« 「ゴーストライター」鑑賞 | トップページ | 「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」鑑賞 »

2011/12/08

地球一のサッカーを見よう!2011 Vol.1

今年もやってきました年に一度のお楽しみ、サッカー地球一決定戦!TOYOTAプレゼンツ・FIFAクラブワールドカップ JAPAN 2011。世界6大陸のクラブチーム代表が世界一を争うこの大会。本日、2011年12月8日より開幕です。

今大会から、3年ぶりに日本に戻っての開催になります。

出場クラブは以下の通り。

アジア王者(AFC) アルサッド(カタール)
アフリカ王者(CAF) エスペランス(チュニジア)
北中米カリブ王者(CONCACAF) モンテレイ(メキシコ)
南米王者(CONMEBOL) サントス(ブラジル)
オセアニア王者(OFC) オークランドシティ(ニュージーランド)
ヨーロッパ王者(UEFA) バルセロナ(スペイン)
開催国王者(Jリーグ優勝クラブ) 柏レイソル(日本)

昨年2010大会から、すべての代表が入れ替わっています。どれだけ、この大会に出場することが難しいかを物語っています。各国の前シーズンで好成績を残し、それぞれの大陸のチャンピオンズリーグを勝ち抜かなければいけません。その上、並行し今年のリーグ戦もありますから、過密日程は必至。その試合を勝ち上がってきたチームが集う大会だけに、素晴らしい試合が期待できるというモノです。

なんと言っても注目はヨーロッパ王者のバルセロナ。メッシ旋風を巻き起こしてくれるのか?華麗なプレイに期待したいところです。

順当に行けば、決勝戦はバルセロナvs南米王者のサントス(ブラジル)となるはずですが、昨年は波乱がありました。決勝戦がヨーロッパ王者対アフリカ王者で行われたのです。準決勝で、南米王者のインテルナシオナルが敗れ、アフリカ王者のマゼンベが決勝進出を果たしたのです。画期的なことではありましたが、少々物足りない決勝戦となったのは言うまでもありません。一発勝負のトーナメントですから、何が起こるかわからないのは当然ですが、欧州、南米とそれ以外の地域との実力差が拮抗してきているという象徴とも言えました。

今年は順調にいくことを祈りますが、そうするとバルセロナvsサントスの決勝戦で、メッシとネイマールの対戦が観られると言うことになります。現在のNo.1プレイヤーであるメッシと、将来を嘱望されているネイマールの両エースの対決は見応えがあることでしょう。今夏開催された「コパアメリカ2011」では、互いにあまり良いところがありませんでしたから、世界が注目しているこの大会で、ネイマールがどれだけアピールできるのか楽しみです。ただ、個人プレイでアピールするのは二の次にしてもらいたい所です。チームの勝利があってこその個人のアピールですから。ほどほどに。

バルセロナは直前に控えた「リーガエスパニョーラ」第16節(日本時間2011年12月11日)のクラシコも気になるところです。レアル・マドリードを追う立場のバルセロナが、今シーズン1回目の直接対決に挑む訳ですから、気合いも入るというモノ。そこで、勝てれば文句なし、弾みがついて日本に来られるでしょうが、負けたり、けが人が出たりでは、モチベーションも下がった状態での来日となってしまいます。バルセロナにとっては、移動も含めた超過密日程となる1週間ですが、どうなりますか?

伝統のトヨタカップが、世界6大陸のクラブチーム代表の出場となって、今年で7回目。今年2011年の最後を飾るサッカーのビッグイベントが始まります。開幕戦は開催国王者柏レイソル(日本)vsオセアニア王者オークランドシティ(ニュージーランド)。今年も地球一のサッカーを見よう!

« 「ゴーストライター」鑑賞 | トップページ | 「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」鑑賞 »

サッカー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/53425150

この記事へのトラックバック一覧です: 地球一のサッカーを見よう!2011 Vol.1:

« 「ゴーストライター」鑑賞 | トップページ | 「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ