« 「ザ・タウン」鑑賞 | トップページ | トヨタ「ヴィッツスマートストップ」試乗体験記その2 »

2011/02/12

リーガエスパニョーラ10-11シーズン第20節

2010年8月28日(日本時間29日)、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ10-11シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは驚異的な強さでバルセロナが優勝を果たして2連覇を達成して幕を閉じました。今年は、スペイン代表のエース・ビジャを獲得し、さらに攻撃力を増したバルセロナの快進撃が続くのか?それとも、C・ロナウド、カカーを有する、レアル・マドリードが3連覇を阻むのか?今シーズンも目が離せません。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリードの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョン、リピートもあり。第20節は以下の2試合を鑑賞しました。

バルセロナ ‐ ラシン
R・マドリード ‐ マジョルカ

バルセロナは、ホームでラシン戦。前半2分、メッシがあげた中央への折り返しをペドロが合わせて、開始早々先制ゴール!バルセロナは圧倒的なボール支配率で、ラシンは防戦一方で、決定的なチャンスを作り出せないまま。前半33分にもメッシはPKを決め、2-0に。後半11分には、イニエスタが追加点を奪い3‐0であぶなげなく勝利をあげました。

レアル・マドリードは、ホームでマジョルカ戦。レアルは、エジル、シャビ・アロンソを温存し、カカーとガゴを先発。主導権を握ったのはレアルのようでしたが、マジョルカはカンターで何度もチャンスを作り出し、決定的な場面も多々ありました。前半は0-0で折り返します。後半15分、グラネロからのパスを中央で受けたベンゼマが、フェイントでDFをかわしシュート。レアルが値千金の先制点をあげました。双方の攻撃がポストやバーに直撃する場面が多く、後数cmずれていれば、試合結果が変わっていたことでしょう。結局、1‐0でレアル・マドリードが勝利。

相変わらずの安定感を見せるバルセロナに対し、レアルはちぐはぐな攻撃で決定機を活かしきれません。いったいどうしたモノか。ここ数試合、引き分けを挟んで、それ以外はなんとか勝ちを上げているという感じ。今節に関しては、C・ロナウドがマジョルカの守備陣に完璧に押さえられていたので、自慢の得点力を発揮できなかったのでしょう。

とはいえ、後半戦は始まったばかり、レアルの反撃はあるのか?バルセロナの牙城を崩すチームはどこなのか?後半戦の盛り上がりに期待しましょう。次節は、2011年1月29,30日(現地時間)。

« 「ザ・タウン」鑑賞 | トップページ | トヨタ「ヴィッツスマートストップ」試乗体験記その2 »

サッカー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/50844793

この記事へのトラックバック一覧です: リーガエスパニョーラ10-11シーズン第20節:

« 「ザ・タウン」鑑賞 | トップページ | トヨタ「ヴィッツスマートストップ」試乗体験記その2 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ