« 「ソウ ザ・ファイナル 3D」鑑賞 | トップページ | 「マチェーテ」鑑賞 »

2010/11/10

PSP「SDガンダム GGENERATION PORTABLE」その8

以前、4年6ヶ月にも渡ってPSP「機動戦士ガンダム ギレンの野望」シリーズをプレイし続けていました。良くも飽きずにやったモノです。「アクシズの脅威」のメカニック図鑑、キャラクター図鑑のコンプリートを区切りに、卒業しました。そして、次に、始めたのが、PSP「SDガンダム GGENERATION PORTABLE(ジージェネレーション ポータブル)」です。

『機動戦士ガンダム』シリーズに登場するモビルスーツを、頭が大きく手足が短い2頭身で表現したキャラクター「SDガンダム」。そのSDガンダムが繰り広げるウォー・シミュレーションゲームになります。「SDガンダム GGENERATION」シリーズは様々なゲーム機に移植された人気シリーズ。そのPSP(プレイステーション・ポータブル)版が、PSP「SDガンダム GGENERATION PORTABLE」です。

一通りのシナリオをクリアし、コレクションのコンプリートも達成し、現在は、オプションパーツのコンプリートをめざしてプレイ中です。

最近の結果は、「第08MS小隊」、プラチナ2、「0080ポケットの中の戦争」、ゴールド1、「∀ガンダム」、ゴールド3、シルバー1と言う感じ。現在のトータルは、プラチナ12/38、ゴールド15/18となりました。

なかなか遅々として進みません。プラチナを目指してプレイをしていますが、わずかに届かずにゴールドになるならいざ知らず、中にはシルバーが限界なんてステージもあります。今回は一通り、全ステージを再度やってみるつもりでやってはいますが、今回プレイをしてプラチナに届かなかったステージはさらにおプレイし直す予定なので、今回の結果をメモをして残しています。

「惜しかった」とか、「丁寧にやれば大丈夫」だとか、「時間がない」だとか、「ちょっと無理」「かなり無理」とかです。さらにプラチナ達成となるハロポイントも記入しておいて今後の目安にしておこうかと思っています。

プレイする前にこのステージは無理だろうなあと思っていても、丁寧にやってみると案外簡単にポイントが伸びたりする場合もありますし、これは大丈夫だろうと思っていても、シナリオの展開を忘れていて、あっさり終わってしまったりする場合もあります。

とにかく、焦りは禁物で、どんな場合でも初志貫徹。戦術を忘れるべからず。地道な努力が成果を呼ぶのは間違いのないところではあります。

おかげさまで自軍のユニットは撃破されることなく、続けていられます。撃破されるとオプションパーツも失ってしまうので、元の木阿弥。ゴールドやシルバーパーツはほとんど所有しているので、なかなか新しいパーツは手に入りはしませんので、ほとんどが廃棄となってしまいますが、たまに新しいパーツが手に入ると嬉しくなります。第1目標のプラチナ達成が出来なくても、とりあえず新しいパーツがご褒美として手に入るのは良い物です。

とにかく時間が掛かるので、進捗状況は芳しくはありませんが、試行錯誤、素意工夫を重ね、地道にやっていくことにしています。先日、チラと思ったのですが、サイコハロをずらずら並べたら無敵なんだろうなあと。ただ、自軍が強すぎると面白くないかもしれませんが。

オプションパーツコンプリートの道は長く険しいですが、今後も、じっくりとプレイしていきたいと思います。

« 「ソウ ザ・ファイナル 3D」鑑賞 | トップページ | 「マチェーテ」鑑賞 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PSP「SDガンダム GGENERATION PORTABLE」その8:

« 「ソウ ザ・ファイナル 3D」鑑賞 | トップページ | 「マチェーテ」鑑賞 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ