« 楽天ブックスがおかしい?! | トップページ | リーガエスパニョーラ10-11シーズン第27節 »

2011/03/25

リーガエスパニョーラ10-11シーズン第26節

2010年8月28日(日本時間29日)、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ10-11シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは驚異的な強さでバルセロナが優勝を果たして2連覇を達成して幕を閉じました。今年は、スペイン代表のエース・ビジャを獲得し、さらに攻撃力を増したバルセロナの快進撃が続くのか?それとも、C・ロナウド、カカーを有する、レアル・マドリードが3連覇を阻むのか?今シーズンも目が離せません。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリードの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョン、リピートもあり。第26節は以下の2試合を鑑賞しました。

バレンシア ‐ バルセロナ
R・マドリード ‐ マラガ

バルセロナは、アウェーでバレンシア戦。シャビがこの試合から先発復帰。シャビがいるといないとでは、攻撃のバリエーションが違います。が、試合は、予想に反して緊張感のある展開になります。お互いにチャンスはあるモノの、ゴールには至りません。しかし、得点の臭いがするのは圧倒的にバルセロナでした。後半22分、アドリアーノのラストパスをメッシが綺麗に合わせて先制ゴール。ようやく得点できたという感じでした。良い時間帯でゴールしたバルセロナは逃げ切り体制。交代枠を使いながら時間を使い、1点を守りきりました。

レアル・マドリードは、ホームでマラガ戦。試合の主導権を握ったR・マドリードは前半だけでも、ベンゼマ、ディ・マリア、マルセロと3点を挙げる得点ラッシュ。圧倒的なボール支配率で優位に進めます。後半に入っても得点ラッシュは続き、面白いように得点を上げるクリスティアーノ・ロナウドがハットトリックを達成。終わってみれば、7-0という大差を付けての快勝でした。

久しぶりの平日開催で行われた第26節。バルセロナ、レアル・マドリード共に勝利を挙げ、も、勝ち点差は7のまま。それにしても、カカーはいつになったら完全復活できるのか?復帰はしたモノの先発しても60分間(後半15分)をめどに途中交代。プレイも精彩を欠き、あまり良いところが見えません。クラシコ(第32節)が近づくなか、レアルは、戦術はどう考えているのか?ベストメンバーでの対戦を楽しみにしています。次節は、2011年3月5,6日(現地時間)。

WOWOWでは、「メッシTV(全5回)」も放送中。世界初のメッシ公式番組で、メッシの魅力に迫ります。こちらも面白いです。

« 楽天ブックスがおかしい?! | トップページ | リーガエスパニョーラ10-11シーズン第27節 »

サッカー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/51211172

この記事へのトラックバック一覧です: リーガエスパニョーラ10-11シーズン第26節:

« 楽天ブックスがおかしい?! | トップページ | リーガエスパニョーラ10-11シーズン第27節 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ