« 「カンフー・パンダ2」鑑賞 | トップページ | 2012.01映画鑑賞総括 »

2012/01/30

プリウスくんが行く!Vol.105 トヨタ アクア編

Dsc00972 先日、2012年1月21,22日に新潟市産業振興センターで行われた新潟トヨタ自動車の「新春大商談会」に行ってきました。

会場には、新型ハイブリッドカー「トヨタ アクア」の全10色の展示車を始め、現行車両から中古車まで展示されていました。試乗車も何車種かありましたので、「アクア」の試乗をしてきました。

「アクア」の試乗車は3台用意されていました。1時間ほど待ちまして、いよいよ試乗開始です。試乗車は、Sグレード、ボディカラーはクールソーダメタリック。

座席位置とミラーを調整し、TFTマルチインフォメーションディスプレイの説明を受けました。スタートする前に、まずはエアコンを切ります。アクアのエアコンはプリウスくんの同様にインバーター式になっていますので、本来はエアコンの入り切りと、燃費には関連性はないはずなのですが、私のプリウス乗りとしての経験上、影響はあると思っていますので、いつもプリウスくんに乗っているのと同じ設定で、試乗することにしました。

スタート時に、気になったのはシフトレバーの位置。プリウスくんでは、ハンドルの脇のインパネに短いシフトレバーがありますが、アクアでは多くの車がそうであるように、運転席と助手席の間のフロアにあります。これは、新規のハイブリッドカーユーザーが、とまどわないように配慮されているんだとか。しかし、私のようなハイブリッドカーユーザーにしてみれば、オーソドックスな位置の方がとまどいます。また、階段状になっているシフトレバーも初めてなので、操作に慣れるのに時間が掛かりそうな気がします。

また、サイドブレーキも、足踏み式だったプリウスくんと違い、これまたオーソドックスな手動式になっています。こちらも、慣れるのに時間が掛かるでしょう。

サイドブレーキの脇に、EVモードボタンと、ECOモードボタンがあります。EVモードボタンも、プリウスくんの時はエンジンボタンの脇にあり、右手で操作ができましたが、アクアは左手の操作になりますので、こちらも慣れるのが大変です。今回は、ECOモードはONにしての走行になります。

それでは、いざスタートです。そろそろとアクセルペダルを踏みますと、エンジンが始動し、動き始めます。バッテリ残量は、ほとんど空の状態なので、エンジンが掛かるのでしょう。歩行者がいましたので、誘導員に従い横断歩道で一時停止します。すると、完全に停止する時に左前辺りから「グググ」と言うような音が聞こえます。ハイブリッドシステムの何かから音がすると言うことでしたが、ちょっと気になります。

新潟市産業振興センターの敷地を出て、信号を左折、ビッグスワン方面へと向かう直進コースです。50km/hまで加速します。走り始めますと、アクセルが重い感じがします。ECOモードをONにしているからのようです。燃費優先の制御を実施され、アクセル操作に対する駆動力とエアコンの消費電力などを省エネ化し、エコ運転をサポートする機能ですが、その分、レスポンスも鈍くなるのでしょう。

また、プリウスくんに乗る時と同じようなアクセルワークを心掛けました。一定速度まで加速したら、アクセルをいったん緩め、再び軽く踏む。そうすることによって、巡航時、電気モーターで走行するようになるのですが、アクアではなかなかなりませんでした。ほとんど、ガソリンエンジンで走行しているように感じます。初めて乗るので、おっかなびっくり遠慮気味に走っていたのは否めませんが、それにしても感じが違いました。

ビッグスワン近くの交差点でUターンし、会場へ戻ります。その間、信号に引っかかったのは3ヶ所くらいだったでしょうか。会場が見えてきたので、EVモードに切り替えます。カタログには、バッテリの状態にもよりますが、55km/hで2km程度走れると言うことになっていますので、8分目ほどバッテリはありましたから、問題なく会場までいける距離です。

スタートした場所まで、戻ってきて、バックで駐車します。「試乗はバックまで」と言うのが私の信条です。バックにシフトチェンジするのも慣れないので、目線はばっちり下向きです。当然のようにバックは電気モーターのみになります。平らな場所でしたから、段差等がどんな感じになるのか確認したいところでしたが、今回はできませんでした。

駐車しましたので、インフォメーションディスプレイを使って、今回の走行についておさらいをします。つづく。

« 「カンフー・パンダ2」鑑賞 | トップページ | 2012.01映画鑑賞総括 »

アクア」カテゴリの記事

プリウス」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/53837115

この記事へのトラックバック一覧です: プリウスくんが行く!Vol.105 トヨタ アクア編:

« 「カンフー・パンダ2」鑑賞 | トップページ | 2012.01映画鑑賞総括 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ