« リーガエスパニョーラ10-11シーズン第11節 | トップページ | 「ザ・ロード」鑑賞 »

2010/11/30

2010.11映画鑑賞総括

11月の劇場での映画鑑賞は12本。今年の累計87本。今月はまずまずの本数で推移して、ようやく劇場100本鑑賞が見えてきました。

1102   エクスペンダブルズ
1104   エクリプス/トワイライト・サ―ガ(試写会)
1108   ソウ ザ・ファイナル3D
1110   マチェーテ
1113   終着駅~トルストイ最後の旅~
1117   ミックマック
1119   クレイジーズ
1122   フローズン
1123   ラスト・ソルジャー
1124   レオニー
1126   ハリー・ポッターと死の秘宝PART1
1129   ザ・ロード

今月は、アクション、ドラマ、コメディとバラエティに富んだ作品を見ることが出来ました。

「エクスペンダブルズ」は、豪華アクションスター競演という話題の作品でした。確かにスタローン、シュワルツェネッガー、ブルースの競演には違いありませんでしたが、アクションシーンでの競演ではありませんからねえ。ちょっと物足りないという感じでした。おまけに、スタローンも還暦を超えて、さすがに寄る年波。走るシーンはちょっと辛いという感じもしました。

あいかわらず続編モノが多いです。今月も「トワイライト」「ソウ」「ハリーポッター」とシリーズ作品が目白押しでした。「ソウ」は完結編と言うことですが、今までも毎回これで「ゲームオーバー」と思ってはいても、まだ続くなんてパターンでした。今回も一応の終わりのようでしたが、続けようと思えばまだ行けるという感じでもありました。まだあったりして。(^-^;

「トワイライト」「ハリーポッター」はシリーズ完結に向けて動き出しました。Part1、Part2となるのがまだまだもどかしい。1,2ヶ月の間隔で公開ならいざ知らず、1年近く間が空くのですから、待ちきれないというモノ。と言っても原作小説を読むわけではないのですけどね。

「フローズン」は小品ながら、完成度は高い作品でした。究極の選択が次々と訪れます。それは誰かに求められているモノでは無く、自らに課し、選択しなければいけない。あの時こうしておけば、なんてことは誰しもが思うこと。こっちの選択肢の方が良かったのに、こっちが正解だったか・・・。

客観的に観ていればこうすればいいのになんて思いますが、現実にその場に居合わせたら、おそらく冷静な判断なんて出来ないでしょう。人生は意志決定の連続で、一つ間違えば生命の危機にもなりかねない。そこを上手に見せてくれた作品でした。続編があったりして・・・。

来月12月は、今月始まってまだ観ていない作品を見て、その後は、「ロビンフッド」「トロン レガシー」「バーレスク」と期待作が目白押し。

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」「ノルウェイの森」を観に行くかちょっと悩んでいます。現在、マイツールの予定表に入っている12月の鑑賞予定作品が14本なので、100本達成のためには、この2作も含まれていて、観に行くことになるのです。うーん。「ヤマト」の実写版かあ。昔から観たり、読んだりしている作品には強い思い入れがあって、イメージがついて回りますから、別物として認識出来るかどうかが問題なんですねえ。

とにもかくにも劇場での年間鑑賞100本への道はラストスパートを迎えています。12月は仕事的にも忙しいですから、身体が保つかと言うのも問題にはなるのですが。無理のないように鑑賞することにします。

« リーガエスパニョーラ10-11シーズン第11節 | トップページ | 「ザ・ロード」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/50171112

この記事へのトラックバック一覧です: 2010.11映画鑑賞総括:

« リーガエスパニョーラ10-11シーズン第11節 | トップページ | 「ザ・ロード」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ