« 最近のオンラインDVDレンタル2010 | トップページ | FNSの日26時間テレビ2010「超笑顔パレード 絆~爆笑!お台場合宿!!」 »

2010/07/21

「マイ・ブラザー」鑑賞

先日、「マイ・ブラザー」を観てきました。ジム・シェリダン監督作品。出演:トビー・マグワイア(「スパイダーマン」シリーズ)、ジェイク・ギレンホール(「プリンス・オブ・ペルシャ」「ゾディアック」)、ナタリー・ポートマン(「ブーリン家の姉妹」「宮廷画家ゴヤは見た」)、サム・シェパード他。

海兵隊員のサム(トビー・マグワイア)は、よき夫でよき父だった。弟トミー(ジェイク・ギレンホール)が出所するのと入れ替わりに、妻のグレース(ナタリー・ポートマン)と二人の娘を残し、アフガニスタンに出征するのだった。しばらくして、グレースのもとにサムの訃報が届く。悲しみに沈むグレースたちを慰めたのは誰でもないトミーだった。彼は兄嫁や姪たちを支える中、次第に打ち解けあい、更生していく。そんなある日、死んだはずのサムが別人のようになって生還するが・・・。

夫サムの留守を守るグレースとその娘たち。弟トミー。その父親とは犬猿の仲。出所したてのトミーに嫌みを言い、常に喧嘩をしている状態。グレースと娘たちはそんなトミーを嫌っていましたが、次第に打ち解け合っていきます。サムの訃報にうちひしがれる家族。覚悟はしていたとはいえ、そんな日が来てしまったのです。

そんな家族を助け、寂しいだろう娘たちを慰め、勇気づけ、悲しみを少しでも和らげようとするトミー。グレースはサムの遺言を受け取りますが、読むことが出来ません。亡くなったという現実感がなかったのです。

戦場では、ヘリコプターを撃墜され、1名の兵士と共に囚われの身となったサムがいました。これが戦場の現実なのか。精神的に追い詰められていくサム。残された家族と囚われのトミーの様子が交互に描かれていきますが、そのギャップが悲しみをさらに加速していきます。しかし、生き抜き、生還することが兵士の努め。そして、最後の決断を、執拗に迫られる時が来るのでした。

帰還後、過酷な捕虜体験のために心が壊れてしまった兄・サム。弟・トミーと妻の不貞をしつこく疑うサム。鬼気迫る演技が圧巻です。

人生に確かなものなど何もなく、唯一確かなものは愛だけなのかもしれません。狂気の世界、戦争がもたらす心の傷。それを癒すことが出来るのは、家族の絆だけなのでしょうか。“ある秘密”を抱えた帰還兵士とその妻、そして鼻つまみ者の弟を中心に、家族の崩壊と再生を描いた感動作。

« 最近のオンラインDVDレンタル2010 | トップページ | FNSの日26時間テレビ2010「超笑顔パレード 絆~爆笑!お台場合宿!!」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/48925289

この記事へのトラックバック一覧です: 「マイ・ブラザー」鑑賞:

« 最近のオンラインDVDレンタル2010 | トップページ | FNSの日26時間テレビ2010「超笑顔パレード 絆~爆笑!お台場合宿!!」 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ