« 東北地方太平洋沖地震発生! | トップページ | 「脳内ニューヨーク」私的映画考Vol.237 »

2011/03/14

リーガエスパニョーラ10-11シーズン第23節

2010年8月28日(日本時間29日)、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ10-11シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは驚異的な強さでバルセロナが優勝を果たして2連覇を達成して幕を閉じました。今年は、スペイン代表のエース・ビジャを獲得し、さらに攻撃力を増したバルセロナの快進撃が続くのか?それとも、C・ロナウド、カカーを有する、レアル・マドリードが3連覇を阻むのか?今シーズンも目が離せません。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリードの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョン、リピートもあり。第23節は以下の2試合を鑑賞しました。

S・ヒホン ‐ バルセロナ
エスパニョール ‐ R・マドリード

バルセロナは、アウェーでスポルディング・ヒホン戦。S・ヒホンは、自陣ゴール前でボールを奪いカウンターを仕掛けると、バラルが1人で持ち込んでゴール。貴重な先制ゴールを上げました。なんとか追いつきたいバルセロナでしたが、決定機を作り出すモノの、最後で精彩を欠き、得点できません。後半に入り、ペドロを投入し攻勢を強めるバルセロナ。ようやく追いついたのは、後半34分。ビジャがループシュートを華麗に決め、同点とします。焦るバルセロナ。結局、そのまま試合終了。1-1でドローとなりました。

レアル・マドリードはアウェーでエスパニョール戦。試合開始早々、カシージャスが一発退場という不測の事態を招いてしまい窮地に立たされるレアル。控えのGKアダンが投入されます。それでも、試合を押しているのはレアル。前半23分、エリア内でパスを受けたマルセロがニアサイドに強烈なシュートを蹴り込んでゴール。先制します。その後は、エスパニョールの攻勢が続き、防戦一方のレアル。なんとか逃げ切り1‐0でレアル・マドリードが勝利しました。

バルセロナは、リーグ連勝記録を16でストップしてしまいましたが、負けなしの状態は続きます。2位レアル・マドリードとの勝ち点差は5になりました。が、レアルのGKカシージャスの一発退場は痛かった。次の試合も出場出来ませんから。守護神不在でどう戦うか、不安が残る状態です。徐々に調子の上がってきたレアルでしたが、この先どうなるのか?期待して待ちましょう。次節は、2011年2月19,20日(現地時間)。

« 東北地方太平洋沖地震発生! | トップページ | 「脳内ニューヨーク」私的映画考Vol.237 »

サッカー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/51115813

この記事へのトラックバック一覧です: リーガエスパニョーラ10-11シーズン第23節:

« 東北地方太平洋沖地震発生! | トップページ | 「脳内ニューヨーク」私的映画考Vol.237 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ