« 「しあわせの雨傘」鑑賞 | トップページ | リーガエスパニョーラ10-11シーズン第34節 »

2011/05/13

「トゥルー・グリット」鑑賞

先日、「トゥルー・グリット」を観てきました。ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督作品(「ノーカントリー」)。製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ。出演:ジェフ・ブリッジス(「クレイジー・ハート」)、マット・デイモン(「グリーン・ゾーン」)、ジョシュ・ブローリン、バリー・ペッパー、ヘイリー・スタインフェルド他。第83回アカデミー賞作品賞、監督賞、主演男優賞他、全10部門ノミネート作品。

14歳の少女・マティ・ロス(ヘイリー・スタインフェルド)の父親が、トム・チェイニー(ジョシュ・ブローリン)に殺された。マティは復讐を誓い連邦保安官ルースター・コグバーン(ジェフ・ブリッジス)に犯人追跡を依頼。若きテキサス・レンジャーのラビーフ(マット・デイモン)も加わり、犯人追跡の過酷な旅が始まる。三人は、チェイニーを捕らえ、罪を償わせることが出来るのか・・・。

保安官がお尋ね者を追う、いわゆる西部劇ですが、コーエン兄弟監督作品独特の雰囲気を持つ作品です。マティは、牧場主の娘として産まれながらも責任感が強く信念の強い少女。言いたいことは言い、頭の回転が速く、勝ち気な性格。しかし、マティにはクライマックスに大きな事件が起きます。

マティにとっては人生初めての旅でした。それも、もっとも危険な領域への旅。そして3人に訪れる『真の勇気』が試される時。腕利きの2人に守られながらも旅をしてきたマティ。目的を達することが出来ようかという時、たくましさをひしひしと感じつつ、遠のく意識。緊迫の一瞬。そして、時は流れる・・・。

ジョン・ウェインが初めてオスカーを手にした『勇気ある追跡』をリメイクしたした本作。“トゥルー・グリット(真の勇気)”とはいったい何なのか?父親を殺された少女が、二人の男と犯人を追う復讐劇。壮絶な追跡のあとに訪れる、感動の瞬間が待っています。

« 「しあわせの雨傘」鑑賞 | トップページ | リーガエスパニョーラ10-11シーズン第34節 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/51602249

この記事へのトラックバック一覧です: 「トゥルー・グリット」鑑賞:

« 「しあわせの雨傘」鑑賞 | トップページ | リーガエスパニョーラ10-11シーズン第34節 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ