« 「終着駅-トルストイ最後の旅-」鑑賞 | トップページ | 株主総会終わる »

2010/11/16

リーガエスパニョーラ10-11シーズン第10節

2010年8月28日(日本時間29日)、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ10-11シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは驚異的な強さでバルセロナが優勝を果たして2連覇を達成して幕を閉じました。今年は、スペイン代表のエース・ビジャを獲得し、さらに攻撃力を増したバルセロナの快進撃が続くのか?それとも、C・ロナウド、カカを有する、レアル・マドリードが3連覇を阻むのか?今シーズンも目が離せません。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリードの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョン、リピートもあり。第10節は以下の2試合を鑑賞しました。

ヘタフェ ‐ バルセロナ
R・マドリード ‐ A・マドリード

バルセロナはアウェイでヘタフェ戦。圧倒的なボール支配率で攻めまくるのはバルセロナ。前半22分、ビジャからのスルーパスを受けたメッシがネットを揺らし先制ゴール!32分には、今度はメッシのスルーパスに反応したビジャがシュートを決め2点目を挙げます。後半19分、相手守備陣のミスをついてペドロが追加点を決め3-0。これで勝負ありと思っていると、ピケが退場処分となり、何とももったいない。ヘタフェの反撃で1点返されるモノのそのまま試合終了。3-1でバルセロナが勝利しました。

レアル・マドリードは、ホームでアトレティコ・マドリード戦。今季初のマドリード・ダービーにスタジアムは熱狂的。序盤から試合の主導権を握ったのはR・マドリード。前半13分、中盤でボールを奪取したR・カルヴァーリョは、1度前線にボールを預けると、そのままエリア内へ侵入。すると、そこへ抜群のタイミングでスルーパスが供給され、FW顔負けのシュートでネットを揺らし先制ゴール!19分にもエジルの直接フリーキックが綺麗に決まり2-0とします。そのまま2‐0でレアルの勝利となりました。

レアル・マドリードは、ダービーマッチでしたから、もう少し荒れるのかと思っていましたがそれほどでもありませんでした。ホームゲームの場合、判定も少し有利なのか?と思うような場面もありましたが、判定は所詮人間の下すモノですから、ミスジャッジがあってもおかしくはないのでしょう。それもまた時の運。

クラシコ(第13節)が近づいてくると、累積のイエローカードや、直近の試合でのレッドカード、負傷等が気になってきます。主力メンバーはなるべく温存してもらって、クラシコではお互いにベストメンバーが揃うことを望みます。次節は、2010年11月13,14日(現地時間)。

« 「終着駅-トルストイ最後の旅-」鑑賞 | トップページ | 株主総会終わる »

サッカー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/50044144

この記事へのトラックバック一覧です: リーガエスパニョーラ10-11シーズン第10節:

« 「終着駅-トルストイ最後の旅-」鑑賞 | トップページ | 株主総会終わる »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ