« 「新しい人生のはじめかた」私的映画考Vol.245 | トップページ | SONY「Reader」で電子書籍デビュー!その4 »

2011/06/13

新潟市映画館事情 2011年版

新潟市内には4つのシネコン(シネマコンプレックス・複合映画館)があります。複数のスクリーンを持つ大型の映画館が4つもあるとは、つくづく良い時代になったなあと思います。

2009年に「新潟市映画館事情File.0104)」と言うことで、ご紹介しましたが、その後、3D化を含めて、少々変わってきていますので、あらためてご紹介していくことにします。

現在、新潟市内では、以下のように4つのシネコンが営業中です。

  • ユナイテッドシネマ新潟(新潟市中央区、デッキィ401内、10スクリーン、1908席、1999年10月開館)
  • ワーナーマイカルシネマズ新潟 (新潟市西区、新潟サティ内、9スクリーン、2,160席、2000年10月開館)
  • T・ジョイ新潟万代 (新潟市中央区、万代シテイビルボードプレイス2内、8スクリーン、1577席、2001年7月開館)
  • ワーナーマイカルシネマズ新潟南 (新潟市江南区、イオン新潟南ショッピングセンター内、9スクリーン、1,702席、2007年10月開館)

2011年1月にユナイテッドシネマ新潟が8スクリーから10スクリーンに増え、シネコン4館で合計36スクリーンとなりました。同一の作品を上映することは多いですが、それでも単館での上映作品もあり、本数が増えることに繋がり、さらにシネコンという良い環境で観られるようになったことは喜ばしい限りです。

この2年間で大きく変わったのは3D上映館が増えたこと、それと、サービスデーが変更になったこと等が上げられます。

ということで、2011年版「新潟市映画館事情」として、現在の各シネコンの特徴・特色等を最新の情報に基づきご紹介していくことにします。

つづく。

« 「新しい人生のはじめかた」私的映画考Vol.245 | トップページ | SONY「Reader」で電子書籍デビュー!その4 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/51903501

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟市映画館事情 2011年版:

« 「新しい人生のはじめかた」私的映画考Vol.245 | トップページ | SONY「Reader」で電子書籍デビュー!その4 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ