« SONY「Reader」で電子書籍デビュー!その10 | トップページ | 「ライフ ―いのちをつなぐ物語―」鑑賞 »

2011/09/12

「フローズン・リバー」鑑賞

先日、「フローズン・リバー」を観ました。コートニー・ハント監督作品。出演:メリッサ・レオ 、ミスティ・アップハム、チャーリー・マクダーモット、マーク・ブーン・ジュニア、マイケル・オキーフ他。 第81回アカデミー賞主演女優賞、脚本賞ノミネート作品。

カナダとの国境に面するニューヨーク州最北部の町。ここにはモホーク族の保留地がある。2人の息子を育てながら、1ドルショップで働く白人女性レイ・エディ(メリッサ・レオ)は、新居を買うための金をギャンブル依存症の夫に持ち逃げされる。夫を探しに行ったレイはモホーク族の女ライラ・リトルウルフ(ミスティ・アップハム)と知り合う。ライラはまとまった金を手に入れるため、凍った川を車で渡り、アジアの不法移民をカナダからアメリカに密入国させる仕事をしていた。レイは儲けの山分けを条件にパートナーとなり、車を運転することになるが・・・。

セントローレンス川をはさみ、米・ニューヨーク州とカナダにまたがるモホーク族の保留地が舞台となります。季節は冬から春にかけて。冬の間は凍結するセントローレンス川。車で氷上を渡ることができますが、道は悪路だし、灯りはないし、危険なこともあります。

全くうまくいかない人生に、なんとかもがき、脱出したいと思うふたりの女性。レイは新居を手に入れるため、ライラは義母に奪われた子供を取り戻したいと願っていました。そのためには金がいる。一攫千金の仕事で金を稼ぐしかありません。多額の報酬と引き換えに、不法入国者を手助けする仕事を夜な夜な始めます。最初は簡単な仕事のように思われましたが、ある晩、大問題が発生します。

パキスタンから来た夫婦から預かった鞄の中身を爆弾だと思いこみ、氷上に捨ててしまったのです。しかし、バックの中身は夫婦の赤ん坊だったのです。氷点下の夜に投げ出された赤ん坊の運命は・・・。

そして、クライマックスには、報酬金を巡る発砲騒ぎに巻き込まれてしまい、カナダ、アメリカ両方の警察から追われてしまいます。事態を丸く収めるためには、レイとライラのどちらが警察に行くしかありませんでした。その時とった決断とは・・・。

全体の印象として静かな作品ではありますが、取り扱っている題材が重苦し雰囲気を醸し出しています。実話を基にしたという物語は、現代アメリカが直面する社会問題を背景に、家族のために大胆な行動に出る二人の母親の姿を、力強く描き出しています。家族を愛するためにとった行動は、賞賛に値することではないかもしれませんが、納得のいく結論だったと思えます。

不法移民の密入国の手助けをする裏稼業に手を染めながら、苦境を乗り越えていく2人の母親の姿を描く人間ドラマ。

« SONY「Reader」で電子書籍デビュー!その10 | トップページ | 「ライフ ―いのちをつなぐ物語―」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/52370870

この記事へのトラックバック一覧です: 「フローズン・リバー」鑑賞:

« SONY「Reader」で電子書籍デビュー!その10 | トップページ | 「ライフ ―いのちをつなぐ物語―」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ