« リーガエスパニョーラ10-11シーズン第30節 | トップページ | 「ソウル・キッチン」鑑賞 »

2011/04/15

リーガエスパニョーラ10-11シーズン第31節

2010年8月28日(日本時間29日)、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ10-11シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは驚異的な強さでバルセロナが優勝を果たして2連覇を達成して幕を閉じました。今年は、スペイン代表のエース・ビジャを獲得し、さらに攻撃力を増したバルセロナの快進撃が続くのか?それとも、C・ロナウド、カカーを有する、レアル・マドリードが3連覇を阻むのか?今シーズンも目が離せません。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリードの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョン、リピートもあり。第31節は以下の2試合を鑑賞しました。

ルセロナ ‐ アルメリア
ビルバオ ‐ R・マドリード

バルセロナは、ホームでアルメリア戦。バルセロナ優位に進む試合展開でしたが、先発したボージャンが負傷退場し、ビジャが投入されます。決定機は何度もありましたが、得点にはなりませんでした。前半を0‐0のまま折り返します。後半4分、ピアッティからコロナへのパス、ワンタッチでシュート。これぞカウンターと言う攻撃でアルメリアが先制します。

しかし、その直後、バルセロナはビジャがエリア内で倒されPKを得ます。メッシが冷静に決め、同点。後半18分にはセットプレーから、チアゴ・アルカンタラがヘディングを豪快に決め、逆転成功。終了間際の後半ロスタイムにもメッシがクリアミスのボールをあっさりと決め、3‐1でバルセロナの勝利となりました。

レアル・マドリードはアウェーでビルバオ戦。クラシコに備えて、クリスティアーノ・ロナウド、エジルの主力選手を温存したレアル。久しぶりにカカーが先発です。前半13分、ドリブルでエリア内に侵入したところをディ・マリアが倒されPK。これをカカーが決め先制。後半にはいって再びカカーがPKを決め、2-0とします。後半8分、途中出場のC・ロナウドが3点目を決め試合を決定づけます。そのまま試合は終了し、クラシコへ挑みます。

バルセロナとレアル・マドリード共に、次節のクラシコに備えて準備万端という感じ、今後も過密日程が続く中、主力を温存しながらも、累積警告で欠場の選手を休ませるようなカタチでした。レアルは、クリスティアーノ・ロナウド、カカーが揃いましたが、まだまだ本調子でないという感じは否めません。どうなる?クラシコ。前回のクラシコのような大差にならないように期待しています。伝統の一戦クラシコは、今週末です。次節は、2011年4月16,17日(現地時間)。

リーガ、国王杯とクラシコが続きますが、なんと、ヨーロッパ・チャンピオンズリーグの準決勝でもクラシコが決定!ホーム&アウェイで2試合ですから、今後、なんと合計4試合のクラシコが観られます!かつて、こんな贅沢な話があったでしょうか?チャンピオンズリーグの放送が、あるかどうかは分かりませんが、ぜひとも放送して欲しいモノです。

« リーガエスパニョーラ10-11シーズン第30節 | トップページ | 「ソウル・キッチン」鑑賞 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーガエスパニョーラ10-11シーズン第31節:

« リーガエスパニョーラ10-11シーズン第30節 | トップページ | 「ソウル・キッチン」鑑賞 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ