« 長岡まつり大花火大会2011 | トップページ | FNSの日27時間テレビ2011「めちゃ²デジッてるッ! 笑顔になれなきゃテレビじゃないじゃ~ん!!」鑑賞 »

2011/08/08

2011夏VAIO 第2弾 Zシリーズ 発表!その3

icon

先日、ソニーから2011年夏モデルのNew VAIO第2弾が発表となりました。今回は「Zシリーズ」のみ。フルモデルチェンジです。2011年8月13日発売予定(ソニーストアにて、2011年8月5日(金)17時一般先行予約販売開始)。

「NEW Z シリーズ」の登場です。VAIOオーナーメードモデルのVPCZ21AJと店頭モデルのVPCZ219FJ/B。

今回もオーナーメードモデルを含めて、さらなる詳細をチェックしていきます。

内蔵バッテリーは約9時間。別売リチャージャブルバッテリーパックを併用することによって、約17.5時間の長時間駆動が可能になります(リチャージャブルバッテリーパック(拡張用)のみでのPC駆動はできません)。拡張用バッテリーを装着した状態でもフルフラットなので、カバンにも入れやすく、持ち運びも手軽です。

拡張用バッテリーは単体での充電が可能になりました。本体に装着する必要がないので、フレキシブルに充電ができ、セカンドバッテリーとしての活用の幅が広がります。また、拡張バッテリーを装着した状態でACアダプターに接続した場合は、本体内蔵のバッテリーから優先的にチャージされる設定となっています。

バッテリも含めてフルフラットのボディは持ち運びには便利だし、格好は良いのですが、一つ気になる点があります。「天板を開くと、天板下部についている足が卓上にあたることで、キーボード面が斜めに立ち上がり、打ちやすくなるように設計されている。」と言う記述があるのですが、これはどうなのでしょう?何とも安定感に欠けるような気がしてならないのです。

従来モデルでは、「パームと一体になったシリンダーデザイン」でした。フルフラットではありませんで、奥に向かうにしたがって厚みが増していきます。ディスプレイのつなぎ目が円形になっていて、回転して開いていました。当然、ディスプレイ部分が、卓上に当たるようなことはありませんでした。

キーボードにはある程度の力が掛かります。それに耐えられない訳ではないのでしょうが、どうなのかと不安になる部分です。格好良いのですが、安定感がなく、グラグラされては使い辛いですからね。実機を触って確認したいところです。

また、モバイルWiMAXで、外出先でも快適にインターネットを活用することができます。ひとつの基地局でカバーするエリアが広く、よりアクティブなモバイル環境を実現するモバイルWiMAX(ワイマックス)に対応しました。受信最大28Mbps、送信最大8Mbpsというブロードバンド環境で、動画などの大容量データを外出先でも快適に送受信できます。「So-net モバイル WiMAX 最大6か月無料パック」もあります。

加えてモバイルインターネットソリューションGobiを搭載可能。Gobiは3G無線WAN機能をノートPCに内蔵し、3Gネットワークを通しいつでもどこでも高速かつセキュアな通信を提供するモバイルブロードバンド技術です。こちらもモバイル環境には有効です。「b-mobile 最大6ヵ月無料ワイヤレスネット接続パック」もありますので、こちらもオススメです。

プロセッサーは

Core i7-2620M(2.70GHz)
Core i5-2540M(2.60GHz)
Core i5-2520M(2.50GHz)
Core i5-2410M(2.30GHz)
Core i3-2310M(2.10GHz)

から選択できますし、メモリーは4GB~8GBで選択できます。

クイックブートにより、起動時間が従来機より速くなっていて、約13秒。従来機は約30~40秒でしたので、1/3~1/2の秒数で起動が可能。Windows7になって速くなって来ていますが、それにしても速いです。急な対応時にもさっと立ち上がり、スムーズに作業に入ることができます。

他にも、デジタルノイズキャンセリングヘッドホン、指紋センサー、TPMセキュリティーチップ、HDウェブカメラ、キーボード 英字配列、バックライトキーボード、Office Professional 2010、Adobe Acrobat X Standard、ウイルスバスター2011クラウド、Adobe Photoshop Elements 9、ATOK2011等の選択ができ、組み合わせは自由自在。

お得な、プロセッサーキャンペーン、メモリーキャンペーン、ディスプレイキャンペーン、
ストレージキャンペーン等は2011年8月17日(水)15時までになりますので、検討中の方はお早めに。

モバイルモデルが少なくなってきたVAIOですが、Zシリーズに力を入れているのが分かる仕様になっています。沢山のシリーズを作るよりも、モバイルは1点に特化しているのかもしれません。

私の場合、長年「Type T」「Tシリーズ」を使い続けていますので、なかなかB5ノートより大きいサイズのパソコンには手が出ません。コンパクトの中にハイパフォーマンスが凝縮されているのが理想ですが、無いモノは選べません。「Tシリーズ」が進化したのが「Zシリーズ」だとするのであれば、そこから選ぶしかないのでしょう。

とはいえ、まだまだ問題なく使える愛機「VGN-TT92JS」。最後のTypeTだからこそ、もったいなくて手放せないと言うのもあります。今回のZシリーズ購入は見送りになるかもしれませんが、今後さらに検討していきたいと思います。

Sony Style(ソニースタイル)

« 長岡まつり大花火大会2011 | トップページ | FNSの日27時間テレビ2011「めちゃ²デジッてるッ! 笑顔になれなきゃテレビじゃないじゃ~ん!!」鑑賞 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/52311468

この記事へのトラックバック一覧です: 2011夏VAIO 第2弾 Zシリーズ 発表!その3:

« 長岡まつり大花火大会2011 | トップページ | FNSの日27時間テレビ2011「めちゃ²デジッてるッ! 笑顔になれなきゃテレビじゃないじゃ~ん!!」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ