« 「ヤギと男と男と壁と」鑑賞 | トップページ | ホンダ「フィットハイブリッド」試乗体験記その4 »

2010/10/20

「ニューヨーク,アイラブユー」鑑賞

先日、「ニューヨーク,アイラブユー」を観てきました。ファティ・アキン、イヴァン・アタル、岩井俊二ほか。出演:オーランド・ブルーム、クリスティーナ・リッチ、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセン、アンディ・ガルシア、イーサン・ホーク他。

一枚上手の相手の登場に調子を狂わされるスリの青年、ダイヤモンド街で商人に打ち明け話をする挙式を控えた若いユダヤ人女性、引きこもりの作曲家、プロムに胸をときめかせる高校生、行きずりの関係にのめり込む男女、思い出のホテルを尋ねる元オペラ歌手、街角で口説き文句を披露する作家、最後のミューズを追い求める老画家。街の至る所でカメラを回し続けるビデオアーティスト。ニューヨークの片隅で繰り広げられる恋愛模様。

大都会ニューヨークを舞台にしたオムニバス形式のラブストーリー。天に向かってそびえる摩天楼の狭間を多くの人々が行き交い、そこには数限りない出会いと別れがあります。雑多な人種に満ち、文化の違いにより起こる悲喜交々が溢れています。そんなある日常の、ほんのわずかな一瞬を複数の監督が、それぞれの役者と組み、愛の物語を紡いでくれました。

一見、関連のないストーリーのようですが、登場人物がどこかですれ違っていたりして、微妙に関係を持っています。オムニバス形式のようではありますが、サブタイトルが入ることはなく、有機的に一つの物語として繋がっています。そして、最終的には、ビデオアーティストの映像によって一つの物語としてまとめ上げられているようではありました。

中でも、あるホテルで起こる、ボーイと元オペラ歌手の時を越えた幻想的な物語や、チャイナタウンで起こるある画家と中国人女性の物語、63回目の結婚記念日を迎える老夫婦に起こる出来事なんかはお気に入りです。

ほのぼのとした物語や、幻想的なロマンス、情熱的な愛の物語と、混沌とした街ニューヨークだからこそ、起こりうるような数々のストーリーに、最後はさわやかな感動を味わえる作品になっています。ニューヨークを愛するハリウッドスターによるラブ・アンサンブル・ムービー。都会は驚きに満ちている。

« 「ヤギと男と男と壁と」鑑賞 | トップページ | ホンダ「フィットハイブリッド」試乗体験記その4 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/49793590

この記事へのトラックバック一覧です: 「ニューヨーク,アイラブユー」鑑賞:

« 「ヤギと男と男と壁と」鑑賞 | トップページ | ホンダ「フィットハイブリッド」試乗体験記その4 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ