« プリウスくんが行く!Vol.97 | トップページ | 「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」鑑賞 »

2011/05/24

リーガエスパニョーラ10-11シーズン第36節

スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ10-11シーズンはまもなく閉幕。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリードの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョン、リピートもあり。第36節は以下の2試合を鑑賞しました。

R・マドリード ‐ ヘタフェ
レバンテ ‐ バルセロナ

R・マドリードは、ホームでヘタフェ戦。引き分け以下でバルセロナの優勝が決まってしまうレアル。意地でも負けられない試合になります。試合を支配したのはレアル。前半24分、C・ロナウドのヘッドで先制します。後半に入っても、レアル攻撃は止みません。後半13分、C・ロナウドの2発目で追加点を上げると、後半32分にベンゼマが決め、3点目をあげ、勝負あり。それでも積極的な攻撃は続き、後半ロスタイム、C・ロナウドがゴール前で倒され、PK。これを自ら決め、ハットトリック。4‐0でレアルが快勝しました。

バルセロナは、アウェイでレバンテ戦。優勝まで勝ち点1ポイント。引き分け以上で優勝が決まるバルセロナ。余裕と言えば余裕があります。いつも通り、華麗にパスを回すバルセロナですが、がっちり守備を固めるレバンテ。前半27分、シャビのパスからセイドゥ・ケイタが豪快なダイビングヘッドで、先制ゴール!スタジアムは沸きに沸きます。しかし、前半41分、レバンテのFWカイセドに決められ1‐1の同点となってしまいます。後半に入っても、バルセロナ主導のゲーム展開は続き、メッシの惜しいシュートもありましたが、得点には至らず、そのまま引き分けで試合終了。これにより、バルセロナが3シーズン連続となる21度目の優勝を決めました。

驚異的な強さを見せたバルセロナが、3連覇達成!おめでとう!今シーズンはレアル・マドリードとの1回目のクラシコで大勝した時点で、勝負が付いていたと言っても過言ではないでしょう。その後、一度も首位を明け渡すことなく優勝まで突っ走りました。国王杯やチャンピオンズリーグでのレアルとのクラシコ4連戦も記憶に新しいところですが、レアルも戦術を練って来ました。国王杯こそレアルの手中に収まりましたが、それ以外はバルセロナが勝ち取り、決勝戦へと駒を進ませ、リーガは優勝と言うことになりました。

個人タイトルの得点王は、36節終了時点で、1位のC・ロナウドが37点、2位のメッシが31点と大差が付いていますので、これはロナウドにほぼ決まりでしょう。今後、バルセロナは、チャンピオンズリーグ決勝に向けて、主力メンバーを温存してくるでしょうから、この差が埋まることはないでしょう。

次節は、2011年5月14,15日(現地時間)。

« プリウスくんが行く!Vol.97 | トップページ | 「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」鑑賞 »

サッカー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/51745703

この記事へのトラックバック一覧です: リーガエスパニョーラ10-11シーズン第36節:

« プリウスくんが行く!Vol.97 | トップページ | 「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ