« PSP「機動戦士ガンダム 新ギレンの野望」 | トップページ | 「ミケランジェロの暗号」鑑賞 »

2012/01/20

リーガエスパニョーラ11-12シーズン第14節

2011年8月27日(日本時間28日)、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ11-12シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch)で放送中。

昨シーズンは驚異的な強さでバルセロナが優勝を果たし、3連覇を達成して幕を閉じました。今年は、アレクシス・サンチェス、セスクら補強をしたバルセロナは、さらに攻撃力を増し、快進撃が続くのか?それとも、C・ロナウド、カカを有する、レアル・マドリードが4連覇を阻むのか?今シーズンも目が離せません。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリードの試合を中心に毎節5試合を、生放送、ハイビジョンで放送。リピートもあり。第14節は以下の2試合を鑑賞しました。

ヘタフェ - バルセロナ
R・マドリード - A・マドリード

バルセロナはアウェイでヘタフェ戦。試合はバルセロナペースで進みます。しかし、バルセロナは、シュートを放つものの、ゴールキーパーの好セーブをはじめとした堅守により得点ができません。0-0のまま前半を折り返します。後半に入っても、バルセロナペースは続きます。が、67分、ヘタフェは、コーナーキックからフアン・バレーラが頭で合わせて先制ゴール!試合はバルセロナ優勢でしたから、いつもの調子で追いつくのだろうと思っていましたが、ロスタイムに訪れた決定的場面でも、オフサイドの判定で得点ならず。1-0でホームのヘタフェが勝利を挙げました。バルセロナは今シーズン初の黒星となりました。

R・マドリードはホームでA・マドリードとの“マドリード・ダービー”。14分、先制したのはなんとアトレティコ。本当に、ダービーマッチは何が起こるか分かりません。波乱のゲームは、ここからが本番です。22分、パスに抜け出したベンゼマを、A・マドリードのゴールキーパーがペナルティーエリア内で倒して一発退場。PKをクリスティアーノ・ロナウドが冷静に決め同点。ここから、レアルの反撃が始まります。48分と64分に追加点を奪ったレアルは、81分にもPKを決め、4‐1、これで勝負あり。

2位バルセロナが負け、首位レアル・マドリードが勝ちましたので、勝ち点差は6に広がりました。16節に迫った伝統の一戦クラシコを前に、手痛い一敗を喫してしまったバルセロナ。また、C・ロナウドはメッシを抜き得点ランキング1位になりました。バルセロナはFIFAクラブワールドカップの関係上、かなりの過密スケジュールになっていますので、疲れも出てきているのでしょうが、あれだけのボール支配率がありながら、無得点というのは何とも情けないチーム状態です。どうなるのか首位争い!

第15節は、2011年12月3,4日(現地時間)の開催。

« PSP「機動戦士ガンダム 新ギレンの野望」 | トップページ | 「ミケランジェロの暗号」鑑賞 »

サッカー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/53778924

この記事へのトラックバック一覧です: リーガエスパニョーラ11-12シーズン第14節:

« PSP「機動戦士ガンダム 新ギレンの野望」 | トップページ | 「ミケランジェロの暗号」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ