« 「ビーストリー」鑑賞 | トップページ | 「リミットレス」鑑賞 »

2012/02/15

「ドラゴン・タトゥーの女」鑑賞

先日、「ドラゴン・タトゥーの女」を観てきました。デヴィッド・フィンチャー監督作品(「セブン」「ベンジャミン・バトン」)。出演:ダニエル・クレイグ (「カウボーイ&エイリアン」)、ルーニー・マーラ (「ソーシャル・ネットワーク」)、クリストファー・プラマー、スティーヴン・バーコフ、ステラン・スカルスガルド他。

スウェーデンを揺るがせた財界汚職事件の告発記事を書きながらも、名誉棄損で敗訴したミカエル・プロムクヴィスト(ダニエル・クレイグ)。ある日、財閥の元会長ヘンリック・ヴァンゲル老人(クリストファー・プラマー)から家族史編纂の依頼が舞い込む。しかしそれは表向きで、ヘンリックの真の目的は40年前に起きた親族の娘ハリエット失踪事件の真相究明だった。肩口から背中にかけて、異彩を放つ龍の刺青が彫られているリスベット・サランデル(ルーニー・マーラー)という名の女性と共に真相に迫るのだが・・・。

世界的なベストセラーを記録したスウェーデン発のミステリー「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」の2度目の映画化作品。「セブン」「ゾディアック」のデヴィッド・フィンチャーが監督をすると言うことで、期待して観に行きました。ハリウッド製作と言うことで、もしかしてアメリカに舞台を移してって事になるのかと思っていたら、そんなことはなく、原作通りスウェーデンでした。作品の舞台となる、島の寒さやらスウェーデン自体の雰囲気がでないと物語が成立しないからなんだとか。

印象的なテーマ曲に、おどろおどろしいイメージ映像が続くオープニングは、何とも言えない恐怖感というか、常軌を逸した世界へと足を突っ込んでいくという感じがします。物語自体も40年前に発生した失踪事件にまつわる連続猟奇殺人事件の謎を解明していくという話しですから、その通りなのでしょう。ミカエルの相棒となるリスベットの言動や風貌もエキセントリックで、何をしでかすか分からない異常な感じも面白さの一つなのでしょう。それでいて、天才ハッカーであり、頭脳明晰なのですから、紙一重です。

2時間40分ほどの上映時間が気にならないくらい、ドキドキしながら鑑賞ができました。以前に、スウェーデン版を鑑賞しているので、大筋は分かっているはずなのですが、スピード感と緊迫感のある演出に気圧されているという感じでした。サスペンス作品を得意とするD・フィンチャー監督さすがの作品でした。また、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされているルーニー・マーラの迫真の演技も鬼気迫る感じで圧巻でした。

本作は、シリーズ3部作の第1部なので、今後の展開にも期待大です。

40年前の少女失踪事件の謎を、敏腕ジャーナリストと高い資料収集能力を持つ龍の刺青の女が追うサスペンス作品。

« 「ビーストリー」鑑賞 | トップページ | 「リミットレス」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/53973147

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドラゴン・タトゥーの女」鑑賞:

« 「ビーストリー」鑑賞 | トップページ | 「リミットレス」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ