、温室効果ガス削減のために、夏のエアコンの温度設定を28℃にし、そんなオフィスでも快適に過ごすためために、ノーネクタイ、ノー上着等で、職場では軽装としようという、エコ運動の一つです。

2005年から始められたこの運動も、年々普及が進んでいるようで、当社でもようやくスタートできるようになりました。昨年、社長が交代したこともあり、社長自らの提案により、今年から実施となりました。

確かに、ここ数年、夏場はどこへ行ってもノーネクタイ、ノー上着が定着していて、真夏の暑い時期にネクタイをしていると、首元が暑く、汗が噴き出してくるのがわかります。おまけに、プリウスくんで走行中は、エアコンをほとんど使いませんから、なおさら暑いのです。ネクタイをした状態で、28度設定のオフィスを訪ねると、そりゃあ暑いこと。恨めしさも倍増したモノでした。

実施期間は6月1日から9月30日までとなっています。が、衣替えの6月を迎えても、朝夕はまだまだ肌寒いです。ノーネクタイは良いですが、ノー上着は通勤時、ちょっと寒いようです。仕事帰りに映画館へ行くことの多い私としては、映画館の寒さもちょっとこたえますので、しばらくは上着だけは着用しようかと思っています。

ようやく当社でも、クールビズが取り入れられ、世間並みに追いついたようです。とはいえ、安普請の社屋ですから、エアコンの設定温度が28度となると暑くて堪らないかもしれません。そこが問題です。(^-^;

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ