« 楽天銀行がすごい!その7 | トップページ | 2011.02映画鑑賞総括 »

2011/02/26

「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 3D」鑑賞

先日、「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 3D」を観てきました。マイケル・アプテッド監督作品。出演:ジョージー・ヘンリー、スキャンダー・ケインズ、ベン・バーンズウィル・ポールター、リーアム・ニーソン、ティルダ・スウィントン他。

兄ピーターと姉スーザンがアメリカ滞在中、エドマンド(スキャンダー・ケインズ)とルーシー(ジョジー・ヘンリー)のペベンシー兄妹は、意地悪ないとこのユースチス(ウィル・ポールター)の家に預けられていた。そんなある日、3人は家の壁にかけてあった船の絵画を見ているうちに、その絵の中に吸い込まれ、ナルニアの海へと導かれる。懐かしいカスピアン王子(ベン・バーンズ)やもの言うネズミの騎士リーピチープたちと共に帆船に乗っていた。そして、船は神秘の島々をめぐる旅へと漕ぎ出し、行方不明になっている7人の貴族を捜す旅に同行することになるが・・・。

C.S.ルイスの原作による夢と魔法と冒険に満ちたファンタジー映画の最高峰「ナルニア国物語」シリーズ第3弾。

今回の冒険の舞台は大海原。島から島へと帆船で渡り、そこで冒険を繰り広げていきます。前2作と違うのは、4兄妹でナルニアに行くのではなく、2兄妹+いとこになること。このいとこユースチスが絵に描いたような嫌みな男で、居候の二人に意地の悪いことをします。しかし、ナルニアに3人で行くことによって、変わっていきます。最初は戸惑いながらも意地悪そうな顔でしたが、帰る頃にはたくましく成長し、いい顔になっていました。

東の海の果てには伝説となっているアスランの国があると言われていました。行方不明になっている7人の貴族の剣を集めながら、緑色の霧の正体を突き止めるべく戦いを繰り返しますが、さまざまなアクシデントを愛と勇気で解決していきます。そして、アスランの国。そこには、悲しい別れが待っていました。毎度、ラストの別れのシーンでは泣かされてしまいますが、今回も同様で、感動的でした。

美しいナルニアの映像は、独創的でファンタジック。中でも、ラストのアスランの国は実に美しい。海に浮かぶ花、延々に続く津波のような大波、青空と白い浜。今回、3D字幕版で鑑賞しましたが、奥行き感のある映像が、さらに美しさを増しているような気がしました。それほど、3Dを意識した映像はありませんので、2Dでも良いのかもしれません。

さまざまな困難に遭遇しながら、運命に立ち向かう兄妹たちの成長劇。C・S・ルイスの児童文学を映画化したファンタジー・アドベンチャー「ナルニア国物語」シリーズの第3章。

« 楽天銀行がすごい!その7 | トップページ | 2011.02映画鑑賞総括 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/50964282

この記事へのトラックバック一覧です: 「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 3D」鑑賞:

« 楽天銀行がすごい!その7 | トップページ | 2011.02映画鑑賞総括 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ