« 楽天銀行がすごい! | トップページ | 今日は仕事始め »

2011/01/05

プリウスくんが行く!Vol.94

プリウスが車名別売上台数がカローラを抜いて歴代首位になりました。

車名別売上台数首位が更新されるのは実に20年ぶり。プリウスは、2010年には低燃費や従来のHVより割安な価格、エコカー補助金やエコカー減税が追い風となり、販売台数を伸ばしていました。2010年の国内新車販売台数31万5千台となり、とうとう、大衆車の代名詞となっていたカローラをプリウスが上回りました。

新型プリウス発売の2009年5月以降、街中で見掛けることが多くなりました。一日走っていれば一台も見ない日はないと言うくらい、数多く走っています。最近では、プリウスのタクシーもよく見掛けるようになりました。以前は個人タクシーしか見られませんでしたが、最近はタクシー会社でも導入しているようで、台数も増えているようです。

プリウスの販売台数は2010年12月まで19ヶ月連続首位となりそうで、12月は1万8千台を売り上げました。新型フィット(HV含む)は1万5千台。2010年9月のエコカー補助金終了後、国内の新車販売台数は急減していますが、そんな中でも、エコカー減税はまだ続きますから、まだまだプリウスの優位は続くかもしれません。

今月1月には、デトロイトモーターショーで、トヨタからプリウスの姉妹車を初公開すると正式発表がありました。現行プリウスよりも全長や車高などを一回り大きくし、居住性を向上させているとか。荷室部分を広げてワゴン型にすることで、従来よりも多くの荷物を積むことができ、家族やグループ向けとなっているようです。

各自動車メーカーも環境性能を重視した車を発表しています。日産からは電気自動車「リーフ」も発表されました。「マーチ」や「ヴィッツ」はアイドリングストップ機能が付加されているグレードもあります。今後も続々と発表されることでしょう。

ハイブリッド車やEV車は“環境性能”と“燃費”が物を言います。それに見合った価格がさらに問題になるわけですが、市場が大幅に減少する昨今、プリウスの人気が続いているということは、環境性能重視の世相を色濃く反映していると言うところでしょう。

« 楽天銀行がすごい! | トップページ | 今日は仕事始め »

プリウス」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/50487211

この記事へのトラックバック一覧です: プリウスくんが行く!Vol.94:

« 楽天銀行がすごい! | トップページ | 今日は仕事始め »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ