« 「フローズン」鑑賞 | トップページ | 「レオニー」鑑賞 »

2010/11/24

「ラスト・ソルジャー」鑑賞

先日、「ラスト・ソルジャー」を観てきました。ディン・シェン監督作品。出演:ジャッキー・チェン(「ダブル・ミッション」「新宿インシデント」)、ワン・リーホン(「ラスト、コーション」)、ユ・スンジュン、ドゥ・ユーミン、リン・ポン他。

中国、戦国時代。“衛”と“梁”、両軍の厳しい戦いが繰り広げられていた。そんな中、死んだふりをしながら戦場を要領よく生き延びてきた梁の兵士(ジャッキー・チェン)は、衛の若き将軍(ワン・リーホン)を運よく捕虜にすることに成功。褒美目当てに将軍を捕虜として連れ帰り、故郷で平和に暮らそうと目論む。こうして戦嫌いの兵士と一国を背負う将軍という正反対な二人の旅が始まった。だが、将軍を暗殺しようとする衛の捜索隊、山賊、異国の民、まで現れ、兵士は将軍を命懸けで守る羽目になってしまう。

相変わらずのジャッキーのユーモラスな動きに笑わせてくれますが、本作ではカンフーはありません。その場にある道具を使った動きや、樹や山の斜面を使ったり、おまけに今回は石投げが得意という設定で、その辺もかなり面白く見せてくれます。ただ、屋内のアクションシーンで、カメラがアクションラインを越え、何をやっているのか分からない場面がありました。

最初は将軍をただの捕虜=金づるのように思っていた兵士でしたが、さまざまな困難を退けていく内に、次第に打ち解け合い奇妙な友情らしきものを感じ始めるのでした。戦国時代でなければ、友人になれていたかもしれない。畑を耕し、牛を飼い、穏やかに過ごせたかもしれない。平和とはいったい何なのか?どうすれば平和は訪れるのか?ときおり、平和の象徴のように現れる雀が悲しい。

ジャッキー・チェンが構想に20年を費やし、原案、主演、製作、武術指導を務めた意欲作。老兵とその捕虜になった敵の将軍との奇想天外な逃走を描くアクション作品。

« 「フローズン」鑑賞 | トップページ | 「レオニー」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/50070234

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラスト・ソルジャー」鑑賞:

« 「フローズン」鑑賞 | トップページ | 「レオニー」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ