« 「義兄弟~SECRET REUNION」鑑賞 | トップページ | 「悪魔を見た」鑑賞 »

2011/03/03

「シングルマン」鑑賞

先日、「シングルマン」を観てきました。トム・フォード監督作品。出演:コリン・ファース(「英国王のスピーチ」「マンマ・ミーア!」)、ジュリアン・ムーア(「ブラインドネス」「トゥモロー・ワールド」)、マシュー・グード、ジニファー・グッドウィン、ニコラス・ホルト他。

1962年。ジョージ(コリン・ファース)は、16年間共に暮らしたジム(マシュー・グード)が交通事故で亡くなって以来、悲しみを深めていった。そして、自らの手でこの悲しみを終わらせようと決意する。身辺整理をしつつ、望んだ最後の授業では、いつになく自らの信条を熱く語り、講義に触発された教え子ケニー(ニコラス・ホルト)が、学校の外で話したいと追いかけてくるが、誘いを断る。かつての恋人で今は親友のチャーリー(ジュリアン・ムーア)から電話が入り、ジョージは破るつもりだった約束を守って彼女の家を訪れる。彼女もまた孤独だった。そして、帰宅したジョージはケニーの思わぬ行動に心揺さぶられるのだが・・・。

独特の雰囲気が漂い、静寂の中で物語は展開していくようでした。はっきりとした説明があまりないために、ジョージの行動の不可解さに得も言われぬ緊張感が忍び寄ってきます。そして、その目的が分かった時には、どれだけ人を愛すればそんな風になれるのか?と言う想いが浮かびました。また、フラッシュバックするイメージをつなぎ合わせていくような映像は、何かのプロモーションビデオのようでもありました。

大学のデスクを片付け、銀行の貸金庫の中身をカラにし、新しい銃弾を購入、遺書、保険証書、各種のカギ、死装束・・・。着々と準備を進めるジョージ。最期の日に出会う人々は、いつもと少し変わっているようにも見え、そして優しくも映ります。しかし、思い出すのは愛するジムのこと。やはり、思いとどまることは出来ない。そして、彼を待ち伏せしていた学生のケニーの出現。何かを感じているケニーは、ジョージを誘い出しますが・・・。

生きていれば、どんなに辛いことも悲しいこともあるには違いありませんが、そんな中でも、他人と本当の関係を作ることが出来れば、それだけでも生きる価値があるのではないでしょうか。

今は亡き、愛するパートナーのもとへ旅立とうとするひとりの中年男性の最後の一日を描いた人間ドラマ。

« 「義兄弟~SECRET REUNION」鑑賞 | トップページ | 「悪魔を見た」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/50964335

この記事へのトラックバック一覧です: 「シングルマン」鑑賞:

« 「義兄弟~SECRET REUNION」鑑賞 | トップページ | 「悪魔を見た」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ