« リーガエスパニョーラ11-12シーズン第7節 | トップページ | 「FRINGE/フリンジ」を観た!Vol.5 »

2011/11/11

「スリーデイズ」鑑賞

先日、「スリーデイズ」を観てきました。ポール・ハギス監督作品(「クラッシュ」「告発のとき」)。出演:ラッセル・クロウ (「ロビン・フッド」「消されたヘッドライン」)、エリザベス・バンクス(「やさしい嘘と贈り物」)、ブライアン・デネヒー 、レニー・ジェームズ、オリビア・ワイルド他。

ある朝、大学教授のジョン(ラッセル・クロウ)の家に警察が突入、殺人の容疑で妻のララ(エリザベス・バンクス)が逮捕されてしまう。それから3年。ジョンは一人で息子を育てながら、妻の無実を証明するため懸命に奔走していた。ジョンは生活の全てを犠牲にし、孤独や恐怖に苛まれながら、綿密な脱獄計画を練り上げていく。ララ移送までのわずか3日。果たしてジョンは警察の追及をかわし、計画通りに難攻不落の刑務所から妻を救い出すことができるのか・・・。

前半は、ことの成り行きを提示し、脱獄計画を練っていく過程を丹念に描いています。様々な情報を駆使し、計画を立てては、断念し、実行可能な方法を模索します。犯罪組織にツテもない主人公が、インターネットで調べるが、失敗して恐怖に身がすくんだり、犯罪者にひどい目に遭ったりするところがリアルに描かれています。

また、ワンシーンのみですが、協力者として、リーアム・ニーソン演じる脱獄経験者に師事します。これがなかなか効いていて、良かったです。前半を丹念に描くことによって、一般人が、脱獄をさせると言うとんでもないドラマを成立させることに繋がるのでしょう。

終盤は、手を血に染め、もう引き返せないところまで行き着き、ついに計画が実行されます。警察との丁々発止のかけひきは見応えがあり、ラスト30分ほどは手に汗握るシーンの連続。まさに静と動。スリリングな展開となります。

果たして、家族3人の未来を掴むことはできるのか?両親とも収監されてしまうのか?無実の罪で投獄された妻を救うため、命懸けの脱獄計画に挑む男の姿を描くサスペンス作品。

« リーガエスパニョーラ11-12シーズン第7節 | トップページ | 「FRINGE/フリンジ」を観た!Vol.5 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/53208018

この記事へのトラックバック一覧です: 「スリーデイズ」鑑賞:

« リーガエスパニョーラ11-12シーズン第7節 | トップページ | 「FRINGE/フリンジ」を観た!Vol.5 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ