« 大林宣彦監督作品「この空の花―長岡花火物語―」出演者決定! | トップページ | SONY「Reader」で電子書籍デビュー!その8 »

2011/07/08

2011夏VAIO 第2弾 Zシリーズ 発表!

icon

先日、ソニーから2011年夏モデルのNew VAIO第2弾が発表となりました。今回は「Zシリーズ」のみ。フルモデルチェンジです。2011年7月30日発売予定(ソニーストアにて、2011年7月22日(金)17時一般先行予約販売開始予定)。変更になりました。

お待ちかねの「NEW Z シリーズ」の登場です。VAIOオーナーメードモデルのVPCZ21AJ
と店頭モデルのVPCZ219FJ/B。今年は震災の影響で発表が1ヶ月ほどずれ込んでいますが、ようやく発表となりました。

今回は、現在使用中のVAIO VGN-TT92JSが、購入後2年経過し、そろそろ買い換えを検討する時期になっていますので、じっくり吟味したいと思います。

従来のZシリーズはドライブが一体になったオールインワンスタイルでした。New Zシリーズは、外付けの「Power Media Dock」に、光学ドライブと高性能グラフィックアクセラレーターを搭載し、本体のみで軽快に持ち運ぶことのできる軽量化スタイルになりました。

本体の質量は約1.165kg(仕様により異なります)。本体サイズは約 幅330mm×高さ16.65mm×奥行210mm。標準バッテリによる駆動時間は最長約9時間。「Power Media Dock」のサイズは約 幅148mm×高さ16.65mm×奥行220mmで、質量は約0.685kg。

初期のVAIOノートを思い起こさせる形態になりました。薄型ボディにこだわり、光学ドライブは外付け。ドライブを外付けにすることにより、用途に応じた使い分けが可能になりました。

本体は、どこからもヒンジ取り付け部が見えない「コンシールドヒンジ」、そして六角形の形状で剛性を高めた「Hexa-Shell」を新採用。軽くて丈夫なカーボン素材の外装と相まって、スリムで美しいフルフラットボディを実現しています。

本体色はソニーストア限定の「カーボンブラック」「ゴールド」「ブルー」と標準仕様の「ブラック」の計4色から選択可能です。写真にもありますが、「ブルー」は外観は黒ですが、中身は濃い青になっています。これが何となく、初期のVAIOノートを彷彿とさせてくれ、ちょっとそそります。

ソニーストアでの販売価格は、144,800円(税込)~となりますが、この価格は、「Power Media Dock」なしモデルになります。ドライブを付け、標準的な仕様にすると254,800円~になります。

本体とPower Media Dockにより、妥協なきパフォーマンスとモビリティーの両立を実現した「New Zシリーズ」。様々な選択肢の中から、使い方に合わせて自分だけのVAIOを作り上げることができるオーナーメードモデルも注目です。

長年使いづけてきた「TypeT」「Tシリーズ」が発売されなくなってまもなく丸2年。再度の発売を期待して待っていましたが、ここまで来るとどうも復活はないようで、少し寂しい気分です。今となっては、最後の「TypeT」であるVGN-TT92JSに見切りを付け、新しいモバイルノート「Zシリーズ」を購入するのも悪くないと思えるようになってきました。

次回は、先進機能満載のNEWモデルの詳細をチェックします。つづく。

Sony Style(ソニースタイル)

« 大林宣彦監督作品「この空の花―長岡花火物語―」出演者決定! | トップページ | SONY「Reader」で電子書籍デビュー!その8 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/52134414

この記事へのトラックバック一覧です: 2011夏VAIO 第2弾 Zシリーズ 発表!:

« 大林宣彦監督作品「この空の花―長岡花火物語―」出演者決定! | トップページ | SONY「Reader」で電子書籍デビュー!その8 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ