« 10台目のHDDレコーダー BDZ-RX55 | トップページ | 10台目のHDDレコーダー BDZ-RX55 その2 »

2010/10/05

リーガエスパニョーラ10-11シーズン第5節

2010年8月28日(日本時間29日)、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ10-11シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは驚異的な強さでバルセロナが優勝を果たして2連覇を達成して幕を閉じました。今年は、スペイン代表のエース・ビジャを獲得し、さらに攻撃力を増したバルセロナの快進撃が続くのか?それとも、C・ロナウド、カカを有する、レアル・マドリードが3連覇を阻むのか?今シーズンも目が離せません。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリードの試合を中心に毎節5試合を放送。生放送、ハイビジョン、リピートもあり。第5節は以下の2試合を鑑賞しました。

ビルバオ ‐ バルセロナ
レバンテ ‐ R・マドリード

バルセロナはアウェイでビルバオ戦。雨の降るコンディションの悪い中行われた試合でしたが、バルセロナは立ち上がりから、チャンスを量産します。前半34分、ビルバオに退場者が出て、バルセロナは数的のも優位に立ちます。チャンスは多くあったモノの、バルセロナは得点できず0-0のまま、前半を折り返します。

後半9分、ゴール前でのパス回しから抜け出したセイドゥ・ケイタが流し込み先制ゴール!後半28分、シャビがミドルシュートを決め、点差を広げます。ビルバオも1点を返し、反撃に出ますが、後半ロスタイムにセルヒオ・ブスケツのゴールで勝負あり。3-1でバルセロナが勝利しました。が、ビジャが後半42分にレッドカードで一発退場。メッシを欠いている現状で、これは痛い。次節はどんなメンバーで挑むのか?

レアル・マドリードはアウェイでレバンテ戦。レアルが試合の主導権を握っているかのようですが、レバンテの気合いの入った守備、攻撃にあい、苦戦を強いられます。イグアイン、クリスティアーノ・ロナウドらが決定機を作り出すモノの拙攻と言わざるを得ないような攻撃に、得点には結びつけられません。後半、ベンゼマ、ペドロ・レオンを投入し、さらに攻撃力アップを図りますが、それでもゴールは遠かった。0-0のまま試合終了。

前節まで首位だったレアル・マドリードでしたが、決定力不足が響き、痛いドローとなってしまいました。勝ち点1をあげたモノの、4位に後退。バルセロナは危なげなく勝利をあげはしましたが、ビジャの一発退場により、次節は欠場が決定。メッシの復帰が待たれます。第6節は、2010年10月2,3日(現地時間)。

« 10台目のHDDレコーダー BDZ-RX55 | トップページ | 10台目のHDDレコーダー BDZ-RX55 その2 »

サッカー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/49653370

この記事へのトラックバック一覧です: リーガエスパニョーラ10-11シーズン第5節:

« 10台目のHDDレコーダー BDZ-RX55 | トップページ | 10台目のHDDレコーダー BDZ-RX55 その2 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ