« PSP「SDガンダム GGENERATION PORTABLE」その9 | トップページ | リーガエスパニョーラ10-11シーズン第14節 »

2010/12/25

「バーレスク」鑑賞

先日、「バーレスク」を観てきました。スティーブ・アンティン監督作品。出演:シェール、クリスティーナ・アギレラ、シェール、クリスティン・ベル、エリック・デイン、カム・ジガンデイ、ジュリアン・ハフ、アラン・カミング、ピーター・ギャラガー、スタンリー・トゥッチ他。

成功を夢見てロサンゼルスにやって来たアリ(クリスティーナ・アギレラ)。タス(シェール)という女性が経営している“バーレスク・ラウンジ”で行なわれているダンスショーに魅せられ、バーテンのジャック(カム・ジガンデイ)の家に居候しながら、ウェイトレスとして働き始める。やがてバーレスクのダンサーになったアリは、ショー中のアクシデントの最中、歌声を披露すると、その歌唱力が認められ、アリは一躍バーレスクのスターになる。アリの人気でバーレスクの客も増えていくが・・・。

ショーアップされたダンスを見せるエンタテインメント・クラブ“バーレスク・ラウンジ”。借金がかさみ、返済期日が迫っています。そんな時、スターになることを夢見てロスに来ていたアリの歌唱力が店を助けることになります。今までの出演者は、ダンスはするモノの歌は口パクでした。そんな中、圧倒的な歌唱力を見せるアリ。新しいショーが始まります。この瞬間は、鳥肌モノでした。

バーテンのジャックの家に居候として暮らすアリ。ジャックには婚約者がおり、ふたりは微妙な関係。そして、アリの才能に目を付けた不動産王のマーカス(エリック・デイン)。その存在によりジャックとの関係は、ますますこじれていきますが・・・。

とにかく、怒濤のショーで見せてくれます。予告編を見た時から「コヨーテ・アグリー」と似た雰囲気の作品なのだろうと思っていました。成功を夢見た女性のシンデレラムービーではありましたが、本作では、ショーと恋愛が中心になっています。「コヨーテ・アグリー」は父と娘の物語があり、また違った感じになっています。類似点で言えば、ジャックが作曲している点でしょうか。この設定をもう少し活かしてくれれば、さらに良かったのでしょうが、ちょっともったいないという感じでした。

スターとして華開いて行く女性と、バーレスクの再生を目指す女性経営者の姿を描くエンターテインメント・ムービー。歌とダンスで、鑑賞中思わず身体が動いてしまうような、圧倒的な歌唱力とダンスが、聴き所、見所になっている作品です。

« PSP「SDガンダム GGENERATION PORTABLE」その9 | トップページ | リーガエスパニョーラ10-11シーズン第14節 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/50350396

この記事へのトラックバック一覧です: 「バーレスク」鑑賞:

« PSP「SDガンダム GGENERATION PORTABLE」その9 | トップページ | リーガエスパニョーラ10-11シーズン第14節 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ