« 「イリュージョニスト」鑑賞 | トップページ | まもなく終了「高速道路 無料化社会実験」 »

2011/06/16

「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」鑑賞

先日、「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」を観てきました。マシュー・ヴォーン監督作品(「キック・アス」)。出演:ジェームズ・マカヴォイ(「ウォンテッド」「つぐない」)、マイケル・ファスベンダー(「イングロリアス・バスターズ」)、ケヴィン・ベーコン、ジェニファー・ローレンス、ニコラス・ホルト他。

国際情勢が緊迫する1960年代。裕福な家に生まれ、名門大学に通うチャールズ(ジェームズ・マカヴォイ)は強力なテレパシーを使うことができるミュータントだった。ある日、強力な磁力を発生させ、金属を自在に操ることのできるエリック(マイケル・ファスベンダー)と出会う。彼らは親友となり、CIAに協力しながら、自分たちと同じような若者たちを探し始めるが・・・。

X-MEN」3部作よりも以前の物語を展開していく新シリーズ。なぜ、マグニートーとプロフェッサーXは敵対するようになったのか?あのヘルメットは?X-MEN結成の秘密とは?プロフェッサーはなぜ歩けなくなってしまったのか?マグニートーはなぜ人類を憎むのか?

様々な謎を解明しつつ物語は展開。そして、物語の軸となるのは、戦時中にエリックの母親を殺した元ナチスの科学者ショウ(ケヴィン・ベーコン)への復讐を誓ったエリックが、マグニートーとなるまでの物語でもあります。

1960年代のキューバ危機になぞらえて進行します。その時代の雰囲気を出す美術セットも良いですが、CGも見事で、クライマックスとなる、ミュータント同士の戦いは大迫力。エリックが、能力を使って潜水艦を上空へと持ち上げるシーンは秀逸でした。他にも、驚異的な特殊能力を秘めたミュータントたちが多数出演。訓練する様子などはちょっとコミカルに描かれています。

ウルヴァリンも1シーンのみ登場し、他にも子どもだった頃の「X-MEN」メンバーが数人出演しているのも楽しい。台詞の端々に飛び出す、シリーズとの繋がりを見つけるのもまた楽しいです。親友同士だったふたりがチェスをするシーンもその一つでしょう。以前のシリーズから見ている人も、これから見ようという人の入門編としても楽しめます。

遺伝子の突然変異で超人的パワーが覚醒したミュータントの苦悩と冒険を描いたSFアクション作品。ミュータント第一世代のドラマを描くSFアクション・サーガ第1章。

« 「イリュージョニスト」鑑賞 | トップページ | まもなく終了「高速道路 無料化社会実験」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/51903575

この記事へのトラックバック一覧です: 「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」鑑賞:

« 「イリュージョニスト」鑑賞 | トップページ | まもなく終了「高速道路 無料化社会実験」 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ