« 「GAMER ゲーマー」鑑賞 | トップページ | 地球一のサッカーを見よう!2010 Vol.2 »

2010/12/14

「ロビン・フッド」鑑賞

先日、「ロビン・フッド」を観てきました。リドリー・スコット監督作品。出演:ラッセル・クロウ、 ケイト・ブランシェット、マーク・ストロング、ウィリアム・ハート、マーク・アディ、オスカー・アイザック、ダニー・ヒューストン、アイリーン・アトキンス、ケヴィン・デュランド、スコット・グライムズ他。

12世紀末。十字軍の兵士としてフランスで戦っていたロビン(ラッセル・クロウ)は、イングランドの騎士ロバート・ロクスレーの遺言を聞き入れ、彼の父でノッティンガムの領主であるウォルターに剣を届ける役目を引き受ける。かくして訪れたノッティンガムの地で、ロバートの身代わりになってくれと頼まれるロビン。彼の素朴な人柄は領民たちの人気を集め、ロバートの未亡人マリアン(ケイト・ブランシェット)とも次第に心が通いあっていく。しかし、イングランド侵略をもくろむフランス軍の謀略が迫っていた。

ロビン・フッドと言う名前は知っていても、何をした人なのか詳しくは知りませんでした。本作は、そのロビン・フッド誕生までの物語。十字軍遠征で、リチャード王の死に遭遇。そのゴタゴタの内にイングランドへと戻りますが、ある男の遺言を聞き入れたり、王冠を偽の兵士になりすまし王宮へ届けたりと波乱があります。そして、ノッティンガムへ。

無事遺言を伝えますが、ウォルターとは因縁がありました。亡き息子の代わりに村に残るロビン。反発する未亡人マリアン。話しの分かるクック修道士(マーク・アディ)。10年来の仲間たち。さまざまな関係を深めながら、次第に領民たちにもうけ入れられていきますが、イングランド侵略をもくろむフランス軍の魔の手はすぐそこまで迫っていました。イングランドはジョン王の圧政により崩壊寸前。その時、ロビンは立ち上がるのでした。子羊が獅子になるがごとく。

冒頭の戦場のシーンやクライマックスであるフランス軍との攻防戦は迫力があるにはあるのですが、アクションラインをカメラが越えまくるので、意味不明になるシーンが多々あります。攻める方向は統一しないとわかりにくいです。特にこの時代の戦場はどつきあいですから、混戦は必至。そんな中で、アクションラインを越えると、さっぱり分からなくなります。

ロビンの出生の秘密、生い立ちと、ジョン王と領主・民衆との確執等の政治的内容が交錯し、歴史モノの様相を呈しています。騎馬戦や、弓矢や剣を使ったアクションシーンはスケールが大きく見応えがあります。

中世の吟遊詩人が生んだ伝説の義賊ロビン・フッド。強きをくじき、弱きを助ける。あらゆるヒーローの原点ともいうべきその人物像が見えてくるスペクタクル大作になっています。

« 「GAMER ゲーマー」鑑賞 | トップページ | 地球一のサッカーを見よう!2010 Vol.2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/50245359

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロビン・フッド」鑑賞:

» 『ロビン・フッド』 歴史が生み出すヒーロー像の違いとは? [映画のブログ]
 ユーラシア大陸の西端と東端に、それぞれちっぽけな島国がある。  12世紀末、東端の島では源頼朝が征夷大将軍になり、武家政権を確立していた。  同じころ、西端の島では十字軍と称して大陸へ侵攻してい...... [続きを読む]

« 「GAMER ゲーマー」鑑賞 | トップページ | 地球一のサッカーを見よう!2010 Vol.2 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ