« 「アデル/ファラオと復活の秘薬」鑑賞 | トップページ | ワールドカップを観よう!2010 Vol.10 »

2010/07/07

ワールドカップを観よう!2010 Vol.9

4年に1度の夢の祭典、2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会。連日熱戦が繰り広げられています。

鑑賞したのは、

61   7月7日    水     3:30   準決勝  ウルグアイ VS オランダ        NHK

です。準決勝と言うことで、意地と意地とのぶつかり、国の威信をかけての戦いは、実に見応えのある試合でした。

前半、お互いのかけひきを続けながらも、引くこともなく、攻撃が続きます。18分、オランダのファン・ブロンクホルストがロングシュートを決めて先制ゴール!意表を突いたシュートで、GKも準備が足りませんでしたが、それにしてもコースが良かった。あれはとれません。

試合巧者のウルグアイ、オランダにボールをキープさせ、決定打を打たせません。しかし、スアレスを前の試合でのレッドカードによる出場停止で欠くウルグアイも、フォルランにボールを集めますが、オランダの厳しいチェックに阻まれます。41分、フォルランが一瞬のすきを突いて強烈なシュートで同点ゴール!1-1で前半を折り返します。

後半に入ると、前がかりになったウルグアイに対して、オランダが本領を発揮し始めます。25分にスナイデルが、28分にはロッベンがゴールを上げ、突き放します。さすがオランダの攻撃力でした。ケガから復帰のロッベンの調子が上がっているのもありますが、やはりスナイデルがきいています。また、後半から出場のファン・デル・ファールトが入ったことにより、攻撃により厚みが出ました。

ロスタイムにウルグアイのM・ペレイラがゴールを上げ、1点差に追いあげましたが、時すでに遅く、タイムアップ。3-2でオランダの勝利となりました。

オランダは、1978年のアルゼンチン大会以来となる決勝進出を果たしました。敗れたウルグアイは3位決定戦へ。ウルグアイは、FWスアレスの欠場が響いたと言う結果になりました。

次は、準決勝の第2試合。

62   7月8日    木     3:30   準決勝      ドイツ VS スペイン        日テレ

こちらも好カード。若い年代と、少し上のベテランが融合した力のドイツ。華麗なパスサッカーのスペイン。互いにどういう戦いをイメージしてくるのか楽しみな一戦です。そして、このドイツVSスペインの勝者が優勝という感じはありますが、オランダの勢い、爆発的な攻撃力は脅威です。残り3試合。大詰めです。

« 「アデル/ファラオと復活の秘薬」鑑賞 | トップページ | ワールドカップを観よう!2010 Vol.10 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップを観よう!2010 Vol.9:

« 「アデル/ファラオと復活の秘薬」鑑賞 | トップページ | ワールドカップを観よう!2010 Vol.10 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ