« テレシネマ7「トライアングル」鑑賞 | トップページ | ワールドカップを観よう!2010 Vol.5 »

2010/06/21

「アイアンマン2」鑑賞

先日、「アイアンマン2」を観てきました。ジョン・ファヴロー監督作品。出演:ロバート・ダウニー・Jr.(「シャーロック・ホームズ」「路上のソリスト」)、スカーレット・ヨハンソン(「それでも恋するバルセロナ」「ブーリン家の姉妹」)、ドン・チードル(「再会の街で」「ホテル・ルワンダ」)、ミッキー・ローク(「レスラー」)、グウィネス・パルトロウ、サム・ロックウェル、サミュエル・L・ジャクソン他。

自ら開発したパワード・スーツを身にまとい、いくつもの戦いを経て、メディアの前で自らが“アイアンマン”であることを明かしたトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)。パワード・スーツの受け渡しを国家から命じられるが、トニーはこれを拒否したため、査問会へ出頭を命じられる。そんなトニーに対抗心を燃やすウィップラッシュ(ミッキー・ローク)は、アイアンマンと同様の破壊力を身に付け、モナコGPに出場したトニーの前に現れる。彼の目的とはいったい・・・。そして、謎の美人秘書・ナタリー(スカーレット・ヨハンソン)の正体とは・・・。

自ら“アイアンマン”であることを明かしたトニー・スターク。時の人となり、さらなる注目を浴びます。それを苦々しい思いで見つめるウィップラッシュ。恨みがあるかのよう。そして、開発した兵器・エレクトリック・デス・ウィップを手に、トニーに迫ります。

CEOであることうに嫌気がさしたトニーは秘書であったペッパーに、CEOの座をあっさりと譲ります。そして、美人秘書・ナタリーが現れますが、なにかを探るような行動が見受けられますが、敵か味方か?

天狗になったトニーに対して腹立たしい思いを持っている旧友のローズ(ドン・チードル)。ついには、アイアンマン・マーク2を奪い、トニーのマーク4と大げんか。そして、米軍に接収。新たな兵器を武装して、脅威に挑みますが・・・。

ライバル会社のハマー(サム・ロックウェル)は、トニーに対て敵意をむき出しにし、対抗。囚われのウィップラッシュを奪取。経済的に支援し、アイアンマンを倒すべく、新兵器の開発を急ぎます。

そして、クライマックス。大迫力の決戦が始まります。アイアンマンは、無人機“ドローン”の大群とどう戦うのか?リアクターの影響で、むしばまれていくトニーの身体。死の恐怖に打ち勝ち、活路を見いだすことは出来るのか?

普段は普通の人間と同じ能力しか持たない科学者兼経営者のトニー・スタークが、自らが開発したパワードスーツ“アイアンマン”を身にまとい、様々な脅威と戦うヒーロー・アクション。映像はさらにリアルに、さらに迫力を増して帰ってきた。エンドロールの後には前作同様、次作に繋がるであろう重要な伏線がありますので、すぐに席を立たないように。

« テレシネマ7「トライアングル」鑑賞 | トップページ | ワールドカップを観よう!2010 Vol.5 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/48665588

この記事へのトラックバック一覧です: 「アイアンマン2」鑑賞:

« テレシネマ7「トライアングル」鑑賞 | トップページ | ワールドカップを観よう!2010 Vol.5 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ