« 「ゾンビランド」鑑賞 | トップページ | 10台目のHDDレコーダー BDZ-RX55 »

2010/10/02

リーガエスパニョーラ10-11シーズン第4節

2010年8月28日(日本時間29日)、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ10-11シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは驚異的な強さでバルセロナが優勝を果たして2連覇を達成して幕を閉じました。今年は、スペイン代表のエース・ビジャを獲得し、さらに攻撃力を増したバルセロナの快進撃が続くのか?それとも、C・ロナウド、カカを有する、レアル・マドリードが3連覇を阻むのか?今シーズンも目が離せません。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリードの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョン、リピートもあり。第4節は以下の2試合を鑑賞しました。

バルセロナ ‐ S・ヒホン
R・マドリード ‐ エスパニョール

バルセロナはホームでスポルティング・ヒホン戦。前節の足首の負傷で、メッシを欠くバルセロナ。試合はバルセロナペース。決定機は多いものの、シュートを決めきれず、得点出来ないバルセロナ。メッシ不在はおおきいのか?と思っていると後半。4分、右サイドでボールを持ったダニエウ・アウヴェスがスルーパス。パスを受けたビジャが、相手GKの動きを見極め、先制ゴール!このゴールでさらにペースを上げるのかと思いきや、その後もあまり良いところが無く、1‐0のまま試合終了。

レアル・マドリードはホームでエスパニョール戦。気合いの入っているエスパニョールという感じの試合展開。ところが先制したのは、レアルでした。前半28分、クリスティアーノ・ロナウドがフリーキックを蹴ると、これが壁に当たりハンドの判定でPKを獲得し、これをC・ロナウドがきっちり決め先制。後半に入ってDFペペが退場処分となった、R・マドリード。が、後半34分にはイグアイン、試合終了間際には途中出場のベンゼマがゴールをあげ、3‐0で快勝。

バルセロナはメッシを欠き、攻撃にバリエーションが少なくなったのか、攻撃に苦労した試合でした。レアルは、ようやく攻撃陣がかみ合い始め、調子が上がってきました。そして、首位に立ったレアル。やはり、メッシの抜けた穴はおおきいのか?それでも勝つのが常勝チームなのでしょうが。第5節は、2010年9月25,26日(現地時間)。

« 「ゾンビランド」鑑賞 | トップページ | 10台目のHDDレコーダー BDZ-RX55 »

サッカー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/49575136

この記事へのトラックバック一覧です: リーガエスパニョーラ10-11シーズン第4節:

« 「ゾンビランド」鑑賞 | トップページ | 10台目のHDDレコーダー BDZ-RX55 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ