« 「愛する人」私的映画考Vol.239 | トップページ | 楽天銀行がすごい!その11 »

2011/05/10

リーガエスパニョーラ10-11シーズン第33節

スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ10-11シーズンはまもなく閉幕。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリードの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョン、リピートもあり。第33節は以下の2試合を鑑賞しました。

バレンシア ‐ レアル・マドリード
バルセロナ ‐ オサスナ

バルセロナは、ホームでオサスナ戦。メッシ、シャビら主力選手数人をベンチに温存したバルセロナ。ボールを支配したのは、バルセロナ。主力を欠いた割には、それなりにボールが廻ります。前半24分、左サイドのジェフレンからの折り返しを、エリア内に走り込んだビジャが押し込み先制ゴール!後半、イニエスタ、メッシを投入し、いつもの雰囲気になります。後半42分、ダニエウ・アウヴェスからのパスをメッシが決め、2-0。これで勝負あり。

レアル・マドリードアウェーでバレンシア戦。レアルも主力を温存。圧倒的なパス回しで、ゲームを支配します。前半22分、バレンシアのGKグアイタがクロスの処理を誤り、こぼしたボールをベンゼマが押し込み先制ゴール!30分にはイグアイン、38分にはカカー、41分には再びイグアインががたて続けにゴールを上げ、4-0で折り返します。後半、さらに加点したレアルでしたが、ミスなどからバレンシアに3点を奪われるモノの、6‐3で大勝しました。

スペイン国王杯決勝戦は、レアル・マドリードの勝利で終わり、3冠の目標の一つを断たれたバルセロナでしたが、その陰りもなく順調に勝ち点を伸ばしました。以前、バルセロナが主力を温存した試合で、パスが思うように廻らなかったことがありましたが、今回はバルセロナ・スタイルとでも言える華麗なパス回しが出来ていましたから、良かったでしょう。また、こういう機会に、控え選手はアピールしておくことも重要かと。

レアル・マドリードはカカーが効いていました。ドリブル突破の数も増えてきましたし、なんと言っても魅力であるスルーパスも効果的。シーズン終盤にして、カカーもようやく完全復活という感じでしょうか。ちょっと遅すぎた感はありますが。

リーガは残り5節となりました。バルセロナの優勝はほぼ確定と言って良いでしょうが、いつ決まるのか。時間の問題と言うところでしょう。

クラシコ4連戦の後半、ヨーロッパチャンピオンズリーグ準決勝はバルセロナの勝利に終わり(中継を観られなかったのは残念ですが)、いよいよ次はマンチェスター・ユナイテッドとの決勝戦を残すのみとなりました。試合は2011年5月28日(現地時間)。その前にバルセロナのリーガ優勝は決まっているとは思いますが、2冠を達成できるのか?ヨーロッパサッカーの2010-11シーズンは大詰めを迎えます。楽しみに待ちましょう。

リーガ・エスパニョーラ次節は、2011年4月30,5月1日(現地時間)。

« 「愛する人」私的映画考Vol.239 | トップページ | 楽天銀行がすごい!その11 »

サッカー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/51602162

この記事へのトラックバック一覧です: リーガエスパニョーラ10-11シーズン第33節:

« 「愛する人」私的映画考Vol.239 | トップページ | 楽天銀行がすごい!その11 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ