« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011/04/28

2011.04映画鑑賞総括

4月の劇場での映画鑑賞は6本。今年の累計31本。今月は低調に推移しました。

0411   エクスペリメント
0414   ソウル・キッチン
0420   ザ・ライト~エクソシストの真実~
0422   戦火の中へ
0425   英国王のスピーチ
0426   抱きたいカンケイ

今月は、戦争、サスペンス、ラブストーリー、ドラマ、コメディとバラエティに富んだ作品がありました。

良かったのは「ソウル・キッチン」。まったく、情報が無く観に行ったので、どんな作品か始まるまで分かりませんでした。韓国・ソウルのレストランとかのお話しかくらいに思っていました。(^-^; 始まって見れば、少々無国籍感が漂う面白い雰囲気の作品でした。ハンブルグが舞台で、日常の風景が溢れていましたが、物語はあれよあれよという間に非日常へと展開。終わってみれば、これはラブストーリーでした。魂を込めたモノに、国境はないんでしょうね。

「英国王のスピーチ」は本年度アカデミー賞受賞作品。やはりというかなんというか、アカデミー会員が好きそうな作品でした。歴史があり、しっかりとしたドラマがあり、教訓がある。それでいて格調高い。「ソーシャル・ネットワーク」も良かったですが、決め手はここでしょうね。助演男優賞にノミネートされたジェフリー・ラッシュもさすがの演技でした。

新潟では5月に「ザ・ファイター」が公開されますので、助演男優賞を受賞したクリスチャン・ベールの演技も確認・比較したいと思います。

「ガリバー旅行記」「エンジェル・ウォーズ」を見に行く予定でしたが、新潟では2D、3D共に吹き替え版のみの上映でしたので、今回は見送りました。残念。「ガリバー・・・」は子供向けでもあるのでしょうが、大人が観ても楽しめるはずですから、3D上映でもぜひとも字幕版をお願いしたいところです。

来月5月は、今月公開されてまだ見ていない作品を見たあとは、待望の新作「パイレーツ・オブ・カリビアン生命の泉」、「手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく」「アジャストメント」と期待作が目白押し。また、アカデミー賞関連では、「ブラック・スワン」「ザ・ファイター」「トゥルーグリット」が公開予定。楽しみが続きます。

2011/04/27

「抱きたいカンケイ」鑑賞

先日、「抱きたいカンケイ」を観てきました。アイヴァン・ライトマン監督作品(「Gガール 破壊的な彼女」)。出演:ナタリー・ポートマン(「マイ・ブラザー」「ブラック・スワン」)、アシュトン・カッチャー(「バレンタインデー」「ベガスの恋に勝つルール」)、グレタ・ガーウィグ、ミンディ・カリング、クリス・“リュダクリス”ブリッジス他。

エマ(ナタリー・ポートマン)とアダム(アシュトン・カッチャー)は15年前から何度か偶然の再会を重ねるが、決してトモダチ以上にならなかった。二人はひょんなことから、カンケイを持ってしまうが、エマからセックス・フレンドにならないかという提案を受ける。それから、抱きたい時だけお互いをメールで呼び出す奇妙なカンケイが始まった。それ以外はデートも恋愛感情も一切ナシ、嫉妬や束縛は厳禁、どちらかが恋したら即解消と言うルールに則りカンケイは続いていくが、やがてアダムはエマに恋をしてしまい限界を感じ、カンケイは解消してしまうが・・・。

エマは病院に勤める研修医で週80時間労働で、恋の駆け引きをしているヒマなどなく、人を愛して傷つくのが怖い、自称“恋愛アレルギー”。アダムはTV番組のアシスタントで、社会的には半人前。また、アダムの元カノのヴァネッサ(オフィリア・ラヴィボンド)が、人気TVスターだった父親(ケヴィン・クライン)と付き合っているというのも悩みの種。そんな二人が都合の良いカンケイを結びます。

とにかく忙しいエマ。時間があれば即呼び出しカンケイを結びます。互いの部屋、車のシート、病院のロッカールーム、果ては診察台で二人の刺激的で楽しいカンケイが始まります。最初はそれでも良かったのですが、いつしか二人は惹かれあっていきます。

1度だけデートをしないかという提案をするアダム。しかし、それが基でふたりの関係は終わりを告げてしまうのでした。アダムの周りにはいつも女性がいて、それも関係をこじれさせる原因の一つ。しかし、ふたりは相思相愛。関係はこのまま終わってしまうのか?

いつでも恋は想定外。遠回りの恋もたまには良い。それが、逆から始まっても良い。抱きたい時だけのカンケイだった男女の恋の行方を描くラブ・コメディー。

2011/04/26

「英国王のスピーチ」鑑賞

先日、「英国王のスピーチ」を観てきました。トム・フーパー監督作品。出演:コリン・ファース(「シングルマン」「マンマ・ミーア!」)、ジェフリー・ラッシュ(「エリザベス ゴールデン・エイジ」)、ヘレナ・ボナム=カーター(「アリス・イン・ワンダーランド」)、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール他。第83回アカデミー賞、作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞受賞作品。

ジョージ6世(コリン・ファース)は、幼い頃から吃音というコンプレックスを抱えていたため、英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)の次男という生い立ちでありながら、人前に出ることを嫌う内気な性格となり、いつも自分に自信が持てないでいた。ジョージは妻のエリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)の勧めにより、スピーチ矯正の専門家・ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)のもとへ。ライオネルは、診察室では私たちは平等だと宣言、王太子を愛称で呼び、ヘビースモーカーのジョージに禁煙させる。歌ったり踊ったりとさまざまなユニークなレッスンに励むのだった。そして、兄の後を継ぎ、王位を継ぐことになるのだが・・・。

とにかくライオネルの指導が良かった。他の名声のある医者たちは昔ながらのやり方で、吃音の改善をしますが、それこそトンチンカンなやり方。また、王太子と言うこともあり、恐れながらの連続。反面、ライオネルはオーストラリア人であり、異端とされてはいましたが、吃音となった原因を探り、どうすれば良いかを突き詰めていきますし、診察室では二人は平等であるとし、垣根を少しずつ取り払っていくのでした。そして、二人は信頼の出来る“友”になっていったのです。

そのユニークなレッスンは、端から見れば滑稽だったかもしれません。しかし、効果はめきめきと発揮されていきます。しかし、原因は心にあるようで、幼少時の恐怖が今も尚、響いているのでした。

そして、最後のスピーチ。ドイツとの戦争に突入することを宣言する9分にも及ぶスピーチです。ラジオで国内外に生放送されるスピーチ。目に見えない圧力、緊張、国民の期待・・・。様々な想いが心をよぎっていきます。今までのレッスンの成果を出すことが出来るのか?

この最後のスピーチが圧巻でした。マイクの向こうに多くの国民がいる。これから戦争に突入しようかという不安感、期待の高さ。そのプレッシャーを懸命にはねのけようとするジョージ6世。その緊張感を見事に映像化。感動のクライマックスへと導いてくれます。

ナチス・ドイツとの開戦前夜、自分自身の劣等感と闘った国王が、国民に愛される真の王になるまでの実話を描いた作品。

2011/04/25

「戦火の中へ」鑑賞

先日、「戦火の中へ」を観てきました。イ・ジェハン監督作品(「私の頭の中の消しゴム」)。出演:チェ・スンヒョン、クォン・サンウ(「悲しみよりもっと悲しい物語」「宿命」)、チャ・スンウォン、キム・スンウ、パク・ジニ他。

1950年6月25日、朝鮮戦争勃発。国連軍の支援を受けながらも韓国軍は敗走を続けていた。全滅の危機に瀕した8月、最後の砦となる洛東江を死守するため、浦項に駐留する部隊にも招集がかかり、浦項女子中学校の守備に残されたのは、戦闘経験がほとんどない71人の学徒兵のみ。守備隊のリーダーになったのはオ・ジャンボム(チェ・スンヒョン)という物静かな学生だった。最年長の不良学生ガブチョ(クォン・サンウ)のが反発を受けたり、さまざまな問題を抱えながらも、体制を整えていくジャンボム。しかし、北朝鮮の766部隊を率いるパク・ムラン少佐(チャ・スンウォン)は、上層部の命令を無視し、浦項への歩を進めていた。そして、運命の8月11日の正午となり、壮絶な死闘が始まるのだった・・・。

朝鮮戦争勃発から60周年に当たる2010年、113億ウォンの巨費を投じて製作された戦争大作。実話を基にして作られた本作は、韓国軍学徒兵たちの姿を描く、悲しい物語ではありますが、それとは対照的に大迫力の戦闘シーンは、目を覆わんばかりの壮絶さです。

ただ、カメラがアクションラインをかなりの頻度で越えるため、戦闘シーンの分かりづらさはもったいないばかりです。あちこちで起こる爆発、煙、火災、吹っ飛ぶ人々。「プライベート・ライアン」の戦闘シーンにも似た映像が続きますが、敵側の兵士が、右から来たり左から来たり、えー!どっちがどっち?と思うことが度々ありました。その分、同じ民族同士が戦うことの悲劇を思わずにいられません。

主人公のジャンボムが「人民解放軍の兵士には角が生えていると思っていました」と母への手紙に書くシーンがありましたが、そんなはずは無く、同じ言葉を話し、見掛けも同じ朝鮮人であることに愕然とします。これほど悲しいことはありません。年端の逝かない学徒兵たち。厳しい状況で思い起こすのは、故郷に残してきた母の面影。美しすぎるフラッシュバックにさらなる悲しみがこみ上げてきます。

学徒部隊を指揮するのは、カン・ソクテ大尉(キム・スンウ)。厳しさの中にも、子どもたちに対する優しさや思いやりに溢れていて、良い役を演じています。それとは対照的に、冷徹な北朝鮮軍の士官を演じたチャ・スンウォンも渋いです。

勇敢に戦って散っていった韓国軍学徒兵たちの姿を、大迫力の戦闘シーンと破格のスケールで描いた戦争大作。

2011/04/22

祝!6周年

明日、2011年4月23日でこのブログ「夢のつづき」が6周年となります。飽きっぽい私がほぼ毎日(最近は土日祝日休載のため、週5日ですが)、丸6年も楽しく記事を書くことが来ました。これも、ひとえにいつもご覧いただいている皆様のおかげだと思っております。ありがとうございます。

始めた頃、あれも書こう、これも書こうとアイディアを色々と書きためていまして、その中でもまだ書いていないモノが、あいかわずありますし、最近、始めた企画でも途中になっているモノもいくつかありますから、今後は、その辺も見直して、書いていこうかと思っています。

ホームシアター関連では、ブルーレイディスクレコーダハイビジョンデジタルカメラハイビジョン液晶テレビを購入し、充実したハイビジョン生活を継続中です。ソニールームリンクを活用し、リビング以外でもブルーレイレコーダーに録りためた番組を離れた寝室でも見られるようになりました。念願だった、AVアンプをSONYのSTR-DH710に買い替えが出来ました。今後は7.1chサラウンドを実現させようと思っています。さらなる高音質・臨場感を目指して!

プリウスくんもこの5月で丸7年。まもなく3回目の車検になります。総走行距離も12万kmを超え、そろそろあちこちにガタが来始めているようです。今後は、新型のハイブリッドカーへの買い換えも検討していきます。やはりこだわりたいのは、費用込み込みで200万円で収まるハイブリッドカーであること。こういうご時世ですから、新車発表も軒並み延期されていますが、今後の動向に期待します。

最近、旅行へ行っていませんが、「世界遺産のへ旅」も継続していこうとは思っています。高速道路料金の新割引サービスはペンディングになっているようですが、今のところ休日は上限1000円ですから、その間に行ければいいなあとは思っています。第1候補は「白川郷・五箇山の合掌造り集落(岐阜県・富山県)」です。いつの季節も風情があって良いのでしょうが、なかなか近くて遠いモノ。今年こそはぜひとは思っているんですが。

最近の新しい出来事と言えば、SONYの電子書籍“Reader”の購入でしょう。iPadの登場でにわかに活気づいた電子書籍市場。そこにソニーが打って出た新製品。それほど勢いがある訳ではないようですが、使い勝手はまずまずです。大きさ、軽さが一番のお気に入り。あとは、ダウンロードできる書籍のコンテンツ数が今ひとつと言うところでしょうか。魅力的な新刊が、ダウンロードできるとさらによいのですが。

これからも映画の話しを中心に、旅行の話し、ゲームの話し、パソコンの話し、プリウスくんの話し、オークションの話し等々、普段の生活で思った様々なことを綴っていきたいと思っています。

これからも、楽しくブログを続けていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。ありがとうございます。

2011/04/21

「ザ・ライト ~エクソシストの真実~」鑑賞

先日、「ザ・ライト ~エクソシストの真実~」を観てきました。ミカエル・ハフストローム監督作品(「1408号室」)。出演:アンソニー・ホプキンス(「ウルフマン」「世界最速のインディアン」)、コリン・オドナヒュー、アリシー・ブラガ(「プレデターズ」)、シアラン・ハインズ、トビー・ジョーンズ他。

信仰を見失った神学生マイケル(コリン・オドノヒュー)は、卒業を間近に控え、司祭になる道を捨てようとしていた。恩師に引き止められた彼はローマに渡り、バチカンのエクソシスト養成講座を受け始める。やがてマイケルは、“一流のエクソシスト”だと讃えられるルーカス神父(アンソニー・ホプキンス)の悪魔祓いを手伝うことになる。そんなある日、16歳の少女の悪魔払いの儀式に立ち会う。悪魔の存在を疑うマイケルだが、その疑惑を完璧に打ち砕くような数々の恐るべき出来事が次々と起こるのだった。

実際の出来事を基にして作られた本作。エクソシストとは、バチカン公認の正式な職業で、21世紀の今日でも、実際に悪魔払いの儀式は行われていると言います。

本作では、主人公のマイケルが、バチカンのエクソシスト養成講座に入りますが、信仰心を無くしているため、全てを信じようとしません。それを見かねた神父が、実践さながらの悪魔払いの手伝いをさせ、信仰心を取り戻していく過程が描かれます。

悪魔の存在を信じようとしないマイケルは、全ての事象を科学で関連付けようとします。精神の病なのではないか、狂言ではないのか?しかし、悪魔は執拗にマイケルに迫ります。誰も知る人がいないはずの幼少時代のことを、言い当てられ驚愕。

そして、ルーカス神父の心の隙を突いて、悪魔は取り憑きます。クライマックスは、マイケルがルーカス神父の悪魔払いをするという異常事態。信仰心の無い者に悪魔払いが通用するはずはなく、危機に陥りますが・・・。

ルーカス神父を演じるアンソニー・ホプキンスの狂気の演技は圧巻。CGやら特殊メイクやらはあるのでしょうが、あの悪魔の憑きっぷりはさすがに凄いです。

私たちは一人ではない。暗闇を抜ければ一条の光が指すに違いない。過去に囚われず、信じた道を進むことが、肝要。

信仰を見失った神学生が、悪魔払いの儀式を通して、エクソシストになるまでを描く本作。闇の世界はすぐそこにある。

2011/04/20

リーガエスパニョーラ10-11シーズン第32節

2010年8月28日(日本時間29日)、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ10-11シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは驚異的な強さでバルセロナが優勝を果たして2連覇を達成して幕を閉じました。今年は、スペイン代表のエース・ビジャを獲得し、さらに攻撃力を増したバルセロナの快進撃が続くのか?それとも、C・ロナウド、カカーを有する、レアル・マドリードが3連覇を阻むのか?今シーズンも目が離せません。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリードの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョン、リピートもあり。第32節は以下の1試合を鑑賞しました。

R・マドリード ‐ バルセロナ

ついにやってきました今季2回目の伝統の一戦・クラシコ、レアル・マドリード vs バルセロナ。レアル・マドリードのホームで行われた一戦。スタジアムは異様な雰囲気で張り詰めます。

バルセロナは、約3カ月ぶりにケガから復帰したプジョルが先発とほぼベストメンバー。試合は、バルセロナが優勢に進めます。バルサはボールを保持しパスを回しますが、対するレアルはひきぎみに自陣内にさがり、一定の間隔を保ちながら、パスを取りに行きません。そして、チャンスを観てパスカットするという戦術です。これが効いていました。バルサはこれぞという決定機を作り出せず、レアルはパスカットからカウンターをしかけ、激しい攻撃をしかけます。前半は緊張感のあるゲーム展開で、0-0のまま折り返しました。

後半8分、ビジャがエリア内で倒されPKを得ます。これをメッシが冷静に決め、バルセロナが先制します。1点リードしたバルセロナ。追いかけるレアル。アルビオルがレッドカードで退場処分となり、R・マドリードは数的不利に。次第に包囲網が緩み始め、いつものバルセロナのパス回しが決まり始めます。

それでも、レアルは数的不利を感じさせないほどの攻撃をしかけ、前がかりになります。その後は一進一退の攻防が続きます。レアルのマルセロがエリア内で倒され、今度はクリスティアーノ・ロナウドがPKを決め同点。そのまま試合は終了し、ここから始まるクラシコ4連戦の初戦は1-1のドローとなりました。それにしても緊張感があり、見応えたっぷりの良い試合でした。

バルセロナとレアル・マドリード共に、勝ち点1を分け合い、勝ち点差は8のまま変わらずでした。リーガは残り6節となりました。リーガだけで言えば、この1試合の結果により、バルセロナが大きく優勝へ進んだと言えるでしょう。しかし、クラシコはこの後も続き、国王杯、ヨーロッパチャンピオンズリーグの行方はまだまだ分かりません。三冠を目指すバルセロナは、どこまで行けるのか?

クラシコ4連戦の2試合目。次はスペイン国王杯 コパ・デル・レイ決勝戦。2011年4月21日(木)午前4:15~WOWOWにて放送予定。今節ホームで引き分けたレアルとしては、負けも同然ですから、今季のクラシコの雪辱を果たすべく、必死で来るかもしれません。楽しみは続きます。

リーガ・エスパニョーラ次節は、2011年4月23,24日(現地時間)。

2011/04/19

出崎統氏、逝く

アニメーション監督の出崎 統氏(でざき・おさむ)が、お亡くなりになりました。2011年4月17日午前0時35分、肺がんのため東京都三鷹市の病院で死去、67歳。

「あしたのジョー」「エースをねらえ!」「ベルサイユのばら」「ガンバの冒険」「家なき子」「宝島」の監督・出崎統氏。私がもっとも好きなアニメ監督でした。透過光や「止め絵」と呼ばれる手法を多用し、ドラマチックな独自の演出スタイルで、画面分割や光を効果的に使い、静と動を見事に魅せる、映像美とも言えるほど、独特の美しい画面作りが好きでした。また、往年では、脚本も担当することもあり、ロマン溢れる劇的な作品を作り続けてくれました。

ここ数年の作品では、「劇場版AIR(2005年2月5日)」、「劇場版CLANNAD -クラナド-(2007年9月15日)」、「雪の女王 The Snow Queen(2005年5月22日~2006年2月12日)」、「ウルトラヴァイオレット:コード044(2008年7月1日~9月16日)」 、「源氏物語千年紀 Genji(2009年1月15日~3月26日)」等がありました。

最近は、新作がないなあとは思っていましたが、こんなことになってしまうとは、悲しいことです。確かに、手塚治虫の主宰する虫プロ世代の出崎氏。テレビアニメ創生期から活躍し、「あしたのジョー」で初監督。1970年(昭和45年)のことですから、そりゃあ、この世代は、サラリーマンで言えばとっくに定年退職を迎えているはずです。とはいえ、フリーの作家には定年はありませんから、自らで引退をしない限り、終わりはないのでしょう。

昨年は、「ポケットモンスター劇場版」や、「魔法のプリンセス ミンキーモモ」「戦国魔神ゴーショーグン」等の脚本家の首藤剛志氏(しゅどう・たけし)が亡くなりました。61歳でした。大好きな脚本家・小説家でしたから、こちらもショックでした。

子供の頃に観ていたアニメ作品に関わっていた人々が亡くなっていく。自分の年齢を考えれば、当然のことなのかもしれませんが、それにしても惜しい人々を早くにして亡くしてしまったものです。

今頃、宇宙のどこかを、矢吹丈やオスカル、コブラ、ルパン等々演出してきたキャラクターたちと旅しているのかもしれません。ご冥福をお祈りいたします。

2011/04/18

「ソウル・キッチン」鑑賞

先日、「ソウル・キッチン」を観てきました。ファティ・アキン監督作品。出演:アダム・ボウスドウコス、モーリッツ・ブライブトロイ、ビロル・ユーネル、モニカ・ブライブトロイ、ウド・キアー他。

ジノス(アダム・ボウスドウコス)は、レストラン“ソウル・キッチン”のオーナー。庶民的な店で、常連客はいるものの、繁盛からはほど遠い。そんなある日、ジノスはジャーナリスト志望の恋人ナディーン(フェリーネ・ロッガン)とともに訪れた高級レストランでシェフのシェイン(ビロル・ユーネル)がクビにされる現場を目撃。ジノスは彼をスカウトする。だが、シェインの料理は堅苦しくて常連客に受け入れらなかった。そこへ学生時代の友人で不動産王のノイマン(ヴォータン・ヴィルケ・メーリング)がやってきて、店を売れと迫る。さらにジノスの兄イリアス(モーリッツ・ブライプトロイ)が刑務所から仮出所してくる。仲間とともにDJセットを盗み出し、店で音楽を流し始めると、いつしか、ソウル・キッチンは賑わいを見せはじめるが・・・。

災難は、次から次へとジノスに降りかかります。税務署に衛生局、不動産王の嫌がらせ・・・。しかし、シェインとの出会いが転機となり、音楽の力と相まって、料理が評判を呼び始め、ソウル・キッチンは連日大盛況となります。コメディタッチで笑わせてくれますが、本人たちは大まじめ。

しかし、さらなる災難、それも最大のモノがジノスに降りかかります。そして、ソウル・キッチンは危急存亡の危機に陥ります。果たしてジノスたちの運命は、いかに!

全編を流れるソウル・ミュージックに、思わず身体がリズムを刻んでしまいます。そして、美味しそうな料理も次々に登場し、ユーモラスな展開にワクワクさせられます。本当に大切なモノはいったい何なのか、考えさせられる作品になっています。一所懸命に打ち込むことの大切さを教えてくれているようでした。また、伏線が至る所に張り巡らされていて、それが一つに収束していく過程は面白いです。

ハンブルグのレストランを舞台に、その店に集う人々の人間模様を綴るコメディ作品。

2011/04/15

リーガエスパニョーラ10-11シーズン第31節

2010年8月28日(日本時間29日)、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ10-11シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは驚異的な強さでバルセロナが優勝を果たして2連覇を達成して幕を閉じました。今年は、スペイン代表のエース・ビジャを獲得し、さらに攻撃力を増したバルセロナの快進撃が続くのか?それとも、C・ロナウド、カカーを有する、レアル・マドリードが3連覇を阻むのか?今シーズンも目が離せません。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリードの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョン、リピートもあり。第31節は以下の2試合を鑑賞しました。

ルセロナ ‐ アルメリア
ビルバオ ‐ R・マドリード

バルセロナは、ホームでアルメリア戦。バルセロナ優位に進む試合展開でしたが、先発したボージャンが負傷退場し、ビジャが投入されます。決定機は何度もありましたが、得点にはなりませんでした。前半を0‐0のまま折り返します。後半4分、ピアッティからコロナへのパス、ワンタッチでシュート。これぞカウンターと言う攻撃でアルメリアが先制します。

しかし、その直後、バルセロナはビジャがエリア内で倒されPKを得ます。メッシが冷静に決め、同点。後半18分にはセットプレーから、チアゴ・アルカンタラがヘディングを豪快に決め、逆転成功。終了間際の後半ロスタイムにもメッシがクリアミスのボールをあっさりと決め、3‐1でバルセロナの勝利となりました。

レアル・マドリードはアウェーでビルバオ戦。クラシコに備えて、クリスティアーノ・ロナウド、エジルの主力選手を温存したレアル。久しぶりにカカーが先発です。前半13分、ドリブルでエリア内に侵入したところをディ・マリアが倒されPK。これをカカーが決め先制。後半にはいって再びカカーがPKを決め、2-0とします。後半8分、途中出場のC・ロナウドが3点目を決め試合を決定づけます。そのまま試合は終了し、クラシコへ挑みます。

バルセロナとレアル・マドリード共に、次節のクラシコに備えて準備万端という感じ、今後も過密日程が続く中、主力を温存しながらも、累積警告で欠場の選手を休ませるようなカタチでした。レアルは、クリスティアーノ・ロナウド、カカーが揃いましたが、まだまだ本調子でないという感じは否めません。どうなる?クラシコ。前回のクラシコのような大差にならないように期待しています。伝統の一戦クラシコは、今週末です。次節は、2011年4月16,17日(現地時間)。

リーガ、国王杯とクラシコが続きますが、なんと、ヨーロッパ・チャンピオンズリーグの準決勝でもクラシコが決定!ホーム&アウェイで2試合ですから、今後、なんと合計4試合のクラシコが観られます!かつて、こんな贅沢な話があったでしょうか?チャンピオンズリーグの放送が、あるかどうかは分かりませんが、ぜひとも放送して欲しいモノです。

2011/04/14

リーガエスパニョーラ10-11シーズン第30節

2010年8月28日(日本時間29日)、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ10-11シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは驚異的な強さでバルセロナが優勝を果たして2連覇を達成して幕を閉じました。今年は、スペイン代表のエース・ビジャを獲得し、さらに攻撃力を増したバルセロナの快進撃が続くのか?それとも、C・ロナウド、カカーを有する、レアル・マドリードが3連覇を阻むのか?今シーズンも目が離せません。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリードの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョン、リピートもあり。第30節は以下の2試合を鑑賞しました。

R・マドリード ‐ S・ヒホン
ビジャレアル ‐ バルセロナ

バルセロナは、アウェーでビジャレアル戦。バルセロナは、いつもと違うスタメン。累積警告でシャビ、メッシは温存。試合は、バルセロナペースではありますが、ビジャレアルのチャンスも多々あり、拮抗します。あわやという場面にも、ビクトル・バルデスの好セーブでなんとかしのいだという感じでした。0-0のまま前半を折り返します。

後半開始直後にメッシが投入され、バルセロナの雰囲気が一変します。いつものような華麗なパス回しが始まり、いつものバルセロナに近いカタチになります。後半22分、コーナーキックの流れからクリアボールをピケが豪快なボレーシュート!先制します。試合は1‐0のまま終了。バルセロナが主力を欠きながらも貴重な勝ち星を挙げ、勝ち点3。

レアル・マドリードは、ホームでスポルディング・ヒホン戦。クリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマらを欠く攻撃陣に、良いところがあまりないレアル。アウェーのはずのヒホンに押され気味です。0-0のまま前半を折り返します。

後半12分、イグアインを投入。しかし、長期離脱からの復活では実力を発揮できません。S・ヒホンのデ・ラス・クエバスが中央に侵入すると、右足を振り抜いてゴール。一瞬の出来事でした。良い動きでした。負けられないレアルは、猛攻を仕掛けますが、拙攻にしか見えない攻撃、パワープレイと焦りがまる見え。得点に結びつくことはなくそのまま0-1で試合終了。

ホームで負けなしだったモウリーニョ監督の記録を閉ざすだけでなく、クラシコ前のこの時期に、首位バルセロナとの勝ち点差を8に広げてしまう、痛恨の黒星を喫したレアル・マドリード。負傷者が多いだけにクラシコに向けて不安が残ります。

一方、3位の強豪ビジャレアルを相手に、主力メンバーを欠きながらも、完封勝利を飾ったバルセロナ。ケガで戦線を離れているモノもいますが、累積警告による欠場が多いだけですから、万全とは言えないまでも良い状態でクラシコに挑めそうです。次節は、2011年4月9,10日(現地時間)。

2011/04/13

リーガエスパニョーラ10-11シーズン第29節

2010年8月28日(日本時間29日)、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ10-11シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは驚異的な強さでバルセロナが優勝を果たして2連覇を達成して幕を閉じました。今年は、スペイン代表のエース・ビジャを獲得し、さらに攻撃力を増したバルセロナの快進撃が続くのか?それとも、C・ロナウド、カカーを有する、レアル・マドリードが3連覇を阻むのか?今シーズンも目が離せません。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリードの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョン、リピートもあり。第29節は以下の2試合を鑑賞しました。

バルセロナ ‐ ヘタフェ
A・マドリード ‐ R・マドリード

バルセロナは、ホームでヘタフェ戦。バルセロナが圧倒的な支配率で試合は展開します。前半16分、相手のクリアボールをダニエウ・アウヴェスがボレーで叩き込み先制ゴール!ドンぴしゃのタイミングのシュートが美しく決まりました。後半4分、ボージャンがネットを揺らし2-0とします。ヘタフェ1点返されるモノの、2-1でバルセロナの勝利でした。

レアル・マドリードはアウェイでA・マドリード戦。何が起こるか分からない“マドリード・ダービー”。このところ好調のベンゼマが、ケディラのパスを受け、GKとの1対1を制して先制ゴール!A・マドリードは負けじと猛攻を開始。しかし、前半32分、マルセロのアシストからエジルが追加点をあげます。試合終了間際、A・マドリードは、アグエロのゴールで1点を返しますが、そのまま試合終了。2-1でレアル・マドリードが勝利しました。

バルセロナは前節で苦戦しドローに終わりましたが、その陰りもなくホームでヘタフェを2‐1で退けて勝ち点3を獲得しました。レアル・マドリードは、アトレティコ・マドリードとの“マドリード・ダービー”。少々荒れ模様の試合展開で、ハラハラするシーンも何度かありましたが、なんとか無事終了。ダービーマッチは得も言われぬ緊張感があり、ドキドキです。

クラシコ(第32節)が2011年4月17日と近づいてまりました。C・ロナウドも復帰しましたが再度ケガでベンチ入りが難しくなってきます。カカーの復帰も待たれます。好調なベンゼマが活躍できれば、面白いクラシコになるでしょう。しかし、バルセロナはディフェンス陣は怪我で欠けたままですから、不安は残ります。また、そろそろ、累積イエローカードが貯まってきていますので、出場停止をいつ受けるのか、温存してクラシコに備えるのか、難しい勘定になってきています。いずれにしても、ベストに近いメンバーでのクラシコに期待します。次節は、2011年4月2,3日(現地時間)。

2011/04/12

「エクスペリメント」鑑賞

先日、「エクスペリメント」を観てきました。ポール・シューリング監督作品(「プリズン・ブレイク」)。出演:エイドリアン・ブロディ(「プレデターズ」「戦場のピアニスト」)、フォレスト・ウィテカー(「ラスト・キング・オブ・スコットランド」)、キャム・ギガンデット、クリフトン・コリンズ・ジュニア、フィッシャー・スティーヴンス他。

失業したばかりのトラヴィス(エイドリアン・ブロディ)は、14日間の実験に参加して日給1000ドルという高報酬の求人広告を見つけ、参加する。24人の被験者は看守役と囚人役に分けられ、刑務所跡で終日それぞれの役割で行動し、その様子は監視カメラで逐一行動を観察され、もし暴力行為があれば赤ランプが点灯し、即刻実験は中止され、報酬は支払われないという。トラヴィスは囚人役、バリス(フォレスト・ウィテカー)は看守役に選ばれる。それぞれの立場で実験は開始されるが、やがて、誰も予想しなかった悲惨な事件が起こってしまう。

1971年にアメリカのスタンフォード大学で実際に行なわれた“スタンフォード大学監獄実験”をモチーフにして製作されています。

人当たりが良く、おとなしそうで、抑圧された生活を送っている人間だとしても、看守という囚人を抑圧する側に回り、たとえ、それが実験上の役割だとしても、人間は本性を露わにしてしまうモノなのでしょうか。その過程はまさに狂気。

「規律・秩序を守るため」「ルールだから」というだけで、ルールを犯したモノには、冷酷な行ないを平気でするようになっていくバリス。最初は穏やかで気弱そうな彼が豹変していく様子は衝撃的でもありました。

看守役のバリスを演じるのはオスカー俳優のフォレスト・ウィテカー。また、囚人役のトラヴィスを演じるのはこれまたオスカー俳優のエイドリアン・ブロディ。この2人のオスカー俳優の演技バトルとも言える絡みは見応えがあります。特に、フォレスト・ウィテカーの豹変ぶりは圧巻。

社会には守るべきルールがあり、それが秩序を生むのは確かかもしれないですが、人格を無視された時、秩序が崩壊していくのは当然のことなのでしょう。人間は進化してきたのかもしれませんが、結局、根っこの部分は動物と同じ。強いモノが弱いモノを喰う。しかし、理性を持つのも人間なのでしょうが・・・。本当に、考え、行動を起こせることが人間の進化の証しなのでしょうか。なんだか分からなくなりました。

トラヴィスをはじめとした被験者たちに心の安らぎの日は来るのでしょうか。トラヴィスの救いは、恋人のベイ(マギー・グレイス)なのでしょうが、その表情はいつまでも曇ったままなのかもしれません。

ドラマ「プリズン・ブレイク」製作総指揮・脚本のポール・シェアリングが監督した心理スリラー。

2011/04/11

リーガエスパニョーラ10-11シーズン第28節

2010年8月28日(日本時間29日)、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ10-11シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは驚異的な強さでバルセロナが優勝を果たして2連覇を達成して幕を閉じました。今年は、スペイン代表のエース・ビジャを獲得し、さらに攻撃力を増したバルセロナの快進撃が続くのか?それとも、C・ロナウド、カカーを有する、レアル・マドリードが3連覇を阻むのか?今シーズンも目が離せません。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリードの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョン、リピートもあり。第28節は以下の2試合を鑑賞しました。

R・マドリード ‐ エルクレス
セビージャ ‐ バルセロナ

バルセロナは、アウェーでセビージャ戦。序盤から、バルセロナがボール支配します。が、前半14分、ペドロが負傷により途中交代でボージャンが入ります。不穏な空気が流れます。前半30分、ダニエウ・アウヴェスのクロスをボージャンが体で押し込み先制ゴール!しかし、後半4分、セビージャの反撃。ネグレドのアシストからヘスース・ナバスがゴールをあげ1-1に。その後はセビージャのペースととなり攻勢が続きます。また、試合は荒れ模様になっていきファールの数もうなぎ登り。なんとか勝ち越したいバルセロナでしたが、反撃を阻止するので精一杯という感じで、そのまま試合終了。

レアル・マドリードはホームでエルクレス戦。試合はレアルペースが続きます。前半24分、エジルのパスからアルベロアがグラウンダーのクロスをあげ、ベンゼマがダイレクトで合わせて先制ゴール!後半に入ってもレアルの攻勢は続き、後半11分には、左サイドから切れ込んだベンゼマが豪快に振り抜き2-0とします。エルクレスも反撃をしますが、得点には結びつかず、そのまま試合終了。

レアル・マドリードは、ベンゼマの活躍で快勝。バルセロナは、アウェーとは言えドローに終わり、勝ち点1。前節まで勝ち点差7でしたが、5に縮まりました。しかし、C・ロナウドの欠場は痛いですが、逆にのびのびプレイできているのか、ベンゼマが好調です。面白いモノです。

クラシコ(第32節)が2011年4月17日と近づいてまりました。勝ち点差も狭まり、この試合の結果次第では、優勝争いがますます面白くなるかもしれません。また今回は、国王杯決勝戦も同カードとなり、クラシコが連続して観られるという大サービス。WOWOWでは、国王杯決勝戦も放送予定(2011年4月21日)。楽しみが続きます。次節は、2011年3月19,20日(現地時間)。

2011/04/08

SONY「Reader」で電子書籍デビュー!

icon

2010年12月、ソニーの電子書籍“Reader” を購入しました。

昨今の電子書籍ブームに乗り、ソニーからも電子書籍端末「Reader(リーダー)」が発売されました。6型/800×600ドットのモノクロ電子ペーパーを採用した、「Reader Touch Edition(PRS-650)」と、5型/800×600ドットの「Reader Pocket Edition(PRS-350)」の2モデル。

価格は、ソニーストア icon価格で、Touch Editionが24,800円、Pocket Editionが19,800円。

カラーは、Touch Editionが、ブラック(B)、レッド(R)、シルバー(S)、Pocket Editionがブルー(L)、ピンク(P)、シルバー(S)の各3色。Touch Editionは文庫本(A6判)より一回り大きく、外形寸法/重量は169.6×119.1×10.3mm(縦×横×厚み)/215g。Pocket Editionは文庫本より少し小さい、145.4×104.6×9.2mm(同)/155g。

いずれも、2GBの内蔵メモリを備え、約1,400冊の電子書籍を搭載できます。またTouch Editionには、SDメモリーカードスロットとメモリースティックスロットも装備しており、最大32GBまで容量を拡張できます。

表示デバイスはコントラストが高く、バッテリ寿命が長いE-Inkのモノクロ電子ペーパーを採用しています。3Gや無線LANなどの通信機能は備えておらず、リーダーストアからパソコンでダウンロードした電子書籍やPDF、テキストファイルなどの表示が可能となります。上位モデルのPRS-650にはMP3、AACの音楽再生機能を装備しています。

電子ペーパーの解像度はTouch/Pocketともに、800×600ドットで、E-Inkの新世代電子ペーパー「Pearl」を採用し、コントラストが高く、読みやすい文字表現が可能になっています。バックライトが無いため、薄型化が容易で、表示切替時のみ電力消費が発生する仕組みのため、バッテリの充電無しで約2週間利用できる点も嬉しいです。

充電はUSBケーブル経由で行ない、マイクロUSB端子を装備していますが、別売りのACアダプターを利用すれば、パソコンなしでも充電は可能になります。

6段階の文字調整機能や、文字拡大機能、辞書機能、メモ書き機能などを搭載していますので、さまざまな利用方法が考えられます。

今回、私が購入したのは、Pocket Editionで、本体色はシルバー。文庫本より少し小さい、145.4×104.6×9.2mm(同)のサイズが気に入りました。多機能タイプのTouch Editionも良いなとは思いましたが、持ち歩くことを考えていましたから、多機能よりもコンパクトさを選択しました。

ソニーストア iconで購入しましたが、オリジナル製品として、吉田カバンのオリジナルカバーも同時に購入しました。これが実に格好良い。文庫本サイズの本体をブックカバーが覆っている。これが良いです。

iPadは多機能で、カラー液晶で、3Gや無線LAN等の通信機能も装備していますが、やはりサイズが大きすぎます。本を読むと言うことに特化した本製品は、この文庫本サイズというのが、手軽に持ち出せて、さっと読むのには、良いサイズだと思います。

発売前に予約しましたので、あとは到着を待つだけです。

つづく。

ソニーストア 送料無料

2011/04/07

さよなら、楽天ブックス

2011年2月28日に行われたシステム改変からおかしくなっていた楽天ブックス。在庫ありの商品を注文しても到着まで1週間以上掛かったり、勝手に注文のキャンセルをしたりと、酷い状態が続いていました。

私も改変後に3回発注しましたが、1回目の発注は到着まで10日間、2回目の注文はまともな方で5日間、3回目は3月19日に発注したモノは、2週間後の4月3日に到着しました。改変前の2月25日に発注したBlu-rayが、誤ってキャンセルされ購入履歴から削除されたモノは、未だに履歴からは削除されたままですが、楽天スーパーポイントは4月6日に復活しました。

もうめちゃめちゃです。私の被害は時間が掛かっただけですのでまだ良い方でしょうが、他の方のレビューを見ると、梱包が酷すぎて濡れてしまったとか、キャンセルできずに他の店舗で買う訳に行かずとか、泣き寝入りするしかないような報告が上がっていました。問い合わせにも型どおりの返答をするだけで、全く誠意が見えませんでした。

これでは、ユーザはたまったものではありません。

昨日、楽天ブックスへ予約注文していた最後の商品が届きました。発売日の前日でした。これは良かったのですが、今後もおかしな状態が続いてしまっては、問題ですから、これをもちまして、楽天ブックスでの購入はやめることにします。

2002年6月以来、ほとんどの書籍、CD、DVD、Blu-ray等を楽天ブックスで購入してきましたが、これもおしまいです。長い間、お世話になりました。

確かに、定価販売の書籍ですから、楽天ブックスで購入すれば、楽天スーパーポイントが付いてその分、安価に購入することが出来ました。最近では、全品送料無料でしたから、一冊から発注できるのも魅力でした。探している本を求めて書店を渡り歩くこともありませんし、予約商品は発売日に自宅に到着したモノでした。

それなのに、この1ヶ月のゴタゴタのおかげで信頼が一気に崩れてしまい、このような事態になってしまいました。インターネットショッピングは顔の見えない相手とのやりとりですから、信頼が一番大切です。画面に表示される情報だけが頼りですから、そこに嘘偽りあっては、どうにもなりません。今回のゴタゴタでは、裏切られた気分です。

より良い利用環境でユーザーに喜ばれるための、システム変更であれば大いに結構ですが、システム変更して、悪くなるモノは“改悪”です。ぜひとも、今後はより良い“改善”を目指して欲しいモノです。

と言うことで、これからは、書籍はポイントの付く「ビーケーワン」に、DVD、Blu-ray等は安価な「Amazon」や、楽天ブックス以外の楽天市場の店舗で購入することにしました。

さよなら、楽天ブックス。これからも良いショップを目指してがんばってください。

2011/04/06

ニンテンドー3DSデビュー!Vol.2

2011年2月26日。ニンテンドー3DS発売日。

いままで、携帯ゲーム機は、ソニーのプレイステーション・ポータブルPSPを使ってきましたが、ここに来て話題の任天堂の新製品である「ニンテンドー3DS」の購入に踏み切りました。

予約開始の2011年1月20日。Amazonで予約が出来、とりあえず本体のみを購入しました。次は、ソフトやケース、保護シール等の検討に入りました。

まずは肝心要のソフトです。3DSでは、従来のニンテンドーDSのソフトも使えますし、当然3DS用ソフトも使えます。本体発売日の2月26日に同時発売されるソフトの数は少なく、まだまだこれからといった感じです。どうせ、買うなら3Dソフトが良いとは思いますが、急いで買って、あまり気に入らないソフトでは、もったいないです。

同時発売で、唯一出来そうなソフトはKONAMIの「ウイニングイレブン 3DSoccer」。過去にプレイステーション等で、サッカーゲームをやったことがありましたので、出来るかもとは思いました。メッシがイメージキャラクターになっていることもあり、興味アリです。

その後も調べていくと、サンソフトの「上海3Dキューブ」が面白そうだと思いました。麻雀牌の同じ絵柄同士を消すと言うシンプルなパズルゲーム。その3D版ですから、これははまるかもしれません。サンプル画像には、キューブ型もあれば、飛行機やら鳥居やらのカタチに組まれた麻雀牌がありました。それをクルクルと回しながら、消していく。楽しそうです。

どうせなら3Dらしいゲームをと思っていましたから、これは良い!と思い購入決定です。

DS用ゲームの中から「シムシティDS2」も購入決定。こちらもプレイステーション時代に楽しんだソフトの一つ。シミュレーションゲームが好きな私にとっては懐かしさもあり、その後さらに発展したソフトですから、こちらも楽しみです。

次に、本体を持ち歩くためのカバー・ケースを購入します。こちらは、ハードケースから、ソフトケースまでバラエティに富んでいます。ライセンス商品として参入しているメーカーも何社もあるようでした。今回購入に至ったのはキーズファクトリーの「QUICK POUCH for NINTENDO 3DS」。

ウェットスーツ素材の伸縮性のある生地がキズや衝撃から守ってくれる、巾着型ポーチです。とりあえず鞄に入れて持ち歩くくらいであれば、これくらいで良いだろうということにしました。10色の中から選べますが、黒にしました。3DS本体も黒ですから。

他に画面保護シートも購入し、以上でソフトと周辺機器の購入は終了です。一部商品は「楽天ブックス問題」により、到着が遅れるモノもありましたが、とりあえずゲームを始められる体制は整いましたので、いよいよゲーム開始です。

つづく。

2011/04/05

プリウスくんが行く!Vol.96

120000 4月に入ってようやく春らしい陽気になってきた新潟県地方。朝晩はまだまだ冷えますが、日中はポカポカ陽気の日も多くなってきました。昨日は最高気温は低かったモノの、日中、プリウスくんで走っていた時は、暑いくらいで、窓を開けて走っていました。

2011年3月中旬。とうとうプリウスくんの総走行距離が12万kmを達成しました。2004年5月に購入後、およそ7年で12万kmとなりました。本当によく走ったモノです。年平均走行距離約17,142km。平均燃費23.63km/L。

最近こそ、遠出はあまりしなくなりましたが、以前は良く旅行等で遠出をしました。ここ数年は、主に通勤が中心になっていますので、年間走行距離も少なくなっています。

5月には3回目の車検が控えています。走行距離も長くなってきましたし、経過年数も7年と長くなってきましたので、あちこちガタが来始めている感じを受けていますので、よーく見てもらおうと思っています。

エコカー減税で車検代金が安くなると思っていましたが、前回の車検2009年5月にすでに減税を受けているので、2回目は駄目なんだとか。1台に1回限りのようです。そりゃあそうですよねえ。

現在も、エコカー減税は適用期間中なので、また受けられると思っていましたが、ぬか喜びでした。プリウスの場合、自動車重量税が免税ですから、前回の車検時は相当助かりました。そうそう美味しい話はないようです。

新潟県地方も桜の開花時期が近づいていますが、まだスタッドレスタイヤを交換していません。毎年、3月下旬にトヨタ店で交換してもらっていますが、今年は3月末に雪の予報が出る日が何日かあり、タイミングをはずしてしまい、今に至っています。今週末に交換してもらうように予約は入れてありますので、ようやくプリウスくんも春を迎えられることになります。

それと、ガソリンスタンドで1年に1度は外、中、下と全体を洗車をしてもらう様にしていますので、天気が良い日に車体底面を含めて冬の汚れを落としてもらおうと思っています。私のプリウスくんは黒なので、冬の汚れが目立つんですよねえ。

新しいハイブリッド車の発表がこれからされるかもしれませんが、まだ「これ!」というモノがありません。今後に期待はしていますが、どうなりますか。車検を取ればあと2年は乗れますから、その間に良いハイブリッドカーが発表になればよいのですが・・・。中でもプリウスシリーズに期待しています。楽しみに待つとします。

2011/04/04

楽天銀行がすごい!その10

2010年11月に楽天銀行の口座を作り、便利に利用させてもらっています。

以前は、ソニー銀行等で投資信託をやっていましたが、楽天銀行からも始めることにしました。

投信信託とは、個人の投資家から資金を集めて、投資の専門家がその資金をまとめて運用する金融商品です。株式や債券などに投資して運用し、その運用で出た利益を投資家に還元してくれます。

株式には興味がありますが、ちゃんと勉強しないと痛い目を見るかもしれないと言う不安があって、直接購入するのは怖いなあと思っていました。なので、私の場合は、投資信託を利用しています。投資信託の場合は、ちょっと勉強すれば、キーワードや、だいたいの値動き、どの数字をどう見ればいいかは理解できるようになります。最初に勉強したのは、2004年の夏頃でした。

今回も、軽く勉強をし直しました。ちょっと忘れていたこともありましたし、今時の流行もありますからね。

で、楽天銀行での投資信託は、1万円からできますが、積立タイプはありません。月々1000円から積立出来る“ミニ積立”は楽天証券になるようです。どちらかと言えば、積立タイプを考えてはいましたが、出来ないのであれば仕方がありません。なので、ある程度の予算金額を決め、銘柄選びに入ります。

いろいろとデータを見たり、勉強したりして決めた銘柄は、3種類。

  • HSBCブラジル債券オープン(毎月決算型)
  • ワールド・リート・オープン(毎月決算型)
  • コモディティ・セレクション食糧

どうせなら、いろんな分野でやってみようと思い、新興国債券、不動産、食料という3種類に各10万円にしました。

ブラジルとリートは毎月決算型ですので、毎月配当が入金します。当然、受取口座は楽天銀行口座にしていますので、「ゴールドラッシュプログラム」の対象になりますので、その点でもおトクです。

2011年2月に始めて、ブラジル債券とワールドリートは、2回ずつ配当をいただきました。ワールドリートは、1,339円×2回、ブラジル債券は1,297円、1,421円。コモディティは四半期ごとの決算なので、まだのようです。

低金利時代の昨今。金利はほとんど付かないのが現状です。元本保証されないのが、株式の怖いところではありますが、それなりに勉強し、慎重に確認していれば、それほど怖いことはありません。現在、元本金額を割ってはいますが、それも一時的なモノ、徐々に回復してくることでしょう。とはいえ、配当と合わせれば元本割れはしていませんが。

投資信託は、長い目で見ての結果がモノを言います。細かな値動きはあまり気にしないというのが良いのかもしれません。あくまで、すべて自己責任ではありますが。

つづく。

2011/04/01

ニンテンドー3DSデビュー!

2011年2月26日。ニンテンドー3DS発売日。

いままで、携帯ゲーム機は、ソニーのプレイステーション・ポータブルPSPを使ってきましたが、ここに来て話題の任天堂の新製品である「ニンテンドー3DS」の購入に踏み切りました。これまで、PSPでガンダム関連のシミュレーションゲームをやってきましたが、先日、「SDガンダム GGENERATION PORTABLE」を無事卒業し、次に何をしようかと模索してきましたが、なかなか踏み切ることが出来ずにいました。

そこで、新しいゲーム機を購入すれば良いのではとの考えにいたり、前から興味があったニンテンドーDSに注目。新製品であるニンテンドー3DSの発売日も近いということで、研究を開始しました。

なんといっても、裸眼で3Dでのゲームが出来ると言う点は魅力的。世の中3D流行りですからね。3DS用ソフトの種類的にはまだまだこれからという感じではありましたが、ぼちぼちと発売されていくことでしょうから、良いことにしておきました。DS用のソフトも使えるということでしたから、これまで発売されたゲームを楽しむことも出来ます。基本的にはシミュレーションゲームが好みです。

購入の意思決定をしましたので、次は購入となります。予約開始の2011年1月20日。店頭で予約するのはとても億劫だったので、ネットで予約できる店舗を検索。いくつかありましたので、予約開始時間に合わせてパソコンの前で待機します。開始時間になり、画面を表示させますが、なかなか繋がりません。やっと繋がったと思ったら、完売。

駄目だったかあと思っていた矢先、Amazonで予約が出来ました。とりあえず本体のみを購入。ソフトやケース、保護シール等の別売品は後日、発注することにしました。

これで一安心。発売日を待ちます。つづく。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ