« 「マチェーテ」鑑賞 | トップページ | 「イヴの時間 劇場版」私的映画考Vol.230 »

2010/11/12

アップル、iTunes Storeで映画配信を開始

昨日2010年11月11日、アップルは日本のiTunes Storeで映画の販売を開始しました。

今までのiTunes Storeでは、音楽の配信が中心で、映像もありましたが、楽曲のプロモーションビデオ等がほとんどでした。今回の映画作品の配信の開始により、iTunes Storeで購入・レンタルした作品を、iPhoneやiPad、iPod touch、Mac、Windows PC等で楽しめることになります。さらに、小型のセットトップボックス(STB)「Apple TV」も国内で販売を開始、テレビに接続することによって、映画を鑑賞することができます。

映画コンテンツを提供するのは、20世紀フォックス、パラマウント・ピクチャーズ、ウォルト・ディズニー・スタジオ、ワーナー・ブラザース、ユニバーサル・ピクチャーズのハリウッドスタジオ5社と、アスミック・エース・エンターテインメント、フジテレビ、角川映画、日活、松竹、東映といった日本のコンテンツ・パートナー6社で、合計11社。各社から合計1,000本以上の映画が提供されています。

「トイ・ストーリー3」「アリス・イン・ワンダーランド」や、「セックス・アンド・ザ・シティ2」「シャッターアイランド」「NINE」と言った最新作から、「ローマの休日」「野生の証明」等の名作、「ガメラ」「大魔神」といった特撮作品まで幅広くラインナップ。

作品によって、HDかSDの解像度で、レンタル、もしくは購入ができます。 価格も作品によってまちまちで、レンタルは、新作 400~500円、旧作 200~400円、購入は新作 2,000~ 2,500円、準新作 1,500~2,000円、旧作 1,000~2,000円とさまざま。作品によってはレンタルのみや、購入のみもあります。

レンタルの場合、iTunes StoreからiTunesまたはApple TVに、ダウンロードし、ダウンロードした映画は30日以内に見始め、見始めた映画は48時間の視聴期限が設けらます。その間は何度も視聴可能。購入の場合は、ダウンロードしたHD/SD映画を何度も視聴可能となります。

Apple TVは、HDMI出力を装備し、YouTubeビデオや、20万本以上のPodcast、4,000以上のインターネットラジオ局、MobileMeやFlickrからの写真再生ができるほか、音楽、ビデオ、写真をMacやWindows PCからストリーミングできます。

これに似たサービスに、従来からあるアクトビラがありますが、こちらは、テレビで観るのが中心で、携帯音楽プレーヤー等では持ち出すことは出来ませんでした。似て非なるサービスではありますが、幅広いユーザーを獲得するための工夫をしてきているiTunes Storeがどれだけ食い込めるのか?

配信サービスは、幅広いコンテンツをいかに数多く集め、いかに安価に提供できるかが問題なのでしょう。また、ここにしかない映像作品があるというのも、目玉商品になるのでしょう。

現在、ブルーレイビデオは旧作であれば1500~2500円で買えますし、レンタルDVDやブルーレイも旧作100円なんて場合もあります。家で観る分には、それで十分と思いますが、どれだけ、屋外に持ち出すことがあるのか?そこがこのサービスの必要性を問うところなのでしょう。今後の展開を見守りたいと思います。

« 「マチェーテ」鑑賞 | トップページ | 「イヴの時間 劇場版」私的映画考Vol.230 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/50003946

この記事へのトラックバック一覧です: アップル、iTunes Storeで映画配信を開始:

« 「マチェーテ」鑑賞 | トップページ | 「イヴの時間 劇場版」私的映画考Vol.230 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ