« ホームシアターを作ろう!Vol.17 | トップページ | 「完全なる報復」鑑賞 »

2011/01/24

リーガエスパニョーラ10-11シーズン第18節

2010年8月28日(日本時間29日)、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ10-11シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは驚異的な強さでバルセロナが優勝を果たして2連覇を達成して幕を閉じました。今年は、スペイン代表のエース・ビジャを獲得し、さらに攻撃力を増したバルセロナの快進撃が続くのか?それとも、C・ロナウド、カカーを有する、レアル・マドリードが3連覇を阻むのか?今シーズンも目が離せません。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリードの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョン、リピートもあり。第18節は以下の2試合を鑑賞しました。

デポルティーボ ‐ バルセロナ
R・マドリード ‐ ビジャレアル

バルセロナはアウェイでデポルティーボ戦。冬期休暇明けでメッシ、プジョル、ピケがスタメンに復帰したバルセロナ。主導権を握るバルセロナ。メッシからのスルーパスを受けたビジャが先制ゴールを上げ、その後も、さらに好機を作り出します。後半6分、メッシがフリーキックを直接蹴り込んで2点目。実に美しい弾道でした。その後、後半33分、34分に立て続けに得点を上げ、バルセロナが4‐0で快勝しました。

レアル・マドリードはホームでビジャレアル戦。序盤に先制したのはビジャレアル。おやおやと思っていると、クリスティアーノ・ロナウドがシュートを決め、あっさりと同点。前半17分、マルコ・ルベンがループシュートでネットを揺らし、ビジャレアルがふたたびリードします。しかし、R・マドリードも前半終了間際にシャビ・アロンソのフリーキックにクリスティアーノ・ロナウドが頭で合わせ同点にし、折り返します。

後半33分、ゴール前のこぼれ球を拾ったC・ロナウドがゴール右隅へ流し込むシュートを決めて逆転。その後、後半から入ったカカーが復帰後初ゴールを決め、スタジアムの盛り上がりは最高潮。結局そのまま試合は終了し、4-2でレアル・マドリードの勝利でした。

苦戦したと言う印象のレアルに対して、バルセロナは余裕の勝利という感じ。実に楽しそうにゲームをしています。レアルは先発メンバーが未だ固まらないという感じで、FWは毎試合、違うのではという感じ。調子の上がらないメンバーもいますから、なかなか固定できないのでしょうが、その辺りも苦戦している印象を受ける要因かもしれません。

しかしながら、結果だけ言えば、2強であるバルセロナ、レアル・マドリード共に確実に勝利し、勝ち点を積み上げています。これでカカーが、調子を上げてくれば、レアルらしい攻撃を組み立ててくれることにもなるやもしれません。そうすれば、さらに今シーズンが盛り上がることになるでしょう。今後のカカーの復調に期待します。次節は、2011年1月15,16日(現地時間)。

« ホームシアターを作ろう!Vol.17 | トップページ | 「完全なる報復」鑑賞 »

サッカー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/50661418

この記事へのトラックバック一覧です: リーガエスパニョーラ10-11シーズン第18節:

« ホームシアターを作ろう!Vol.17 | トップページ | 「完全なる報復」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ