« 私的読書考2011 | トップページ | 2011.12映画鑑賞総括 »

2011/12/30

リーガエスパニョーラ11-12シーズン第11節

2011年8月27日(日本時間28日)、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ11-12シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch)で放送中。

昨シーズンは驚異的な強さでバルセロナが優勝を果たし、3連覇を達成して幕を閉じました。今年は、アレクシス・サンチェス、セスクら補強をしたバルセロナは、さらに攻撃力を増し、快進撃が続くのか?それとも、C・ロナウド、カカを有する、レアル・マドリードが4連覇を阻むのか?今シーズンも目が離せません。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリードの試合を中心に毎節5試合を、生放送、ハイビジョンで放送。リピートもあり。第11節は以下の2試合を鑑賞しました。

バルセロナ - マジョルカ
R・ソシエダ - R・マドリード

バルセロナは、ホームでマジョルカ戦。主力選手を温存したバルセロナは、カンテラ出身のクエンカを先発起用。バルセロナペースで進む中、13分、PKを得てメッシがこれをしっかりと決め、先制。ここからバルセロナのゴールラッシュが始まります。メッシは21、29分と立て続けに得点を上げ、前半でハットトリックを達成。後半にはいった50分、クエンカがトップチーム初ゴールをあげ、さらに終了間際にはダニエウ・アウヴェスがネットを揺らして5‐0で大勝しました。

レアル・マドリードは、アウェイでレアル・ソシエダ戦。9分、コエントランのパスからイグアインが、GKを交わして技ありゴール!先制します。その後もレアル・マドリードペースで試合は進むモノの、決定機をことごとくR・ソシエダのGKの好セーブに阻まれ、なかなか追加点を上げられません。後半に入ると、R・ソシエダが試合のペースを握り、決定機を作り出します。なんとか虎の子の1点を守り抜き、苦しみながらも1-0で勝利しました。

ここまで首位を守ってきたレバンテを抜き、レアル・ソシエダに勝利した、レアル・マドリードがついに首位に浮上しました。バルセロナは、連戦の疲れからか、このところ攻撃陣が不調で得点が少な目でしたが、マジョルカ相手に5‐0で快勝。2位に浮上しました。

両雄がついに1位2位となり、12月に控えたクラシコに向けて、お膳立てが揃いました。バルセロナは、ペースを上げて、クラシコに臨みたいところ。勝ち点差はわずかに1。どちらも1敗もできない状況が続きます。

第12節は、2011年11月5,6日(現地時間)の開催。

« 私的読書考2011 | トップページ | 2011.12映画鑑賞総括 »

サッカー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/53502253

この記事へのトラックバック一覧です: リーガエスパニョーラ11-12シーズン第11節:

« 私的読書考2011 | トップページ | 2011.12映画鑑賞総括 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ