« 「ロビン・フッド」鑑賞 | トップページ | 「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」私的映画考Vol.231 »

2010/12/15

地球一のサッカーを見よう!2010 Vol.2

今年もやってきました年に一度のお楽しみ、サッカー地球一決定戦!TOYOTAプレゼンツ・FIFAクラブワールドカップ UAE 2010。世界6大陸のクラブチーム代表が世界一を争うこの大会。2010年12月8日開幕いたしました。

M1 12/8(水) 25:00 アル・ワハダ - ヘカリ・ユナイテッド
M2 12/10(金) 25:00 マゼンベ - パチューカ
M3 12/11(土) 25:00 アル・ワハダ - 城南

まずは、初戦は開幕戦M1。開催国王者のアルワハダ(UAE)とオセアニア代表のヘカリユナイテッド(パプアニューギニア)の一戦。序盤は敵ゴール前で惜しいシュートを見せたり、良い試合を見せていたヘカリでしたが、アルワハダが前半終了直前に2点を奪ったあとは、良いところが徐々に消え、実力差が見え始めます。後半にはいり、アルワハダが1点を加え、試合を決定づけました。3-0でアルワハダが勝利し、準々決勝へと進みました。

M2は、アフリカ王者マゼンベ(コンゴ民主共和国)と北中米カリブ海代表のパチューカ(メキシコ)の一戦。拮抗する試合展開が続きますが、ゴールの臭いがするのはマゼンベ。前半21分にベディのゴールでマゼンベが先制し、これが決勝点となり、1-0でマゼンベが勝利し準決勝に進みました。マゼンベのGKキディアバのスーパーセーブ連発がなければ、2,3点は取られていたかもしれません。それだけでも見応えがありました。

M3は、開催国王者アル・ワハダとアジア王者の城南(韓国)の一戦。これは面白い試合でした。開催国の再びの登場で盛り上がるスタジアム。スピードのある攻撃的なサッカーを展開する城南。試合開始早々の前半4分に先制した城南でしたが、直後に同点に追いつかれた1-1となりさらにスタジアムは盛り上がります。前半30分、オグネノブスキのゴールで勝ち越し前半を折り返します。後半は一方的に城南が攻めまくる展開となり、さらに2点加え4-1で城南が勝利し準決勝へと進みました。

ここまでは順当と言えば順当な結果と言えるでしょう。昨年は、開催国王者が初戦で敗れるという波乱があり、なんとなく盛り下がった感がありましたが、今年は初戦を突破し、盛り上がりました。

初戦に登場のオセアニア代表ヘカリユナイテッドですが、解説で「本業は○○の・・・」というのはいらないような気がします。そりゃあ、サッカーに対する意識の違いは各国あり、事情があるのは分かります。しかし、いざフィールドにでればお互い同じ条件のプレイヤーなのですから、それぞれの事情はどうでも良いような気がします。

いよいよ準決勝からは、南米王者(CONMEBOL) インテルナシオナル(ブラジル) 、ヨーロッパ王者(UEFA) インテル(イタリア) が登場します。伝統のトヨタカップが、世界6大陸のクラブチーム代表の出場となって、今年で6大会目ですが、いままでの決勝戦は毎回欧州王者vs南米王者でしたから、そろそろ番狂わせがあるのかもしれません。どうなりますか、楽しみに待ちましょう。

« 「ロビン・フッド」鑑賞 | トップページ | 「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」私的映画考Vol.231 »

サッカー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/50302645

この記事へのトラックバック一覧です: 地球一のサッカーを見よう!2010 Vol.2:

« 「ロビン・フッド」鑑賞 | トップページ | 「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」私的映画考Vol.231 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ