« 「ラスト・ソルジャー」鑑賞 | トップページ | SONY電子書籍端末「Reader」発売! »

2010/11/25

「レオニー」鑑賞

先日、「レオニー」を観てきました。松井久子監督作品。出演:エミリー・モーティマー(「シャッター アイランド」)、中村獅童(「レッドクリフ」)、原田美枝子、竹下景子、クリスティーナ・ヘンドリックス、メアリー・ケイ・プレイス、柏原崇、山野海、大地康雄他。

ニューヨーク、20世紀初頭。レオニー(エミリー・モーティマー)は、一人の日本人の青年・野口と出会い、詩人である彼の仕事を手伝い始める。レオニーは彼を愛し、そして妊娠するが、男は一方的に日本へ帰国してしまう。シングルマザーとなった彼女は、子供とともにアメリカと日本の二つの国で、困難な時代を生き抜いていく。日本に渡ったレオニーとイサムと名付けられた子供は、慣れない文化、厳しい生活ながらも懸命に生き抜いていく。そして、イサムは芸術的な才能を開花させていくが・・・。

世界的彫刻家イサム・ノグチの母であるレオニー・ギルモアの波乱に満ちた生涯を描きます。これからは女性も仕事を持って生きる時代と、文学の道に進む夢を持ち、希望に満ちていたレオニーでしたが、社会は厳しかった。そして、運命の出会い。ニューヨークに住む日本人男性・野口。詩人である彼の出版を手伝います。そして、恋に落ちる二人。

しかし、時代が許しませんでした。開戦。外国に住む日本人には厳しい時代でした。野口に妊娠を告げますが、彼は身重のレオニーを置いて帰国。ひとり、出産をします。その間も、出版のための文通は続きます。そして、レオニーを日本に呼び寄せます。何もかもが違う国。女性にはさらに行きにくい時代でした。それも外国人ですから、なおさらでした。

独立心の強いレオニー。野口の元を去り、子どもたちのために家を建てます。その設計をしたのがイサムでした。大工の棟梁との絡みも素晴らしく、彫刻家として大成するイサムの片鱗をにおわせてくれます。さらに戦争は激しさを増していき、成長し、渡米したイサムにも厳しい試練をもたらします。

我が身の不幸を嘆くよりも、潔く運命を引き受け、自分らしく生きていこうと言う強い信念を持ったレオニーの生涯は波乱に満ちていました。平凡でない人生を送ったレオニー。だからこそ、イサムに贈った言葉の数々は、愛に満ち、情熱を持ち、運命にも立ち向かう勇気がこめられていたのでしょう。「芸術は武器であり、芸術には限界も、国境もない。」と言う台詞が印象的。波乱に満ちていたけれども、きっとレオニーの人生は、幸せだったに違いありません。幸せかどうかは、人生が終わってみなければわからないのですから。

困難な時代に自らの意志で人生を切り開く、レオニーの切なくも力強い生涯を描いた感動作。

« 「ラスト・ソルジャー」鑑賞 | トップページ | SONY電子書籍端末「Reader」発売! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/50126014

この記事へのトラックバック一覧です: 「レオニー」鑑賞:

« 「ラスト・ソルジャー」鑑賞 | トップページ | SONY電子書籍端末「Reader」発売! »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ