« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011/03/31

2011.03映画鑑賞総括

3月の劇場での映画鑑賞は7本。今年の累計25本。今月は低調に推移しました。

0301   シングルマン
0301   悪魔を見た
0304   男たちの挽歌
0307   7級公務員
0310   恋とニュースの作り方
0315   ツーリスト(チケプレ)
0328   塔の上のラプンツェル

今月は、アクション、サスペンス、ラブストーリー、アニメーションとバラエティに富んだ作品がありました。

そこはかとなく良かったのは「シングルマン」。愛するパートナーを失った中年男性の最期の一日を描いた作品。独特の雰囲気が、得も言われぬ緊張感を醸し出し、真実が見えてくる内に、主人公はどんな感情で揺れ動いていくのか、希望はどんな風にして抱くのか、人生の儚さまでもが見えてきました。

「男たちの挽歌」は、ご存じ香港ノワールの名作にして、ジョン・ウーの名を世界に轟かせた傑作アクションの韓国版リメイク作品。ドラマに重点を置いているようで、アクションは物足りなかったですが、ほぼ全編男ばかりで、とことん男臭い物語は見応えがありました。オリジナル版のように、よもやの続編はないとは思いますが・・・。(^-^;

「恋とニュースの作り方」は「LOST」「フリンジ」のJ.J.エイブラムス製作の仕事に恋にがんばる女子の物語。仕事に熱心に取り組むあまりに恋には縁のない主人公が、新しい仕事の成功していきますが、恋の方は今度こそはと意気込むモノの、やっぱり駄目かも・・・。愛らしい主人公を演じるレイチェル・マクアダムスのキュートさが際立つ演出はさすがです。希望があるから生きていけるし、仕事にも恋にも打ち込めるのだというテーマも良かったです。

「塔の上のラプンツェル」は良かったです。ディズニー・アニメーション・スタジオ50作目として製作された作品。ディズニーアニメの真骨頂と言える歌あり踊りありのラブストーリー。CGアニメーションかつ3D作品ということもあり、美しい映像には磨きが掛かっています。キャラクターの動きも昔のセルアニメ時代のディズニー作品のような雰囲気で、オールドファンにも受け入れやすいかもしれません。感動的なラストシーンは秀逸。

来月4月は、公開が延期されていた「ザ・ライト」、「ガリバー旅行記」「エンジェル・ウォーズ」と続き、新潟では遅れて公開される本年度アカデミー賞4部門受賞の「英国王のスピーチ」と期待作が目白押し。公開延期や中止等で作品数が減ってきていますし、春休み時期なので、鑑賞本数は少な目になりそうです。

2011/03/30

続・楽天ブックスがおかしい?!

最近、楽天ブックスがおかしいです。在庫ありの商品を注文しても到着まで1週間以上掛かったり、注文のキャンセルをしたりと、酷いです。いったいどうなっているのでしょうか?

2011年2月28日に行われたシステム改変からおかしくなっています。私も改変後、3回発注しましたが、1回目の発注は到着まで10日間、2回目の注文はまともな方で5日間、3回目は3月19日に発注し、11日経過しましたが未だに発送になっていません。

また、改変前の2月25日に発注したBlu-rayが、誤ってキャンセルされ購入履歴から削除されたモノは、未だに履歴からは削除されたままで、楽天スーパーポイントも復活していませんが、商品は無事到着しました。

その件で問い合わせしましたが、型どおりの「正確なご案内をさせていただくため、今しばらくお待ちいただけますよう、何とぞよろしくお願い申し上げます。」返事が来たきりで、その後返答は全くありません。

で、先日、楽天ブックスのトップページに「新システムへの切り替えに伴う一連の不具合について(3月28日)」が掲載されました。そこには、良い訳や時間稼ぎとも思われる戯言が羅列されていました。

「2月28日に実施いたしました新システムへの切り替えに際して、商品情報の表示、決済、メール配信、メール内容、配送状況の確認、商品発送等において多くの不具合が生じたことにより、お客様に長期間にわたり大変なご迷惑とご心配をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます。
また、お問い合わせやご指摘に対する回答・対応内容に至らない点があり、お客様に不快な思いをさせてしまいましたことを重ねてお詫び申し上げます。

現在、ご注文のキャンセルに伴う請求取消や返金の手続きなどを行っており、近日中に完了させていただきます。
ご注文時にご利用された楽天スーパーポイントにつきましては、通常ポイント・期間限定ポイントを問わず、再度ご利用いただける形でお返しいたします。詳細は今後お送りするメールにてご確認くださいますようお願い申し上げます。
お待たせして申し訳ございませんが、作業完了まで今しばらくお待ちください。

また、メール配信やメール内容の不具合に関しましても改善を進めております。ご注文や配送の状況に関しましては、楽天ブックスからお送りするメールにて詳細をご確認いただけますようお願い申し上げます。(後略)」

内容から推察するに、私のように商品が届かなかったり、勝手にキャンセルされたり、ポイントがおかしくなったりと言う事態が頻発しているのでしょう。そのため、問い合わせが殺到し、その対処もままならないので、「分かっているから、ちょっと待っていろ!」という感じです。

具体的にいつまでに何をするのか提示してくれれば待つことも出来るでしょうが、それもありません。今後送られる“詳細メール”というのも未だに来ていませんから、いったいこの状態がいつまで続くのか分かりません。

これでは、ユーザはたまったものではありません。だからといってキャンセルできる訳ではないのですから、始末に負えません。

前回も書きましたが、こんな状態が続いていますので、楽天ブックスでの購入は当分の間、やめることにします。今後は、書籍はポイントの付く「ビーケーワン」に、DVD、Blu-ray等は安価な「Amazon」で購入することしようと思っています。

先日、さっそく「bk1」にて書籍を購入しました。取り寄せ商品でしたが、発注後5日目に到着しました。楽天ブックスだったら、未だに発送になっていなかったことでしょう。良かった良かった。

2011/03/29

「塔の上のラプンツェル」私的映画考Vol.238

先日、「塔の上のラプンツェル 3D」を観てきました。ネイサン・グレノ、バイロン・ハワード監督作品(「ボルト」)。作曲:アラン・メンケン(「美女と野獣」、「アラジン」)。声の出演:マンディ・ムーア、ザッカリー・レヴィ、ドナ・マーフィ他。

深い森に囲まれた、高い塔の上で暮らしてきたラプンツェル(マンディ・ムーア)は、黄金に輝く長い髪を持った少女。母親のゴーデル(ドナ・マーフィ)に「外は恐ろしい世界。絶対に出てはダメ」と言われつづけ、塔から一歩も出たことがなかった。そんな彼女の夢は、毎年、自分の誕生日になると夜空いっぱいに現れる“不思議な灯り”を近くまで見に行くことだった。ラプンツェルの18回目の誕生日が近づいてきたある日、お尋ね者の大泥棒フリン(ザッカリー・レヴィ)が塔の中に迷い込んで来るが・・・。

今回は3D字幕版を鑑賞しました。最初は、3Dメガネに違和感を覚えつつ鑑賞していますが、そのうち、慣れてきて忘れてしまいました。物語は老化や傷口を治す不思議な髪を持った少女の、夢を追う物語。ボーイミツーガルの典型的な物語ですが、歌あり踊りありで老若男女が楽しめる作品になっています。

主役の3人を喰わんばかりの大活躍をするのが、警備隊長の馬・マキシマス。それと愛らしい動作で笑わせてくれるのがカメレオンのパスカル。マキシマスはそれはもう大活躍で、陰の功労者とも言えるでしょう。ディズニー作品では、切っても切れないのが、動物のキャラクターですね。笑いの種と暗くなりがちな物語の緩衝材になっているのでしょう。

主要登場人物は当然のごとく人間ですが、適度にデフォルメされた造形で描かれています。CG作品の人物は、ちょっと不気味な場合がありますが、本作の場合は、違和感すれすれですのところですので、問題はありません。動きはダイナミックで同じくディズニー作品の「ターザン」を見るかのようでした。3Dを意識したアングルが多々見受けられます。奥行き感がある映像は美しく見応えがあります。

お城の街に入ったラプンツェルが音楽に合わせて踊り出すシーンは、楽しさが溢れていて、次々と踊りの輪が広がって行き、とても素敵なシーンになっています。また、ラプンツェルが憧れていた遠くの神秘的な灯り(ランタン)を目の当たりにするシーンは実に美しい。無数のランタンが舞い上がり、水面にも映り、360度灯りに包まれます。このシーンも3Dが効果的に使われていて、美しさをいっそう盛り上げています。

ディズニー・アニメーション・スタジオの50作目として贈られる感動作。そりゃあ、ハッピーエンドは当たり前だとも言えますが、ラストは実に感動的。ラプンツェルは夢を叶え、そして皆に希望を与え、大いなる愛を得ました。そして、これからも新たな夢を追い続けることでしょう。

2011/03/28

リーガエスパニョーラ10-11シーズン第27節

2010年8月28日(日本時間29日)、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ10-11シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは驚異的な強さでバルセロナが優勝を果たして2連覇を達成して幕を閉じました。今年は、スペイン代表のエース・ビジャを獲得し、さらに攻撃力を増したバルセロナの快進撃が続くのか?それとも、C・ロナウド、カカーを有する、レアル・マドリードが3連覇を阻むのか?今シーズンも目が離せません。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリードの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョン、リピートもあり。第27節は以下の2試合を鑑賞しました。

バルセロナ ‐ サラゴサ
ラシン ‐ R・マドリード

バルセロナは、ホームでサラゴサ戦。バルセロナはチャンピオンズリーグ戦にそなえビジャ、イニエスタと主力を温存。ボージャン、セイドゥ・ケイタが先発します。バルセロナが試合を優位に進めますが、得点には結びつけられません。しかし、前半43分、メッシのアシストからケイタが押し込み先制ゴール!後半に入っても、バルセロナ優位は続きますが、追加点を奪えません。結局、1-0のまま試合は終了。

レアル・マドリードは、アウェイでラシン・サンタンデール戦。ここに来てクリスティアーノ・ロナウドが怪我で欠場という事態。しかし、先制に成功したのはアウェイのレアル・マドリードでした。エジルからのパスをアデバヨールが押し込みゴール!前半26分、エジルのアシストからベンゼマがゴールを決めます。この日のベンゼマは良かった。1点を失ったあとの後半29分、ベンゼマが冷静にゴールをあげ、3‐1で試合終了。

バルセロナを追走するレアル・マドリード。クリスティアーノ・ロナウド欠場でどうなるかと思っていたら、かえって連携がうまくいっているのではないか?と思えるほど、攻撃がかみ合い、怒濤の攻撃となっていました。今まではC・ロナウド中心のチームで、ボールが集中していて、攻撃が単調な感じがしましたが、今節の試合の方が、攻撃が多彩になるし、なによりのびのびとプレイしているように映りました。

決戦のクラシコ(第32節)が近づくなか、レアルは、怪我に泣かされています。ベストメンバーでの対戦を望みますが、どうなりますか。次節は、2011年3月12,13日(現地時間)。

2011/03/25

リーガエスパニョーラ10-11シーズン第26節

2010年8月28日(日本時間29日)、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ10-11シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは驚異的な強さでバルセロナが優勝を果たして2連覇を達成して幕を閉じました。今年は、スペイン代表のエース・ビジャを獲得し、さらに攻撃力を増したバルセロナの快進撃が続くのか?それとも、C・ロナウド、カカーを有する、レアル・マドリードが3連覇を阻むのか?今シーズンも目が離せません。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリードの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョン、リピートもあり。第26節は以下の2試合を鑑賞しました。

バレンシア ‐ バルセロナ
R・マドリード ‐ マラガ

バルセロナは、アウェーでバレンシア戦。シャビがこの試合から先発復帰。シャビがいるといないとでは、攻撃のバリエーションが違います。が、試合は、予想に反して緊張感のある展開になります。お互いにチャンスはあるモノの、ゴールには至りません。しかし、得点の臭いがするのは圧倒的にバルセロナでした。後半22分、アドリアーノのラストパスをメッシが綺麗に合わせて先制ゴール。ようやく得点できたという感じでした。良い時間帯でゴールしたバルセロナは逃げ切り体制。交代枠を使いながら時間を使い、1点を守りきりました。

レアル・マドリードは、ホームでマラガ戦。試合の主導権を握ったR・マドリードは前半だけでも、ベンゼマ、ディ・マリア、マルセロと3点を挙げる得点ラッシュ。圧倒的なボール支配率で優位に進めます。後半に入っても得点ラッシュは続き、面白いように得点を上げるクリスティアーノ・ロナウドがハットトリックを達成。終わってみれば、7-0という大差を付けての快勝でした。

久しぶりの平日開催で行われた第26節。バルセロナ、レアル・マドリード共に勝利を挙げ、も、勝ち点差は7のまま。それにしても、カカーはいつになったら完全復活できるのか?復帰はしたモノの先発しても60分間(後半15分)をめどに途中交代。プレイも精彩を欠き、あまり良いところが見えません。クラシコ(第32節)が近づくなか、レアルは、戦術はどう考えているのか?ベストメンバーでの対戦を楽しみにしています。次節は、2011年3月5,6日(現地時間)。

WOWOWでは、「メッシTV(全5回)」も放送中。世界初のメッシ公式番組で、メッシの魅力に迫ります。こちらも面白いです。

2011/03/24

楽天ブックスがおかしい?!

最近、楽天ブックスがおかしいです。在庫ありの商品を注文しても到着まで1週間以上掛かったり、注文のキャンセルをしたりと、酷いです。いったいどうなっているのでしょうか?

今まで、書籍はもちろん、DVD、Blu-ray、CD、ゲーム等を楽天ブックスで購入していました。在庫あり商品を注文すれば、翌々日には手元に届いていましたし、発売前の商品を予約すれば、発売日に届けられていました。

が、2011年2月28日にシステムの変更をしてから、全くおかしくなっています。まずはじめが、3月4日に注文した書籍等、すべて在庫ありの商品でした。通常、発注すると、発注確認メールが届き、その後発送メールが届き、荷物が到着するというのがパターンでした。

が、この注文に関しては、注文確認メールはおろか発送メールも届きませんでした。荷物だけは届きましたが、発注から1週間後の3月10日でした。

その間、楽天ブックスのレビューを確認しましたが、他のユーザーにも同様の状況が起こっているようで苦情が殺到していました。中には私が発注した商品を予約した方もいらっしゃったようで、「予約したのにまだこない」とか、「簡易包装過ぎて雨に濡れた」なんてモノまでありました。おかしいです。今までの楽天ブックスでは考えられない事態です。

3月19日に別の商品を発注しましたが、注文確認メールが今日3月24日にようやく届きました。すでに5日経過していますが、いつ発送になることやら、分かりません。

また、2月25日に発注し、3月23日発売予定だったBlu-rayが、1週間発売が延期になったのですが、その商品を誤ってキャンセル扱いにしたという「ご注文に関するお詫びとご連絡」のメールが届きました。購入履歴を確認すると、確かにその商品だけがキャンセルされています。しかし、注文は継続していると言うことですが、実際に届くかどうかは怪しいモノです。

おまけにその商品をキャンセル扱いにしたことにより、楽天スーパーポイントも変更され、その分のポイントは現在、削除されています。問い合わせのメールを出しましたが、未だに返事は来ていません。

レビューによれば、問い合わせの電話は繋がらないし、メールで問い合わせても型どおりの返事が来るばかりと嘆きの声が、多数寄せられていました。その上、いったん注文すると、一定時間経過後はキャンセルも出来ませんから、他のショップに発注することも出来ず、書店等にある同商品を指をくわえて見るしかない等々。

システムをより良くするための改善であれば良いのですが、今回のシステム変更は“改悪”です。合理化や省力化するのはよいことです。その上でユーザーにも喜ばれようにするのがシステム改善というモノです。

仏の顔も三度まで、こんな状態が続くようでは、楽天ブックスでの購入を続けることは出来ません。なので、今後は、書籍はポイントの付く「ビーケーワン」に、DVD、Blu-ray等は安価な「Amazon」で購入することしようと思っています。信頼を損なうというのは本当に恐ろしいことです。

2011/03/23

楽天銀行がすごい!その9

2010年11月に楽天銀行の口座を作り、便利に利用させてもらっています。

今まで、ジャパンネット銀行の口座から引き落としとなっていた田中貴金属工業の純金積み立ても楽天銀行に変更しました。楽天銀行の魅力の一つ「ハッピープログラム」の次月の会員ステージを決めるための「保有レベル」に影響するからです。

ハッピープログラムの次月の会員ステージを判定するのは、「お預かり資産残高」と「保有レベル」のどちらか高い方となっています。私の場合、現在、お預かり資産残高で「VIP」となっています。保有レベルは一段低い「プレミアム」。なので、現在は、直接、会員ステージ判定には関係はないのですが、どうせなら一元化して、今後のためにも保有レベルの獲得に寄与した方が良いかと思った訳です。

今までは、ジャパンネット銀行口座へのネットオークション等での入金を元手に、純金積み立てをやってきました。が、昨年は、オークションをサボりがちで、入金がなかったために、あまり積み立てが出来ませんでした。そのためにわざわざ口座へ入金するというのも面白くなかったので、今回、楽天銀行口座開設や、ネットオークション再開に合わせて、楽天銀行口座からの引き落としを検討しました。

全く新規で口座を開くことも出来ますが、ジャパンネット銀行で口座を開いていたモノをそのまま移行することにしました。そうすれば、現在の純金積み立ての残高をそのままに、引落口座のみ変更が可能になります。

田中貴金属工業では、月々1000円から金やプラチナを積み立てることが出来ます。ネットで出来ますから手軽に申込が出来ます。当初、ジャパンネット銀行口座からしか積立が出来ませんでしたが、2003年5月よりその他の口座からも引き落としが出来るようになりました。

流れとしては、新たに「通常の金融機関コース」を申込み、今までの「ジャパンネット銀行コース」を解約し、その「預り地金」と「預り金額」の残高のみを「通常の金融機関コース」に移し替える方法になります。

ちょっとややこしかったですが、手続きが終わり、2011年2月末より引落口座が楽天銀行に変更できました。タイミング的に毎月末日のみの解約になりますので、3月1日より田中貴金属の新規口座へと残高が移行され、新たに積立が開始されました。

口座引落による獲得レベルはわずかに1ポイントではありますが、まあ、無いよりはまし。と言うところでしょうか。

つづく。

2011/03/22

リーガエスパニョーラ10-11シーズン第25節

2010年8月28日(日本時間29日)、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ10-11シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは驚異的な強さでバルセロナが優勝を果たして2連覇を達成して幕を閉じました。今年は、スペイン代表のエース・ビジャを獲得し、さらに攻撃力を増したバルセロナの快進撃が続くのか?それとも、C・ロナウド、カカーを有する、レアル・マドリードが3連覇を阻むのか?今シーズンも目が離せません。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリードの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョン、リピートもあり。第25節は以下の2試合を鑑賞しました。

マジョルカ ‐ バルセロナ
デポルティーボ ‐ R・マドリード

バルセロナは、アウェーで、マジョルカ戦。累積警告のダニエウ・アウヴェスと、負傷のシャビを欠くバルセロナ。序盤は、マジョルカが速攻を活かしバルセロナゴールへ迫ります。が、前半37分、セイドゥ・ケイタからのパスをメッシが受け、ヘッドで合わせ先制ゴール!後半に入るといつものように試合のペースを握りはじめたバルセロナが攻めまくります。後半11分、ビジャが抜け出し、そのままゴールを決めます。後半21分、ペドロがミドルシュートを決め、3-0とします。マジョルカは、家長昭博を後半23分に投入。あまり良いところはありませんでした。残念。試合はそのまま終了。

レアル・マドリードはアウェーでデポルティーボ戦。レアルが優位に進めるモノの、ちぐはぐな攻撃は精度を欠きな、かなか決めることが出来ません。前半、惜しい場面もありましたがオフサイドの判定に泣かされます。後半、モウリーニョ監督は、アデバヨールを投入し、2トップにし攻撃力を強めますが、堅守に阻まれ最後まで得点を上げることは出来ませんでした。

主力メンバーを欠いたバルセロナでしたが、好調さは持続しているようで、序盤こそ苦戦しましたが、結果的には快勝でした。一方、レアル・マドリードは終始苦戦となり、手痛いドローという結果。また勝ち点差が7に戻ってしまいました。4月に迫った今季2回目のクラシコまでに、この差がどうなっていくのか?あまりにも差が開いてしまうと、追いすがることが難しくなるレアル・マドリード。どう挑むのか?今後の展開が楽しみです。次節は、2011年3月1,2日(現地時間)。

2011/03/18

リーガエスパニョーラ10-11シーズン第24節

2010年8月28日(日本時間29日)、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ10-11シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは驚異的な強さでバルセロナが優勝を果たして2連覇を達成して幕を閉じました。今年は、スペイン代表のエース・ビジャを獲得し、さらに攻撃力を増したバルセロナの快進撃が続くのか?それとも、C・ロナウド、カカーを有する、レアル・マドリードが3連覇を阻むのか?今シーズンも目が離せません。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリードの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョン、リピートもあり。第24節は以下の2試合を鑑賞しました。

R・マドリード ‐ レバンテ
バルセロナ ‐ ビルバオ

バルセロナは、ホームでビルバオ戦。前半3分、シャビのパスからダニエウ・アウヴェスが折り返し、走り込んだビジャがダイレクトで合わせて先制ゴール!開始早々のゴールにスタジアムは沸きます。その後も惜しいチャンスが何度もありましたが決めきれません。後半4分、PKから、ビルバオのイラオラに決められ同点。しかし、バルセロナは後半32分、メッシがゴールを奪い、2‐1で勝利しました。

レアル・マドリードは、ホームでレバンテ戦。前半6分、右サイドでボールを持ったディ・マリアがグラウンダーのクロスをだすと、中央で待ち構えていたベンゼマがちょこんと合わせ、先制ゴール!前半40分、C・ロナウドのフリーキックにリカルド・カルヴァーリョが合わせて2点目。後半は、得点が出来ませんでしたが、R・マドリードがそのまま逃げ切り勝利となりました。

バルセロナ、レアル・マドリードとも、開始早々に先制点を挙げ、楽な試合展開となりましたが、バルセロナは追いつかれてしまうという事態に。それでも、両チームとも勝利しましたから、底力があります。正GK不在の試合でしたので、ちょっとハラハラしましたが、見慣れた風景とちょっと違うだけで、実際はかなりのレベルのキーパーなのですから、問題ないのでしょう。次節は、2011年2月26,27日(現地時間)。

2011/03/17

東北電力、計画停電発表も

東北電力でも計画停電が予定されていましたが、初日の昨日2011年3月16日は見送られました。また、今日17日も見送られる見通しで、9から12時に予定されていた停電は中止となりました(7時発表)。

正式に発表となったのは2011年3月15日。エリアを第1~8グループに分け、3月16日~18日の午前(9~12時)、午後(17~20時)に実施予定となりました。

発表となった、15日は、東北電力のホームページは全く繋がらず、他のニュースサイト等で情報を入手。会社の業務に影響するかしないかをチェックしました。幸い、当社のある新潟市北区は午前は該当せず、午後が2日間該当。製造業ではありますが、夜間の稼働はほとんどありませんので、なんとかやりくりして出荷は出来そうだとなりました。

新潟市西区にも工場がありますが、そちらは、午前が2回該当。停電になれば当然操業できませんから影響が出ますので、出荷時間を午後からにずらす等でやりくりが可能なようでした。これで一安心。

私の仕事としては、銀行に行く予定がありましたが、新潟市中央区にあるその支店は午前、午後とも、もれなく該当。ですが、自家発電の装置があるそうで、大きな問題もなく営業できるということを確認。とはいえ、信号機等が通電されない状態の中、繁華街に行くのも怖いので、停電の予定されていない13時以降に行く予定にしました。

こんな状況ですから計画停電も必然でしょうから、出来る限りの準備をして待ち受けるしかありません。が、当日、16日8時にはあっさりと午前の予定の見送りが決定。14時には17日の予定が中止の見通しと発表され、15時には、16日午前の停電実施が見送られました。今日17日の7時には、午前の停電が見送りの発表がありました。

理由としては、雨による水力発電所の発電量が増えたことや、他の電力会社からの融通を受けるめどが付いたことが上げられました。他にも消費者の節電努力もあると思います。

今日17日からは実施の最終決定を2時間前に発表することになりましたが、16日は開始予定1時間前の8時に計画停電の中止を決めた後、問い合わせが殺到し、電話やホームページがつながりにくくなったようです。

確かに、客商売の場合、停電になれば営業できないことが多いでしょう。そこで、急遽停電が中止となれば、消費者は動きますから、開店したいのも分かりますが、今の状況から考えれば、そこはそれ、一致団結で皆で協力し合うことが肝要と考えます。

今後も断続的に東北電力の計画停電は予定されることになるでしょうが、普段から節電を心掛け、被害の少なかった地域でも出来ることを、少しずつでも積み重ねていくしかないのでしょう。

2011/03/16

「ツーリスト」鑑賞

先日、「ツーリスト」を観てきました。フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督作品(「善き人のためのソナタ」)。出演:アンジェリーナ・ジョリー(「ソルト」)、ジョニー・デップ(「アリス・イン・ワンダーランド」)、ポール・ベタニー、ティモシー・ダルトン、ルーファス・シーウェル他。

イタリアを訪れたアメリカ人ツーリストのフランク(ジョニー・デップ)は、ベネチアに向かう車中で見知らぬ美女エリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)に声をかけられる。妖艶な彼女に誘われるまま、アバンチュールに酔いしれるフランクだったが、謎の美女エリーズに翻弄され、知らないうちに巨大な事件・陰謀に巻き込まれていくが・・・。

冒頭から、監視される女性・エリーズを追いかけます。あからさまな監視。そして、彼女の元に届く手紙。そして、警察の監視を逃れ、一路ベネチアへ。車中で探すのは、手紙の発信者の指示通り、彼と似た体格の人物・・・。それが、フランクだった。フランクは数学教師だという。ごく普通の旅行者・ツーリスト。しかし、あれよあれよと、命を狙われる羽目になっていきます。慌てふためくフランク。しかし、そこには大きなどんでん返しがいくつもあったのでした。

見終わってみると彼女の行動は、いちいち予定通りだったんだろうなあと思い当たる節が多々ありました。明白に監視されていること、目撃されるような行動、そしてキス。そりゃあ分かります。

ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーと言えばアクション作品でも人気ですが、アクション作品としては少々物足りない感じがします。普通の旅行者が主人公なのですから、そうなのでしょうが、クライマックスでは、もう少し大立ち回りがあっても良かったのではないでしょうか。

しかしながら、人間のもつ二面性を描き、普通でない人生へのあこがれを思い起こさせてくれる作品になっていました。

ベネチアを訪れた1人の旅行者が、知らぬうちに巨大な犯罪に巻き込まれてゆくサスペンス。

2011/03/15

「脳内ニューヨーク」私的映画考Vol.237

先日、「脳内ニューヨーク」を観ました。チャーリー・カウフマン監督作品(「アダプテーション」「マルコヴィッチの穴」)。出演:フィリップ・シーモア・ホフマン(「カポーティ」「ダウト」)、サマンサ・モートン(「エリザベス:ゴールデン・エイジ」)、ミシェル・ウィリアムズ(「シャッターアイランド」)、キャサリン・キーナー、エミリー・ワトソン他。

ケイデン・コダート(フリップ・シーモア・ホフマン)は人気の劇作家。画家の妻アデル(キャスリーン・キーナー)、娘のオリーヴ(セイディ・ゴールドスタイン)と3人で暮らしていたが、個性のない舞台演出を無気力に続ける夫にアデルは失望、オリーヴを連れてベルリンへ。落ち込み、孤独な日々を送るケイデンの元に、マッカーサー・フェロー賞、別名“天才賞”の受賞の知らせが舞い込む。思わぬ賞金を手に入れたケイデンは自分の頭の中にある“もうひとつのニューヨーク”を現実のニューヨークの中に作り出すというものだった。超巨大な倉庫の中に作られていくケイデンの“脳内ニューヨーク”。彼は俳優たちに、その中で人生を構築させ、上演しようとするのだが・・・。

「マルコヴィッチの穴」「エターナル・サンシャイン」と毎度奇抜な脚本を世に送り続けたチャーリー・カウフマンの監督デビュー作。本作でも、もちろん脚本も書いていて、奇抜なアイディアが満載されています。ユーモラスなシーンも多々ありますが、人生の悲哀を感じさせる物語になっています。

大きな倉庫にニューヨークの街並みを作り出し、そこには多くの俳優たちがそれぞれの人生を演じている。ケイデンを演じるモノや、妻アデル、受付嬢ヘイゼル等々。今までの登場人物たちを俳優たちが演じていきます。その人々にケイデンは演出していくのです。それは彼の中にある理想の人々。次第に現実なのかどうかさえ分からなくなっていきます。そして、彼もまた演じるようになっていきます。そんな中、際立っていくのは彼の孤独感。

そんな舞台稽古は延々と続き、十数年の時が経っていってしまいます。

ケイデンの人生経験から来る言葉の数々。人生は複雑で、生まれた時から死へと向かっている。真実はわずかしか見えず、人生には多くの糸が連なっているのです。脳内ニューヨークの中に生きる人々は、どこかで繋がっていますし、一様に年を取っていきます。当たり前のようですが、それを作り物として見続けることはあり得ません。

人生の選択は1度きり。だからいつでも後悔がつきまとう。そして、傷つきながらも幸せなふりをして生きていくしかない。誰もが悲劇の主人公なのだから。生きることはもがくことに違いありません。そして、誰一人として例外はないのです。まして、自分だけが特別なはずはあり得ないのです。皆、等しく同じ人間なのですから。

この奇抜なアイディアの作品を演じる役者たちが良い。一癖もフタクセもありそうな役者たちを登場させ、ナチュラルな演技で飾っていきます。中でも、ケイデンを演じるフィリップ・シーモア・ホフマンはさすがです。斬新なセットや映像センスなど、初監督作品とは思えない作品となっています。

人生に行き詰った人気劇作家が、自分の人生を再生するため、ある壮大な芸術プロジェクトに挑む人間ドラマ。自分の頭の中のニューヨークを実際のニューヨークに作り出し、誰も観たことない舞台を上演することは出来るのか?

2011/03/14

リーガエスパニョーラ10-11シーズン第23節

2010年8月28日(日本時間29日)、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ10-11シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは驚異的な強さでバルセロナが優勝を果たして2連覇を達成して幕を閉じました。今年は、スペイン代表のエース・ビジャを獲得し、さらに攻撃力を増したバルセロナの快進撃が続くのか?それとも、C・ロナウド、カカーを有する、レアル・マドリードが3連覇を阻むのか?今シーズンも目が離せません。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリードの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョン、リピートもあり。第23節は以下の2試合を鑑賞しました。

S・ヒホン ‐ バルセロナ
エスパニョール ‐ R・マドリード

バルセロナは、アウェーでスポルディング・ヒホン戦。S・ヒホンは、自陣ゴール前でボールを奪いカウンターを仕掛けると、バラルが1人で持ち込んでゴール。貴重な先制ゴールを上げました。なんとか追いつきたいバルセロナでしたが、決定機を作り出すモノの、最後で精彩を欠き、得点できません。後半に入り、ペドロを投入し攻勢を強めるバルセロナ。ようやく追いついたのは、後半34分。ビジャがループシュートを華麗に決め、同点とします。焦るバルセロナ。結局、そのまま試合終了。1-1でドローとなりました。

レアル・マドリードはアウェーでエスパニョール戦。試合開始早々、カシージャスが一発退場という不測の事態を招いてしまい窮地に立たされるレアル。控えのGKアダンが投入されます。それでも、試合を押しているのはレアル。前半23分、エリア内でパスを受けたマルセロがニアサイドに強烈なシュートを蹴り込んでゴール。先制します。その後は、エスパニョールの攻勢が続き、防戦一方のレアル。なんとか逃げ切り1‐0でレアル・マドリードが勝利しました。

バルセロナは、リーグ連勝記録を16でストップしてしまいましたが、負けなしの状態は続きます。2位レアル・マドリードとの勝ち点差は5になりました。が、レアルのGKカシージャスの一発退場は痛かった。次の試合も出場出来ませんから。守護神不在でどう戦うか、不安が残る状態です。徐々に調子の上がってきたレアルでしたが、この先どうなるのか?期待して待ちましょう。次節は、2011年2月19,20日(現地時間)。

2011/03/12

東北地方太平洋沖地震発生!

2011年3月11日(金)の東北地方太平洋沖地震により被害を受けられました皆様に心からお見舞い申し上げます。

14時46分、新潟県内でも大きな揺れを感じました。私は会社の2階事務所で来客中でしたが、突然の揺れに、しばし、会話を止めました。随分、長い間、揺れていました。3分ほどでしょうか。最初は小さい揺れでしたが、次第に大きくなり、ぐらぐら揺れました。当社は地盤のあまり良くない場所に建っていますので、普通よりも揺れが大きかったかもしれません。

すぐにテレビを付け、情報を確認。インターネットでも状況を確認しました。新潟県下越地方は震度4。震源地は三陸沖。津波警報が発生。その後、余震と思われる揺れを何回も感じました。

次々に入ってくる情報は凄まじいモノでした。特に津波の映像。じわじわと波が忍び寄り辺りのモノをなぎ倒します。津波のパワーを見ました。

被害は東北地方を中心に関東にも及び、かなりの広範囲。津波注意報は太平洋岸を中心に大津波警報も発生。時間を追ううちに日本海側にも津波注意報が出ましたが、新潟県内では大きな被害は出ていません。

日が変わって2011年3月12日(土)、午前4時。グラグラという震動で目が醒めました。地震です。新潟県中越地方を震源とする地震。中越地震を思い起こします。新潟県中越地方は、震度6弱、下越地方は震度4。内陸部が震源でしたので、津波の心配はありません。

その後、何回も余震が続いています。積雪のある地方では雪崩の心配もありますが、今のところ大きな被害は出ていないようです。この週末は、地震の不安の中、過ごさなければいけませんが、被害に遭われた方は、一日も早く復旧をされますよう、お祈り申し上げます。

2011/03/11

「恋とニュースのつくり方」鑑賞

先日、「恋とニュースのつくり方」を観てきました。ロジャー・ミッチェル監督作品(「ノッティングヒルの恋人」)。製作:J.J.エイブラムス(「LOST」「フリンジ」)。出演:レイチェル・マクアダムス(「シャーロック・ホームズ」「きみに読む物語」)、ハリソン・フォード(「インディ・ジョーンズ」シリーズ)、ダイアン・キートン、パトリック・ウィルソン、ジェフ・ゴールドブラム他。

ベッキー(レイチェル・マクアダムス)は長年勤めた地方のテレビ局をクビになり、失業中だったが、ニューヨークの全国ネットのテレビ局で朝の情報番組のプロデューサーに採用されたのだ。だが、彼女の担当は、超低視聴率のお荷物番組“デイブレイク”。ベッキーは番組立て直しのために、メインキャスターの交代を計画する。伝説の報道キャスター、マイク・ポメロイ(ハリソン・フォード)を抜擢。しかし、視聴率は思うように伸びず、打ち切られそうになってくる。そんな中、プロデューサーのアダム(パトリック・ウィルソン)といい関係になってきては来るモノの、仕事に没頭するあまり、関係もこじれかけていくが・・・。

やる気満々のベッキーの前に問題は山積。朝の情報番組で予算はないし、時間はない。古株の女性キャスター・コリーン(ダイアン・キートン)とポメロイは、顔を合わせればケンカばかり。過去の栄光にすがっているマイクは、報道以外は受け付けない。新体制で番組をスタートしたモノの、視聴率はいっこうに上がりません。

しかし、情熱を持って仕事に挑むベッキーにほだされたのか、次第にスタッフは一丸となっていきます。それでも、ポメロイだけは蚊帳の外。マイペースなのか意固地なのか。自分の仕事以外は頑として受け付けない。かつてのアクションスター、ハリソン・フォードも年を取ったモノ。頑固じいさんという感じ。ベッキーとの会話もいっこうに折り合わず平行線をたどりますが、この辺りが面白い。

ベッキーと恋仲となるアダムは、以前、ポメロイの番組を担当したこともあり、その偏屈さは嫌というほど身にしみていました。逆に言えばコントロール方法も分かっていると言うことで、ピンチを切り抜けたりもします。

仕事に夢中になるばかりに、恋がうまくいかなかったベッキーでしたが、今度こそはと踏みとどまろうとします。が、上司のジェリー(ジェフ・ゴールドブラム)から番組は6週間で結果が出なければ、打ち切りと宣告を受け、ベッキーは最後の手段に出ると共に、恋も諦めそうになります。ふたりの恋の行方は・・・。番組は打ち切られてしまうのか?

希望を持って仕事に打ち込むことは悪いことではない。情熱が人を動かしていくのだから。そして、いつか栄光の朝日を浴びる日が来るに違いない。

恋に仕事に新たな第一歩を踏み出すベッキーをレイチェル・マクアダムスがキュートに演じ、ハリソン・フォードやダイアン・キートン、ジェフ・ゴールドブラムが脇を固める本作。小気味良く物語は展開し、緩急を付けるために合間に入るミュージックビデオ風の映像が美しく、特にラスト近くのベッキーが駆け抜けるシーンは秀逸。

テレビ局を舞台に、恋に仕事に奮闘する女性プロデューサーの姿を描くサクセス・ラブストーリー。

2011/03/10

楽天銀行がすごい!その8

最近、楽天銀行の口座を作りました。

前回は楽天銀行の魅力の一つ「ハッピープログラム」をご紹介しましたが、今回は「ゴールドラッシュプログラム」をご紹介します。

「ゴールドラッシュプログラム」とは、楽天銀行口座へ他の金融機関から「振込」があった場合、その「振込件数」に応じて対象となる楽天銀行の口座へ現金がプレゼントされるというプログラムです。詳しくはこちら

まずは、エントリー。対象ランクのいずれかを問わず、毎月期間内に「エントリー」手続きが必要になります。期間内であれば、いつでもOKです。あとは、他行より振り込みされるのを待つだけ。

月間の振込件数によって、1件あたりのプレゼント金額がアップしますが、ランクによって変わります。2011年3月のランクの要件と金額は以下の通り(毎月、ランクアップ条件は変わりますので、ご注意ください)。

  • ランクS 30円/件 30回~または、10回以上あり、かつ「ゆうちょ銀行」からの振込入金が1回以上あること。
  • ランクA 25円/件 6回~
  • ランクB 20円/件 3~5回

他人からはもちろん、本人からの振込も対象となりますし、条件を満たせば「Yahoo!かんたん決済」の振込も対象になります。 「Yahoo!かんたん決済」からの振込の場合は、回数にかかわらず、10円/件となります。

ランクBの場合、他行から振込まれた件数が3件で、Yahoo!かんたん決済からの振込が2件だとすると、20円×3件+10円×2件=80円となります。

プレゼント(現金)の入金については、原則、翌月中旬~下旬を目処に対象となる楽天銀行口座へ入金されます。私の場合、2010年12月分80円、2011年1月分60円、2月分60円を受け取りました。現在のような低金利時代には、たとえ金額が少なくても嬉しいモノです。

口座を開設したのと時を同じくして、ネットオークション本格的に再開したのも良かったようです。落札者に対して振込指定口座を連絡しますが、従来のジャパンネット銀行に加え、楽天銀行口座を通知するように変更しましたし、Yahoo!かんたん決済の受取口座も楽天銀行に変更しましたので、オークションがらみで何件かの振込がありました。

ブログ関係で言えば、アフィリエイトからの成果の入金もありますし、楽天銀行で投資信託をはじめましたので、毎月分配型のファンドからも配当による入金があります。

「ハッピープログラム」は楽天スーパーポイントとしていただけますが、この「ゴールドラッシュプログラム」は現金がいただけると言うことで、さらにおトク感があります。ネット銀行は窓口を持たないことにより、合理化し、金利を上乗せしたりという魅力もありますが、楽天銀行では、ゲーム感覚でポイントや現金が増える様なサービスを提供してくれるので、面白いです。

つづく。

2011/03/09

リーガエスパニョーラ10-11シーズン第22節

2010年8月28日(日本時間29日)、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ10-11シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは驚異的な強さでバルセロナが優勝を果たして2連覇を達成して幕を閉じました。今年は、スペイン代表のエース・ビジャを獲得し、さらに攻撃力を増したバルセロナの快進撃が続くのか?それとも、C・ロナウド、カカーを有する、レアル・マドリードが3連覇を阻むのか?今シーズンも目が離せません。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリードの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョン、リピートもあり。第22節は以下の2試合を鑑賞しました。

バルセロナ - A・マドリード
R・マドリード - R・ソシエダ

バルセロナはホームでアトレティコ・マドリード戦。前半17分、右サイドからメッシがドリブルで切れ込み豪快にシュート!バルセロナが先制します。28分にも再びメッシが追加点を奪います。後半にはいっても、バルセロナのペースは続きます。メッシがビジャのシュートのこぼれ球を押し込んでハットトリック達成!そのまま3‐0で試合終了。好調なバルセロナを象徴するような快勝でした。

レアル・マドリードは、ホームでレアル・ソシエダ戦。開始早々ペースを握ったレアルは、7分にクリアミスを拾ったカカーのゴールで先制します。スタジアムは大盛り上がり。クリスティアーノ・ロナウドも好調です。20分、42分と立て続けにゴールを上げ、勝利を決定づけます。後半に入り、オウンゴールで1点を失いますが、試合終了間際に新加入のアデバヨールが、だめ押し店をあげ、4-1でレアル・マドリードが勝利しました。ここ数試合、ディ・マリアが良いです。自らで得点を上げることもありますが、アシストが特に光っています。

バルセロナは、順調に勝ち星を挙げ、連勝記録を「16」に更新。前節、思わぬ黒星を上げてしまったレアル・マドリードはなんとしても勝利し、バルセロナとの勝ち点差をキープしたいところで、良い結果を出すことが出来ました。連携もうまくいくようになってきたレアル。ここから巻き返しなるのか?次節は、2011年2月12,13日(現地時間)。

2011/03/08

「7級公務員」鑑賞

先日、「7級公務員」を観てきました。シン・テラ監督作品。出演:キム・ハヌル(「青春漫画 ~僕らの恋愛シナリオ~」)、カン・ジファン、チャン・ヨンナム、リュ・スンリョン、カン・シニル他。

韓国政府の国家情報院の国内産業保安チームに所属しているスジ(キム・ハヌル)は、特殊な職業ゆえ、彼氏のジェジュン(カン・ジファン)にも自らの正体を明かすことができず、破局。彼は海外へ留学してしまう。3年後、任務中に偶然の再会を果たし国際会計士になったという彼の姿に、再び揺れ始めるスジの心。しかし、スジが任務先へ赴くと、必ずジェジュンに出会ってしまう。この3年間に、ジェジュンにいったい何があったのか・・・。

オープニングのスジがウエディングドレス姿のまま水上バイクで川を疾走するシーンは、奇想天外で、ド派手で良かったのですが、その後のアクションシーンは失速という感じ。恋愛模様を絡めたスパイ・アクション・コメディになっていますが、どちらかと言えばラブストーリーが中心になっているようです。

アクションシーンでは、カメラがアクションラインを越えることが頻繁にあり、おまけにカット切り替えが速いので、何をやっているのか分からないシーンが多々ありました。せっかくのスタントシーンがもったいない。クライマックスの戦いは、伏線となっていたフェンシングが上手く使われていました。思い出は愛し合う二人の絆として、確かに存在していたのでしょう。果たして、互いの正体を知らずに再会した元恋人同士の運命は・・・?

韓国政府の情報機関、国家情報院に所属する元恋人同士の男女が巻き起こす騒動を描くアクションコメディー。

2011/03/07

PSP「SDガンダム GGENERATION PORTABLE」その11

以前、4年6ヶ月にも渡ってPSP「機動戦士ガンダム ギレンの野望」シリーズをプレイし続けていました。良くも飽きずにやったモノです。「アクシズの脅威」のメカニック図鑑、キャラクター図鑑のコンプリートを区切りに、卒業しました。そして、次に、始めたのが、PSP「SDガンダム GGENERATION PORTABLE(ジージェネレーション ポータブル)」です。

『機動戦士ガンダム』シリーズに登場するモビルスーツを、頭が大きく手足が短い2頭身で表現したキャラクター「SDガンダム」。そのSDガンダムが繰り広げるウォー・シミュレーションゲームになります。「SDガンダム GGENERATION」シリーズは様々なゲーム機に移植された人気シリーズ。そのPSP(プレイステーション・ポータブル)版が、PSP「SDガンダム GGENERATION PORTABLE」です。

一通りのシナリオをクリアし、コレクションのコンプリートも達成し、現在は、オプションパーツのコンプリートをめざしてプレイを続けていました。

最近の結果は、「ファーストガンダム」プラチナ1、「Gガンダム」プラチナ1、「ガンダムF91」プラチナ1「ガンダムX」プラチナ1しかできませんでした。トータルは、プラチナ25/38、ゴールド18/18、シルバー40/42、ブロンズ12/13となりました。

創意工夫をこらして、ゲームをしてきましたが、そろそろ限界のようです。オプションパーツのコンプリートを目指しましたが、ここまで来て、かなり難しく思うようになってきました。

プラチナを目指してプレイをしてきましたのでゴールドはいち早くコンプリート達成で来ました。シルバー、ブロンズに関しては残り1,2個ではありましたが、ここまで部隊が強くなったいま、普通にやってもハロポイントはかなり上がりますから、レベルを落とすのもどうかと思いますから、努力はしませんでした。

プラチナのコンプリートはやはり難しかったです。コンプリートを目指してプレイしはじめて、1周り、2周りと終わった時点で、残した一口メモを見ながら、なんとか、クリア出来そうなステージをプレイしてきました。「惜しかった」「丁寧に」とあるステージはなんとかプラチナを達成できることもありましたが、「難しい」「無理」なんてあるステージは、あの手この手で何度かプレイしてみましたが、とても届きませんでした。

「STAGE 1」はどの話も比較的カンタンで、プラチナを達成しやすいという傾向がありました。全部の敵機を、マスターユニット+6ユニットで撃破すれば、大抵の場合、プラチナが達成できるのですが、中にはパーフェクトで撃破してもプラチナ達成できないステージもあったりします。

これはいかん。きっと全部のステージでプラチナを達成することなんて出来ないのかもしれない。と思い始めてしまいました。こうなるとモチベーションが上がりませんから、情熱がなくなってきまして、ますます、ペースが落ちます。潮時かあ。

と言うことで、ここまでの成績が最終結果となりました。「SDガンダム GGENERATION PORTABLE」を始めて、1年。ここらで幕引きとなります。開始当初、おもしろみが分からず、遅々として進みませんでしたが、ユニットのコンプリートや、オプションパーツのコンプリートを目指してからは、創意工夫を重ね、ようやくおもしろみが出てきました。

シミュレーションゲームは一回の意志決定が左右することもあるくらいです。これは普段の生活でも、仕事でも同じこと。人生は意志決定の積み重ね。ゲームの場合はやり直すことも出来るでしょうが、人生では時にはやり直しがきかないこともありますから、意志決定の訓練は必要と言えるでしょう。

また、試行錯誤すること、創意工夫や発想の転換も必要で、いつでももっと良い方法はないか、もっと別の方法が出来ないかと考えることが大切です。

オプションパーツコンプリートの道は道半ばで断念してしまいましたが、1年間に及ぶプレイで十分楽しめたと思います。ありがとうございました。これにて、「SDガンダム GGENERATION PORTABLE」は卒業させていただきます。(了)

2011/03/05

「男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW」鑑賞

先日、「男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW」を観てきました。ソン・ヘソン監督作品(「力道山」)。製作総指揮:ジョン・ウー(「フェイス/オフ」)。出演:ソン・スンホン(「ゴースト もういちど抱きしめたい」)、チュ・ジンモ(「カンナさん大成功です!」)、チョ・ハンソン、キム・ガンウ他。

兄弟で北朝鮮から脱出を試み、一人脱北に成功した兄ヒョク(チュ・ジンモ)は、コリアン・マフィアの世界に入り、今は北朝鮮出身のヨンチュン(ソン・スンホン)とともに、釜山を拠点とする武器密輸組織の大物になっていた。生き別れた弟チョル(キム・ガンウ)が見つかるが、チョルは、家族を裏切ったヒョクを憎んでいた。ヒョクは、組織を離れる決意をし、最後の仕事のため、タイでの大規模な取引に赴くが、部下のテミン(チョ・ハンソン)の策略で取引は失敗し、ヒョクだけが地元警察に逮捕されてしまう。ヒョクの逮捕を知ったヨンチュンはタイ・マフィア相手に敵討ちを行うが、右脚に重傷を負い、テミンにより組織を追われる。3年後、組織はロシアン・マフィアとの取引で勢力を拡大していた。

ジョン・ウー監督の「男たちの挽歌」の韓国版リメイク作品。大筋はオリジナル版に似てはいますが、分断された南北朝鮮の事情を反映し、主人公はみな脱北者。弟を裏切ってしまった兄ヒョク、忠義心に熱い義弟とも言えるヨンチュン、兄を憎む弟チョル。三人の主人公は苦悩し葛藤に震えます。特に「兄弟愛」がテーマとして感じられます。

オリジナル版の華麗なアクションを期待すると、本作ではドラマ重視になっているので、少々物足りなさを感じてしまうかもしれません。スローモーションを多用してはいるものの、アクションシーンではほとんど無く、ここぞという見せ場に活用されています。

クライマックスとなる埠頭での対決は、大迫力。しかし、悲しい末路は避けることが出来ないのも運命なのか・・・。

リメイクを越えたリウェイク版として韓国で甦った「男たちの挽歌」。男たちの苦悩はさらに深く、そして悲しい。

2011/03/04

「悪魔を見た」鑑賞

先日、「悪魔を見た」を観てきました。キム・ジウン監督作品(「グッド・バッド・ウィアード」)。出演:イ・ビョンホン(「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」)、チェ・ミンシク(「オールド・ボーイ」)、オ・サナ、チョン・グックァン、チョン・ホジン他。

バラバラ殺人事件の被害者は、引退した重犯罪課の刑事チャン(チョン・グックァン)の娘ジュヨン(オ・サナ)だった。一ヵ月前にジュヨンと婚約したばかりの国家情報院捜査官スヒョン(イ・ビョンホン)は、上司に休暇を申し出、チャンが元部下から入手した捜査資料を受け取り、捜査線上に浮上した4人の有力容疑者を締め上げていく。そのうちのひとり、ギョンチョル(チェ・ミンシク)のねぐらで女性用の下着やバッグを発見し、この男こそが犯人だと確信する。ギョンチョルを捕まえ、マイク付きのGPSチップの入ったカプセルを飲ませ解放する。そしてギョンチョルが犯行に及ぼうとするたびに現れ、アキレス腱を切るなどの残虐な制裁を加えていくのだが・・・。

ギョンチョルの猟奇殺人シーンをはじめ、思わず顔を背けてしまうような残酷なシーンが多々ありますので、鑑賞には注意が必要です。最愛の婚約者を殺されたスヒョンが復讐の名の下に猟奇殺人犯に制裁を加えていきます。その様も残酷で、タイトルになっている「悪魔」とはいったいどちらのことなのか分からなくなってきます。しかし、やり過ぎてしまうスヒョン。思わぬ結果を招いてしまいますが・・・。

復讐したい気持ちは分かるような気はしますが、行きすぎた行為は自分をも苦しめ、取り返しの付かない事態に行き着きます。それも最悪のカタチで。そこに正義はあるのでしょうか?

ギョンチョル役のチェ・ミンシクの怪演は際立っていて、冷酷な殺人者を最期まで見事に演じきっています。それにしても、最後の復讐はいかがなモノか・・・。

最愛の婚約者を殺された男の熾烈な攻防を描く“復讐”をテーマとしたサイコ・スリラー。

2011/03/03

「シングルマン」鑑賞

先日、「シングルマン」を観てきました。トム・フォード監督作品。出演:コリン・ファース(「英国王のスピーチ」「マンマ・ミーア!」)、ジュリアン・ムーア(「ブラインドネス」「トゥモロー・ワールド」)、マシュー・グード、ジニファー・グッドウィン、ニコラス・ホルト他。

1962年。ジョージ(コリン・ファース)は、16年間共に暮らしたジム(マシュー・グード)が交通事故で亡くなって以来、悲しみを深めていった。そして、自らの手でこの悲しみを終わらせようと決意する。身辺整理をしつつ、望んだ最後の授業では、いつになく自らの信条を熱く語り、講義に触発された教え子ケニー(ニコラス・ホルト)が、学校の外で話したいと追いかけてくるが、誘いを断る。かつての恋人で今は親友のチャーリー(ジュリアン・ムーア)から電話が入り、ジョージは破るつもりだった約束を守って彼女の家を訪れる。彼女もまた孤独だった。そして、帰宅したジョージはケニーの思わぬ行動に心揺さぶられるのだが・・・。

独特の雰囲気が漂い、静寂の中で物語は展開していくようでした。はっきりとした説明があまりないために、ジョージの行動の不可解さに得も言われぬ緊張感が忍び寄ってきます。そして、その目的が分かった時には、どれだけ人を愛すればそんな風になれるのか?と言う想いが浮かびました。また、フラッシュバックするイメージをつなぎ合わせていくような映像は、何かのプロモーションビデオのようでもありました。

大学のデスクを片付け、銀行の貸金庫の中身をカラにし、新しい銃弾を購入、遺書、保険証書、各種のカギ、死装束・・・。着々と準備を進めるジョージ。最期の日に出会う人々は、いつもと少し変わっているようにも見え、そして優しくも映ります。しかし、思い出すのは愛するジムのこと。やはり、思いとどまることは出来ない。そして、彼を待ち伏せしていた学生のケニーの出現。何かを感じているケニーは、ジョージを誘い出しますが・・・。

生きていれば、どんなに辛いことも悲しいこともあるには違いありませんが、そんな中でも、他人と本当の関係を作ることが出来れば、それだけでも生きる価値があるのではないでしょうか。

今は亡き、愛するパートナーのもとへ旅立とうとするひとりの中年男性の最後の一日を描いた人間ドラマ。

2011/03/02

「義兄弟~SECRET REUNION」鑑賞

先日、「義兄弟~SECRET REUNION」を観てきました。チャン・フン監督作品。出演:ソン・ガンホ(「グッド・バッド・ウィアード」「グエムル」)、カン・ドンウォン(「私たちの幸せな時間」「デュエリスト」)、チョン・グックァン他。

国家情報員のイ・ハンギュ(ソン・ガンホ)は、ソウル市内の団地で起きた北朝鮮工作員との銃撃戦の折、多くの死傷者をだし、工作員を取り逃がした責任を問われ組織を解雇される。6年後、ハンギュは、探偵まがいの仕事をしていたが、ある日、銃撃事件の現場から逃走した北朝鮮工作員のソン・ジウォン(カン・ドンウォン)に偶然出くわす。ジウォンはパク・ギジュンという偽名を使い、潜伏生活を続けていた。一緒に働くようになった二人は、同居生活を始めるが・・・。

北朝鮮のスパイと元国家情報員がお互いの素性を知りながら、同居生活をするという物語は、「シュリ(1999年製作)」を思い起こさせます。男女の恋愛を絡めながらと言うのを男同士に置き換え、テーマとしては兄弟愛や家族愛を中心に描きます。

お互いの素性を知っているのに、その奥にある目的を互いに探ろうとするふたり。寝食を共にするうちに次第に心を通わせていきます。ソン・ガンホ演じるハンギュは、ちょっと間が抜けているのか、雑なのか、ちょっとメチャクチャで、その辺りがユーモラスに描かれています。反面、アクションシーンは緊張感が漂います。冒頭の暗殺者の暗躍シーンやクライマックスでのアクションは見応えたっぷり。

「シュリ」のような悲劇的にならず、希望のあるなラストになったのは、カン・ドンウォンの人気のたまものなのか?それとも時代がそうさせたのか?分断された南北朝鮮。希望はまだ捨ててはいけないのですから。

北朝鮮のスパイと、彼を追う元国家情報員の宿命の対決、そして彼らの間に芽生える深い絆を描いた作品。

2011/03/01

第83回アカデミー賞決定!

第83回アカデミー賞の授賞式が昨日2011年2月28日(現地時間2月27日)、開催され、各賞が決定されました。主要部門は以下の通り。

●作品賞  「英国王のスピーチ
●監督賞  トム・フーパー 「英国王のスピーチ」
●主演男優賞  コリン・ファース 「英国王のスピーチ」
●主演女優賞  ナタリー・ポートマン 「ブラック・スワン
●助演男優賞  クリスチャン・ベール 「ザ・ファイター
●助演女優賞  メリッサ・レオ 「ザ・ファイター」

前評判ではゴールデングローブ賞を受賞した「ソーシャル・ネットワーク」が有力視されていましたが、主要部門を見れば、監督賞、作品賞、主演男優賞、脚本賞を受賞した「英国王のスピーチ」の勝利となりました。主要部門でも、「ソーシャル・ネットワーク」の陰はなく、脚色賞、編集賞、作曲賞の受賞にとどまりました。

また、奇抜なアイディアで映像を見せてくれた「インセプション」は、撮影賞、音響編集賞、音響録音賞、視覚効果賞を受賞。「英国王のスピーチ」とならび、最多となる4部門での受賞となりました。

主演女優賞を受賞した「ブラック・スワン」のナタリー・ポートマンは、あいかわらずの美しさをたたえ、大きなお腹を抱えてのスピーチは感動的でした。「ザ・ファイター」で助演男優賞を受賞したクリスチャン・ベールも、良いスピーチでした。役者に賭ける情熱を感じられました。

毎年思いますが、アカデミー賞授賞式時点では、ほとんどの作品を見ていない状況です。今回にいたっては、主要部門を受賞した作品は1本も見ていません。まだ観ていない作品については何とも言えませんが、随時、公開されていくでしょうから、その時までの楽しみに取っておくことにしましょう。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ