« 「おじいさんと草原の小学校」私的映画考Vol.257 | トップページ | 「第7鉱区」鑑賞 »

2011/12/02

「ラスト・エクソシズム」鑑賞

先日、「ラスト・エクソシズム」を観てきました。ダニエル・スタム監督作品。出演:パトリック・ファビアン、アシュリー・ベル、アイリス・バー、ルイス・ハーサム、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ他。

ルイジアナ州バトンルージュ。“悪魔祓い(=エクソシズム)”のベテラン、コットン・マーカス牧師(パトリック・ファビアン)は、“悪魔祓い”の真実を追うドキュメンタリー映画製作に参加する。コットンとディレクターのアイリス(アイリス・バー)はカメラマンを伴って都市部から遠く離れた町アイヴァンウッドへ向かう。キリスト教原理主義者の農家、ルイス・スウィーツァー(ルイス・ハーサム)の16歳の娘ネル(アシュリー・ベル)が毎夜不審な行動を取り、多くの家畜が惨殺されているというのだが・・・。

謎の失踪を遂げた撮影隊の残したビデオテープに映っていた、想像を絶する超常現象の数々をもとに製作されたという本作。「パラノーマル・アクティビティ」シリーズと同様の、架空の人物や事件をドキュメンタリーの手法を用いて描く“モキュメンタリー”です。

本作では、ドキュメンタリー映画風の編集がかなり入っており、ビデオテープを時系列でつなげた「パラノーマル・・・」とは一線を画しています。また、効果音やBGMも頻繁に入っていますので、かなり作為的な印象を受け、少々興ざめです。悪魔が憑いているという少女ネルがカメラを持ち出して撮影するシーンがあるのですが、反則としか言えません。

怖いと言うより、おどろおどろしいといった感じの雰囲気です。まやかしのエクソシズムが間違いだったことに気づいた牧師が、“悪魔は間違いなく、実在する”と認め、神に祈りますが、すべては遅すぎたのでした。撮影隊の運命はいかに・・・。

“悪魔祓い”の真実を捉えようとする映画撮影隊と牧師が遭遇した恐怖をドキュメンタリータッチで描いたホラー作品。

« 「おじいさんと草原の小学校」私的映画考Vol.257 | トップページ | 「第7鉱区」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/53321154

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラスト・エクソシズム」鑑賞:

« 「おじいさんと草原の小学校」私的映画考Vol.257 | トップページ | 「第7鉱区」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ