« 「トロン:レガシー 3D」鑑賞 | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.93 »

2010/12/22

ホームシアターを作ろう!Vol.14

今年を振り返るシリーズ。今日はホームシアター関連です。

ホームシアターのネットワーク化が進んだ2010年でした。「ソニールームリンク」機能を使っての、ホームシアターの拡張を行いました。リビングのブルーレイレコーダーで録画した番組を、離れた寝室で鑑賞することが出来るようになりました。当初、無線LANの回線スピードが今ひとつで、鑑賞中、途切れ途切れになることがありましたが、ハイスピードにしましたので、問題なく鑑賞できるようになりました。

さらに、ホームシアターの中核をなすAVアンプを入れ替えました。今まではSONY TA-V55ESを使用していましたが、ブルーレイのスペックを最大限に活かせるような新規格に対応したアンプへの買い換えを検討していました。ついに、実行いたしました。

新しいAVアンプは同じくソニーのSTR-DH710にしました。ブルーレイにはさまざまな音声信号の規格が存在します。Dolby TrueHDやら、DTS-HDやらです。さらにデジタル放送はAAC方式だったりして、旧来のアンプでは対応できなくなっていました。再生機器であるブルーレイレコーダーで対応していても、アンプに接続した時点で別の規格にデコードされてしまいますので、本当の音声にはなっていなかったのです。その点、STR-DH710は対応していますので、安心です。

また、7.1chスピーカシステムにも対応していますので、サラウンドバックスピーカーや、フロントハイスピーカーを追加することが出来ます。が、まだ、スピーカーは買い足していませんので、現在は5.1chシステムのままですが、来年以降、実行したいと考えています。

困った点で言えば、DVDレコーダーがそろそろやばそうだと言うことです。現在、ブルーレイレコーダー4台、DVDレコーダー2台、HDDレコーダー1台を使っていますが、そのうちのDVDレコーダー2台ともが少々心配です。ブルーレイレコーダーだけでは、いろいろ困ることがあるので、1台は残しておきたいとは思っているのですが、どちらも時間の問題です。

とりあえず、ブルーレイレコーダーに移行するべく購入はしたのですが、DVDレコーダーの整理がまだついておらず、売却には至っておりません。この年末年始のお休みでなんとか整理を付けたいとは思っています。

昨年からの問題点はプロジェクターVPL-HS1が壊れかけていること。購入から9年が経過し、そろそろ限界に来ているようです。プロジェクターも良いのですが、液晶テレビはハイビジョンですから、ハイビジョン症候群の私としては、映画鑑賞もハイビジョンで観たくなっています。ハイビジョンのプロジェクターには手が出ませんが、最近はあまり使わなくなってきました。処分の時が近づいているのかもしれません。

と言うことで、今年2010年は、我が家のホームシアターの世代交代が進んだ一年でした。ブルーレイが普及してきて以来の課題であった、AVアンプのバージョンアップが完了し、少しずつですが、進化ができています。ネットワークも安定感が出てきましたので、今後はさらなる使い方を模索していきたいところです。

« 「トロン:レガシー 3D」鑑賞 | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.93 »

ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/50366399

この記事へのトラックバック一覧です: ホームシアターを作ろう!Vol.14:

« 「トロン:レガシー 3D」鑑賞 | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.93 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ